anという大ブランドの終焉がもたらす今後の求人メディアへの影響

先日、8月1日にパーソルホールディングスという会社から発表された「 an 」という求人メディアブランド廃止のプレスリリース。採用部門に籍を置いている立場の筆者としては、結構大きな衝撃が走った。もともと、インテリジェンスという会社で運営をしていた期間が長いブランドで、お世話になっていたこともある。㈱リクルートのタウンワーク、ディップ㈱のバイトル、㈱マイナビのマイナビバイトなどとともに親しまれてきた有名求人サイトの終了の背景には何があるのかを考えてみた。

続きを読む

樹脂製のボトルケージは耐久力がなくてやっぱりダメなのかもしれない

クロスバイクを購入して間もなく取り付けたボトルケージ。当初は、あまり質にはこだわりがなく、値段重視で選んでしまった経緯がある。どちらかと言えば柔らかい質感のプラスチック製のボトルケージだった。あるとき駐輪場でケージが破損されてしまい、新しく違う質感のものを取り付けて、前後で別々のものを使用してきた。先日、フレームとチェーン・スプロケ周りを掃除していて、たまたまボトルケージを取り外したところ、劣化が原因なのか、受けた強い衝撃が原因なのか分からないが、亀裂が入っていることに気が付いてしまった。

続きを読む

梅雨を理由にさぼり気味だった掃除で久しぶりにリフレッシュした

梅雨の季節は湿気が多いだけでなく、日ごろ自転車通勤をしている者にとってはかなり面倒くさい時期だ。1日通して晴れることが少なく、前日の夜からスマホの時間天気予報をチェックしている。定期的にフレームにはCRC5-56を塗っているとは言っても、数日乗らないとやはり錆の面でも心配になる。特にこの時期の湿気は大敵だ。クロスバイクではあるが、なんだかんだ愛着は大きい。時間があるときにはやはり労わってあげたいものだ。特殊なことをすることだけがメンテナンスではない、メカニカルな知識がなくても出来ることはたくさんある。

続きを読む

通勤でクロスバイクを使うことがダイエットになるか検証してみた

日頃、どちらかと言えばデスクワーク主体の人にとっては慢性的な運動不足の問題はついて回る。もちろん筆者も例外ではない。一時期はスポーツジムの会員になっていたこともあったが、土日でも仕事が入ることが多く、なかなか思うように通えず退会してしまった。その時には、既にクロスバイクに乗っており、別に自転車通勤で運動すればいいじゃないかという思いもあった。いろいろなサイトや書き込みを見ると、たかだか自転車通勤では消費カロリーが大したことなく、痩せることはできない、といった書き込みも多いが、実際はどうなんだろうという疑問を持って少し検証してみた。

続きを読む

仕事内容を分かりやすく書くことが応募改善に繋がるのか実験してみた

indeed

筆者は母集団形成の仕事を主に担当している。もちろん各メディアの担当者とのやりとりをする中で、最近よく話に出てくるのがindeedだとかGoogle for jobsだ。自社の求人サイトを運営する中で、現在はindeedを意識した対策を日々コツコツと施している。よく担当者から、あれこれして下さいと言われるが、それが本当に有効な対策なのか分からない時もよくある。何事も遊び心が大切だ、興味を持つことが大切だということで、問題にならない程度にサイトで遊んでみた。もちろん虚偽の情報を載せるだとか、法的にアウトとなるようなことではないので安心してもらえればと思う。

続きを読む

2018年に居酒屋で飲み食いするために愛知から東京まで出向いた話

東京は、お台場の特設会場で、毎年夏季限定で開催されているイベント「居酒屋えぐざいる」。名前の通り、「 えぐざいる(EXILE) 」というよりは、えぐざいる系のグループをお目当てとするファンで賑わうイベントである。今年、2019年は開催10周年ということでさらなる集客と盛り上がりが予想される。筆者は昨年、初めて行ったが色々な面で圧倒された。昨年の様子も少し振り返りながら、イベント全体の紹介をしておきたい。ファン以外はあまり興味がないかもしれないが参考程度に見てほしい。

続きを読む

求人市場におけるオウンドメディアの台頭と今後の採用戦略について

最近、いろんなところで「オウンドメディア」という言葉を耳にする機会が増えてきた。そもそもオウンドメディアとはなんだろうか、という議論から始まるのかもしれない。最近は、なんでもかんでも横文字が増えてきたが、英語で表記すれば、「 owned media 」である。訳としては「 自分で持つ(自社所有)メディア 」と解釈するのが一般的だと思う。例えば求人市場においては、自社が運営する求人ホームページ(サイト)だったり、自社が運営発行する自社だけの求人誌などである。最近、いきなり出てきたのではなく、以前からあったものだ。たまたま、「オウンドメディア」と改めて定義づけをすることで注目されているだけである。

続きを読む

御朱印の収集家とはちょっと違った御朱印収集の楽しみ方の提案

2013年に手術をする必要のある大きなケガをしてから、定期的に御朱印を戴くことを楽しみにしている。神社と寺院は御朱印を分けるのが基本、とはよく言われるが、現在まで筆者は神社の御朱印だけを集めてきた。重複するものも多数あるが、120近くの御朱印と5冊の御朱印帳を持っている。別に寺院が嫌いというわけでもないし、特別神道に対する信仰心だけが篤いのではないことを付け加えておく。きっかけとしては大怪我をして、後遺症もなく無事に過ごせていることに対する感謝の意を込めた御礼参りの意味合いが強い。

続きを読む

ボカシ剤とともにリベンジをしてみたものの、鏡面には程遠かった

先日、車のスリ傷の修復を試みるも、スプレータイプのものではどうしてもうまく行かなかった。よくよく調べてみると、スプレー後の表面の凸凹はスプレーダストといって、普通にスプレーしただけでは必ず発生するらしい。いろいろ調べてみると、「ボカシ剤」というものが欠かせないとのこと。タイミングが悪かったのと、ちょうど梅雨の時期ということもあって、悪天候が続いてなかなかやり直しが出来なかった。曇り空だったが、たまたま時間が取れたので、前もって準備しておいた道具たちとリベンジしてみた。

続きを読む

教えてもらったSTRAVAというアプリが使い勝手がよく気に入った

通勤でクロスバイクを使う人にとっては、できるだけ余分なお金をかけずに、安くスポーツ自転車の生活を送りたいと思っている人が多いと思う。ロードバイクに乗る人であれば、また少し違うのだろうが、筆者自身もそのように思っている。すべてのものを節約したいというわけではなく、お金をかける所と節約したい所をしっかり分けたいということだ。好みの問題もあると思うが、恐らくサイクルコンピュータに関しては、その対象の1つと考えている人も多いと思う。買った方がいいのか、なくてもいいのか、それとも何か代用できるものはないか、少し考えてみた。

続きを読む
スポンサーリンク