愛知県内屈指のパワースポットと言われる一畑山薬師寺に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もちろんその土地その土地ごとにパワースポットだと言われるところはたくさん存在する。どこか新しい所に行きたいなと思っていたところ、夫婦の間で一畑山薬師寺という名前が出てきた。良いのか悪いのかは別論点として、筆者は神社・寺院ともに特定の所ではなく、各地に鎮座する神様や仏様にお参りするようにしている。今回は岡崎市にある一畑山薬師寺に行ってきた。

総本山は島根県にある一畑薬師

島根県にある総本山は一畑薬師と書いて、「いちばたやくし」と読む。一方、愛知県にあるのは一畑山薬師寺「いちはたさんやくしじ」。慣れないと難しく感じる。

専門家ではないので間違っているかもしれないが、信仰の対象は薬師如来だと聞いている。正確には、薬師瑠璃光如来とお呼びするのかもしれない。

創開は、平安時代寛平6年(894年)、一畑山の麓、日本海の赤浦海中から漁師の与市(よいち)が引き上げた薬師如来をご本尊としておまつりしたのが始まりで、与市 の母親の目が開いたり、戦国の世に小さな幼児が助かったことから、「目のやくし」「子供の無事成長の仏さま」として広く信仰されております。

引用:一畑薬師HP

一畑山薬師寺には公式サイトがないので、一畑薬師のサイトを代わりに引用させてもらった。

一畑山薬師寺へのアクセス

住所は愛知県岡崎市藤川町王子ケ入12-44

急な坂道もあるのでマイカーでの参拝をお勧めしたい。駐車場はなんと1200台のキャパがあるようなので年末年始などの時期を除いては恐らく満車になることは少ないはずだ。

どうしても正面から入りたいという場合は別だが、駐車場に隣接している会館入り口から入っていけば正殿への近道となる。

なお、17時から翌7時まではゲートが封鎖されるため注意が必要となる。

参拝順は人それぞれで良いかもしれない

手を清めた後は、線香を焚いてお参りに入る。線香と蝋燭はセットで100円で売られている。

非常に立派な建物である。

この日は各地で新型コロナウイルスの感染に対する報道がされているせいか、参拝客は非常に少なく感じた。

国内ツアー

本殿から向かって右側の御堂で胎内めぐり

横になっている薬師如来涅槃像の下をくぐるのが一畑山薬師寺で言う「胎内めぐり」。最初は仏像に穴が開いていて、くぐるのだろうかと勝手に解釈していたがさすがに違っていた。

後で冷静になって考えれば、信仰の対象である仏様に穴をあけるなんてことはないはずだと浅はかな考えを恥じたものだ。

違った楽しみを持って参拝するのも良い

もちろん御朱印なんかもそういった1つなのだろうが、今回は違ったものを紹介したい。

1撞100円で撞くことのできる鐘

撞く前にはきちんと心を落ち着かせて、願いを込めてから撞くのが基本らしい。

会館内で楽しめる御食事

うどんやそばなどの麺類、団子なども頂ける場所がある。筆者は胎内めぐりまで30分ほどの時間が空いてしまったため、時間潰しも兼ねて立ち寄ってみた。

写真はおでん。3種の具が1皿で200円とお値打ちだった。ちなみに団子はみたらし団子、三色団子ともに1本50円だった。

やはりお寺さんの中で頂ける食事なので、値段もお値打ちに抑えられているのかもしれない。おでんはシンプルな味だったが、美味しかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク