通勤でクロスバイクを使うくらいでダイエットになるのだろうか

日頃、デスクワークの人にとっては慢性的な運動不足の問題は必ず起こりうる問題ですね。もちろん筆者も同じです。一時期はスポーツジムの会員になっていたこともありましたが、土日でも仕事が入ることがあり、なかなか思うように通えずに退会してしまいました。その時には、別に自転車通勤で運動すればいいじゃないかという思いもありました。いろいろなサイトや書き込みを見ると、たかだか自転車通勤では消費カロリーが大したことなく、痩せることはできない、といった書き込みも多いですが、実際はどうなんだろうという疑問を持って少し検証してみました。

現在の体重とライフスタイルの確認から

身長は176cm、体重は72.3kg(服を着た状態)というのが現状の数字です。

ここから割り出されたBMIは23.3、身長から算出する平均体重は68.1kgとなります。そう考えれば、平均より大きく太っていることになります。また特に筋肉質な体とかではありません。

BMIの値で25を超えてくると肥満に該当するので、黄信号が点灯しているといった現状ではないでしょうか。

仕事は時期によって変わることもありますが、事務的な仕事が大半で、数時間椅子に座ったままなんてこともしょっちゅうあります。

ちなみに、今の時代には程遠いような体質の企業に勤めており、拘束時間が異常に長い。朝7時から夜8時半近くまでが定時、自然と夕食を食べる時間も遅くなり、慢性的な肥満状態に繋がっているのかもしれません。

10年以上デスクワーク主体の仕事のため、学生時代から10kgほど太ってしまいました。ここ数年は体重は減りつつあるが、生活改善は自分のなかで必須の課題です。

スポンサー広告

最近使っているのはアプリのSTRAVA

通勤は、週の半分くらいを自転車通勤をするように心がけています。距離は約9km、時間は30分かからない程度です。

GPSによる走行軌跡が見やすく、平均速度・消費カロリーなどが分かるのはありがたいものです。スマホを持ち歩く必要はありますが、サイクルコンピュータとしての機能は十分果たしてくれています。無料で使用できる範囲も広く、十分なコストパフォーマンスを持っています。

SNS的な機能も付いており、自分の記録だけに限らず、フォローしている人の記録も見ることが出来て、いい刺激になります。自身で記録を見てモチベーションを高めるということにも一役買っているのがこのアプリです。

一時期は体幹トレーニングで、と考えていた時期もありますが、実際に何の指導もなく一人でというのはなかなか継続が難しいものです。

本は見やすく便利でしたが、取り組んだ時間やメニューは自分で記録しておかねばならず、志半ばに挫折してしまいました。

ダイエットは極度の無理はせず、地道に長く進めるのが一番理想だと思っています。時間の都合や金銭的な都合もあるが、いきなりスポーツジムに通い詰めるだとかは長続きしません。

一番は摂取エネルギーの問題だと思う

健康的な痩せ方であるかどうかは別にして、消費する以上に摂取するから人間は太るものだと思っています。痩せたければ、運動と食事のバランスがより大事になってくるはずです。

特に筆者は会社の兼ね合いもあり、夕飯が遅い(21時以降)ので、その影響が一番大きいと自覚しています。夜遅くに食べるお米は特に危険、次に間食ではないだろうか。間食も1回だけではないので、夜の白米と間食を減らすだけでも相当違ってきます。

夕飯は上手く制限し、翌朝の結果は72.1kg。たった200gでは正直、誤差の範囲内といったところだろうなと思います。

2日目の朝は菓子パンに戻してみた。やはり腹持ちの良さは米の方があきらかに上です。食べたいものを制限しすぎず、といったスタンスだが、ダイエット中はやはり米の方がいいかもしれない。また、菓子パン自体がカロリーも高いです。

2日だけではなかなか効果判別がつかず、まだまだ観察は必要ですね。

スポンサー広告

自転車通勤は無理なく行いたいスタンス

特に最近は朝でも暑さが厳しく、6割程度の力で漕いでいても汗が噴き出してくるほどです。9km近くある道のりを20~25km/hほどの速さで巡航しています。

今までは仕事着のまま通勤していましたが、ここ数日は不快指数が高く、サイクルジャージを使っています。ピタッとした密着感はありますが、通気性もよく、不快指数も大きく軽減されます。

バックパックを背負っているため、背中には汗をかくが、普通の服よりは全然マシ。やはり専用のものだけあるなと実感させられます。

食事だけ、運動だけ、というスタンスではなく相乗効果を狙い両輪として捉えるのがやはりベストだと思います。これからの時期は、暑くて何をするにしても嫌になりがちなので、気長に臨むことが一番大切です。また熱中症対策をお忘れなく。

諸事情で2日間自転車に乗っていませんが、結果は横ばいでした。このまま食事にも気を配ってキープしなければいけません。甘党にとっては、いきない間食ゼロというのも気が滅入るもの。そんな時、筆者は噛み応えのあるゼリーで腹を満たすようにしています。

運動後にプロテインも飲んでみたりしますが、逆に太るという話もあるので控えめにしています。何事も継続するのは大変だが、なんとか結果に結び付けたいものです。今後も継続して記事にできればなと思っています。

運動・食制限バランスの取れた生活リズムを

やっぱり、運動だけ、食制限だけというのは体にもメンタルにも良くないです。あくまでも総合的にバランスの取れた生活リズムでダイエットにも臨みたいものですね。

自転車通勤だけで体重が落ちるとは言いづらい。ただ、自転車通勤が継続してできるということは、それだけ意識も高いということになるので、そういった点ではダイエットにも繋がるのだろうと思います。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!