一般的な御朱印コレクターとはちょっと違った神社の御朱印の楽しみ方

2013年に手術をする必要のある大きなケガをしてから、定期的に御朱印を戴くことを楽しみにしてます。神社と寺院は御朱印を分けるのが基本、とはよく言われるが、現在まで筆者は神社の御朱印だけを集めてきました。当然ながら重複するものもいくつかありますが、5冊の御朱印帳に渡って、120近くの御朱印をいただいてきました。別に寺院が嫌いというわけでもないし、特別神道に対する信仰心だけが篤いのではないことを付け加えておきます。きっかけとしては大怪我をして、後遺症もなく無事に過ごせていることに対する感謝の意を込めた御礼参りの意味合いが強いです。

御朱印というのは一体なんですか

御朱印とは神社や寺院で参拝者が戴く印章のことです。

毛筆での手書きと印章がセットになっている場合が一般的だと思います。

最近は、御朱印女子だとか御朱印ガールだとか、メディアで称されることもあるが、御朱印に年齢だとか性別は関係ないと筆者は思っています。もともと男性主体の世界でもないので、女性をもてはやす意味合いが理解できないのが正直な感想です。おそらく話題づくりのための造語ではないでしょうか。

ただ、神社の御朱印受付に行っても、TVで見かけるような10代~20代の若い年代層はあまり見かけません。中高年以上の割合も高く、それはそれで非常にほっこりするものです。

御朱印

全国に神社や寺院が数えきれないほどあるのと同様に、全く同じ御朱印は存在しません。日付だとか、「奉拝」だとか手書きで書いてもらうのですが、受付窓口によっては担当する人が何人かみえるので、当然筆跡は変わります。

仮にスタンプだけの御朱印だとしても、もらう人の気持ちだとかそこに行くまでの経緯はいろいろあるものです。そういった意味でも、全く同じ御朱印は存在しないと思いたいものです。

だからこそ、味わいがあっていいのです。

また、神社によっては期間限定の御朱印が存在するケースもあります。。

変わらないのは、みな達筆だということだけだ。おそらく日頃から鍛錬されているのだろうなといつも思います。。

御朱印
御朱印

初穂料としては300円というところが一般的ですが、500円だとか参拝者が任意に決めることができる場合もあります。

スポンサー広告

御朱印収集の意義は人それぞれ

どちらかと言えばスタンプラリー的に集める人もいれば、信仰心篤く集める人もいます。スタンプラリー的に集める人が別に信仰心がないわけではないだろうし、筆者はそれぞれの理由があってもいいと思っています。

信仰心に対する批判は不要でしょう。

筆者はどちらかと言えば前者に該当しますが、それでもきちんと手を洗い、心身ともに清め、参拝してから御朱印を受けていますし、それぞれの神社の由来にも、目を通すことが多いです。

その神社ごとに趣はあるし、もし御朱印というものがなければ行かなかったであろう、行けなかったであろう神社もたくさんありました。

繰り返しになりますが、御朱印を頂くきっかけになったのは、間違いなくサーキットでの事故でした。過去記事でも書いていますので、お時間のある方はお読み下さい。

2013年に事故に遭い、手術を受けました。翌2014年夏にも再手術を控えていたこともあり、2014年(平成26年)元旦から御朱印収集をスタートしました。

御朱印

別の楽しみ方はやはりグルメ旅

どちらかと言えば、近距離の神社よりも中距離・遠距離に所在する神社を参拝することに大きな楽しみを感じています。ドライブが好きだから、運転が好きだからということもあります。

神社自体が車でしか行けないような奥まったところにあることも多く、すべてが新鮮に感じます。その土地の由来、そこでの新しい発見、また行き先で名物のものを頂くのも楽しいものです。

もともと食べることが好きだからかもしれませんね。

御朱印
グルメ

愛知県から車で2時間ほどの距離にある諏訪大社では信州名物の手打ちそばをいただきました。とても美味しかったです。夏の暑い時期に頂く和麺はのど越しが良いものですね。

御朱印
グルメ

熊野速玉大社の鎮座する新宮市からほど近い那智勝浦の漁港で頂いたマグロ丼もすばらしかったです。

御朱印だけを集めて数社回るのも1つの楽しみ方、その土地その土地をじっくり回ったり、そこでしか楽しめないものや味わえないものを堪能するのも、立派な1つの楽しみ方だと筆者は思っています。

どれが正しい、間違っているなんてことはありません。

スポンサー広告

気長に、気楽にが素敵なスタンス

約半月後には、夏季休暇のシーズンを控えています。帰省や旅行など出かける機会も多いはず。既に御朱印帳を持っている方は気長に継続して、持っていない方はこれから気楽な気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

御朱印帳

始めてみると案外、楽しさにはまってしまったり、心の拠りどころ的な存在になるものです。

御朱印収集は人それぞれの楽しみ方を

御朱印収集の目的は人それぞれでいいと思います。

むしろ他人の信仰心にあれこれ言う必要はないと思っているし、筆者自身もあれこれ言われたくはないものです。

まだ頂いたことのない人は、どこかへ出かけた旅の記録としてゆるく始めてみてはいかがでしょうか。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!