ボカシ剤とともにリベンジをしてみたけれど鏡面なんて程遠かった

先日、自分自身で車の擦り傷の修復を試みましたが、スプレータイプのものではどうしてもうまくできませんでした。今回だけに限らず、実は今まで一度もうまくいったことがありませんでした。調べてみると、スプレー後の表面の凸凹はスプレーダストといって、普通にスプレーしただけでは必ず発生するようです。さらに調べてみると、「ボカシ剤」というものが欠かせないとのこと。タイミングが悪かったのと、ちょうど梅雨の時期ということもあって、悪天候が続いてなかなかやり直しができませんでしたが、やっと天候に恵まれ、まとまった時間が取れたので、リベンジしてみました。

素人がスプレーで補修なんて失敗するという先入観

素人がスプレータイプで補修するなんて、ぜったいにうまく行くわけがないと思っていました。大事な愛車の見栄えがますます悪くなるなんて嫌だという思いもあって、いままで傷の補修といえばタッチペンでしかやったことがありませんでした。

筆者の性格から、一歩踏み出すことができませんでした。それは過去記事も参考にしてもらえれば分かっていただけると思います。

ちょうど1週間前に、素人なりに挑戦してみましたが、見事なくらい失敗しました。クオリティとしては相当低かったと自分でも十分自覚があります。

前回の最終仕上がりの画像はこのような感じです。

ボカシ剤使用前

スプレーで補修すればザラザラが、タッチペンを使って手作業で行えば波打った跡がどうしても残ってしまう。いろいろ調べると、最後にボカシ剤というのを吹き付けないといけないと後で知りました。

ちなみにボカシ剤は塗料を吹き付ける前後で2回行うという表記もありましたが、筆者は、吹き付け後の1回だけ実施してみました。

スポンサー広告

やり直しでゼロから再スタート

ボカシ材を使って塗料落としから

前回、吹き付けた塗料をボカシ剤で全部落とすところから始めました。少し多めに使ったので、地の塗料が落ちないか心配でしたが、とくにトラブルは起きませんでした。

ボカシ剤で塗料落とし
ボカシ剤で塗料落とし
スポンサー広告

その後は簡易スプレーガンで塗装

こうして見てみると、ヘッドライトに近いところの削れ具合が大きいです。

一方バンパー下部はほんとに軽く擦っただけの擦り傷となっています。素人目線でも、塗料の吹き付け量に気を配らないといけないことくらい予想がつきます。

マスキング

前回と変えた点としては、塗料を吹き付けるスペースを比べ物にならないくらい大きくとったこと。この知識もネットから取りました。そのためマスキングテープの領域も広くとってあります。

この点については、タッチペンの製造元であるHoltsの公式HPを参照にして欲しい。

また、前回の作業後に知ったボカシ剤もきちんと用意しました。

ボカシ剤

さきほど紹介したHoltsのラインナップが、行った量販店にはなかったので99工房の商品で代用しました。大きいサイズの商品もならんでいましたが、今回はあまり広範囲に渡らないこともあり、チビ缶タイプのものを用意しました。

ボカシ剤の活用

作業前の塗料はがし、修復で2ヶ所、結構な量を吹き付けましたが、それでも少し余ってしまいました。せっかくなので、もう1ヶ所おまけで作業してきちんと使い切りました。

擦り傷
ボカシ剤使用前

こちらはマスキングなしでスプレーを吹き付けてみました。黄色のバケツがボディに写っていますが、全体的にくすみが生じているのがお分かりいただけると思います。

ボカシ剤をきちんと使用しましたが、コンパウンドで磨いても鏡面とは程遠い仕上がりでした。ちなみに、コンパウンドでの磨きは3回実施しました。それでもあまり出来ばえに変化はみられませんでした。

前回紹介したコンパウンドが残り少なかったので、新しく買い足ししておいた99工房のものを使用しました。

最終的な仕上がりは自分には限界レベル

スプレーダストによるゴツゴツは近づいても明らかに分かるレベルではなくなりました。

ボカシ剤完了後

また、タッチペンを手作業で塗った時に生じる波打ち痕もなくなりました。やはりパッと見の仕上がりはスプレータイプの方が上ではないでしょうか。

ボカシ剤の使用で一番難しかったのは、その使用量です。たくさん吹き付けすぎると、液だれを起こしたり、吹き付けた塗料が浮いてきてしまう。少なければスプレーダストは残ったままになる。

その加減は、実際に自分でやってみないとなかなか理解できないものです。

今回、一番気をつけたのは、移動しながらボカシ剤を吹き付けたこと。また、地の塗装と吹き付けた塗料の境目は特に丁寧にボカシ剤を使いました。

一番の課題は鏡面にはならず、くすみが出てくることです。

車の傷や修理痕なんて、どうせ遠くから見ればよく分からないし、とりあえず近くからの見栄えはあまり気にしない、というスタンスの方には全然アリだと思います。

今回はあくまでも修理金額の方にこだわったため、DIYで行うしかありませんでした。綺麗な仕上がりを追求する人は、やはり専門店に行くべきだと思います。

知人から教えてもらったウレタンクリア

今回の様子をFacebookに乗せたところ、同じレーシングカートチームの方から、「ウレタンクリア」を使ってみたらどうかとのアドバイスをいただきました。それがないと、きれいに仕上がらないようです。また別の機会に挑戦してみようと思います。

また、コンパウンドでの研磨も相当努力が必要だということのようです。いずれにせよ、まずは自分でやってみることをおすすめします。難しいけど、けっこう楽しいものです。

まずはボカシ剤は必須アイテム

今回、スプレータイプの塗料を吹き付けて修復してみましたが、スプレーダストの関係もあり、ボカシ剤は必須アイテムです。

使用するタイミング、使用量などコツが必要なので、いろいろと自身で経験してみるのが一番の近道かもしれませんね。

きれいに仕上げようと思うのなら、やはり労力だとかお金が必要になりますね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!