オウンドメディアのメリットを存分に活用して求人活動に活かしましょう

いろんなところで「オウンドメディア」という言葉を耳にする機会が増えてきました。そもそもオウンドメディアってなんですか、という話から始まるのかもしれません。最近は、とにかく横文字が増えてきましたが、英語で表記すれば、「 owned media 」となります。訳は「 自分で持つ(自社所有)メディア 」と解釈するのが一般的でしょう。例えば、求人市場においては、自社が運営する求人ホームページ(サイト)だったり、自社が運営発行する自社だけの求人誌などです。最近、いきなり出てきたのではなく、以前からあったので、名前が決まっていなかっただけなのです。たまたま「オウンドメディア」と改めて定義づけをすることで注目されているだけです。

一般的なのはインターネットメディア

筆者が「 オウンド(owned) 」という言葉を初めて聞いたのは、アメブロを運営するamebaが「 Ameba Ownd(リンク先はこちら) 」をリリースして話題になっていた頃だったような気がします。当時は全くと言っていいほどスルーしていましたが、数年経って、仕事で関わるようになってようやく意味を理解することができました。

オウンドメディアと言えばやはりインターネットでの展開が一般的なのかもしれませんね。別の記事でも書いていますので、お時間のある方はお読みください。

求人メディアとしては求人情報誌を主とする紙メディアと、求人サイトなどのネットメディアに大きく分けることができます。

紙メディアは年々発行数が減少しており、いまやネットが主体ということはもうご存知のことかと思います。今後の求人市場というものを考えても、紙メディアが再び復権を握るという可能性は限りなく低いと筆者自身も思っています。

一部の地方では未だに紙に依存しているというところもありますが、将来的には発行コスト、利用者目線から見れば、さらに縮小していくのではないでしょうか。

スポンサー広告

オウンドメディアが企業に人気の理由

まずは理由を考えてみる

長年、採用活動における母集団形成に関わる仕事をしている筆者から見て、大きな理由は2つあるのではないかと思っています。

  1. (基本的には)最低限の固定費だけで運営ができること
  2. 求人案件の公開・非公開を含めて任意に内容が変更できること

結局はこの2点が全てだと思っています。

本来、求人誌にしても求人サイトにしても、1案件掲載するごとに料金が発生します。最近は、採用課金(採用1名ごとに料金が発生するもの)や応募課金(応募1名ごとに料金が発生するもの)といったスタイルのものも増えてきていますが、意外とコストがかかったり、募集エリアによっては一般的だとは言えないケースもあります。

応募する側から見たら、なかなか分からないことかもしれませんが、求人募集って結構なコストがかかるものです。とくに最近は、採用困難な情勢が続いていることもあり、何回も継続して掲載しなければならないのが一般的です。

お財布の面で、ある程度の体力がない企業や個人店舗は正直辛いものがあります。そういった会社や店舗からすればたくさんの案件を長く、自由に掲載できるオウンドメディアは非常にメリットを感じるはずです。

スポンサー広告

オウンド求人メディアの一例を紹介

筆者が利用している、利用をしたことのあるオウンドメディアを紹介しておきます。それぞれリンクを貼り付けておきますので、採用に関わる方はゆっくりお読みいただければと思います。

まずはリクオプというツールです。

オウンドメディア

こちらはHRソリューションズ(リンク先はこちら)が運営しているシステムになります。画像については、リクオプから引用しました。月額の固定経費はかかりますが、採用が数人できれば十分ペイできる範囲内です。応募者の管理や分析などの各オプションも整っており、採用のPDCAサイクルを回す上でも十分オススメできるシステムです。

次にジョブオプというツールです。

オウンドメディア

リクルートジョブズが提供するシステムです。その後、リクルートジョブズはリクルートグループの再編によって、現在の社名は株式会社リクルートとなっていますので、現在はリクルートが運営するシステムになります。(リクルートグループの再編についてのリンクはこちら

ジョブオプとジョブオプLiteというシステムがあり、Liteであれば完全無料で運営ができます。有料・無料は、会社の状況や求人募集の人数などによって変えればよいでしょう。

そこからさらに再編があり、現在はAirWORK(エアワーク)という名前で運営されています。エアワークについて、解説された記事がありますので、ご参考下さい。

engage (発行元:エン・ジャパン株式会社

リクルート同様、大手求人メディア会社のエン・ジャパンが提供するシステムすです。engageも上記の2サイトと同じく無料で運営ができます。

もちろん有料オプションも用意されています。どちらかといえば、自社のホームページをengage内部に作って、そこに求人情報を紐づけする感じだと考えればよいでしょう。

著作権の関係で画像貼り付けの許諾が得られなかったので、リンクだけ提供させてもらいました。

完全無料プランではやっぱり限界がある

サイトによっては無料をウリにして事業展開している会社もあります。

長いこと筆者は採用に関わってきましたが、「完全無料」で採用が円滑に行くことなど理想論に過ぎないと思っています。だからこそ、メディア各社がオプションプランを設けており、そこから利益を出すことができているのです。また、そこに各社の運営の上手さが顔を出すのです。

よくあるプラン内容としては、indeedの有料広告枠に掲載してもらうというものです。自分たちではなかなか敷居が高いキャンペーンの設計や入札を代行してもらえるのでありがたいです。

どんな求人メディアでも、単体での効果よりも相乗効果になることで大きくプラスにはたらく可能性があります。ブログ運営でも同じかもしれませんが、各SNSを通じて拡散することで、より多くの閲覧が得られるものです。

閲覧とコンバージョン(応募獲得)は次元が別のところにありますが、全体的な流れはよく似ているのがネットの世界です。

オウンドメディアは今後の採用活動に必須

オウンドメディアは長所ばかりではありません。もちろん短所だってあります。ただ、短所があるからという理由だけで持たない、運用しないのであれば大きな機会損失となってしまいます。

短所も長所も、よくよく理解した上で、うまく付き合って採用成功に結び付けたいものです。自社にあった最適のオウンドメディアを見つけるのは大変ですし、運用後に軌道に乗るまでそれなりの時間がかかるので長期間のスパンを視野に入れておくべきです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!