最近、話題のindeedは採用成功させたい会社にとって有益なのか

最近、テレビコマーシャルでよく見かけるようになった『 indeed 』。仕事を探す人側も、採用をする会社側も、少なくともCMを見たことがあったり、インディードという名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。両方とも経験したことがある立場の者として、少し書いておきます。ただ、筆者は基本的には採用をする側の立場の人間なので、ボリュームとしては会社側の視点の色の方が濃くなってしまいます。ちなみに、indeedはネット上のあらゆる求人情報をまとめた、「まとめサイト」だと考えてもらっていいです。

indeedというサイトについて

CMでは「求人募集はインディード♪」というフレーズが耳に残ります。

個人的には、お笑いコンビの千鳥のものが好きです、斎藤工、泉里香(敬称略)を始めとする著名人をイメージキャラクターに起用していることでも知られています。

今までは、それぞれの求人サイトに登録をしたり、それぞれのサイトでの仕事探しをすることが定説でした。それを覆したのがindeedになります。仕事を探す人にとっては、それぞれの求人サイトをいちいち閲覧するより、1つのサイトで完結した方が便利だということで、利用者も着実に増えています。

ちなみにindeedは、現在リクルートの子会社になっています。2012年にリクルートが1,000億円で買収していることは一般の方にあまり知られていないのかもしれません。あまり名前が知られていない時に、これだけの買収金額となっているということは、よほどの旨味を見込んでいたのだろうと容易に想像できます。

それでは実際に『 indeed 』のサイトを見てみましょう。開いてみれば、構造はシンプルで自身の希望する仕事を探すためのキーワードを入力するだけです。

indeed
出典: indeed

筆者の希望ではありませんが、たまたま思いついたものを入力してみます。愛知県で募集しているテストドライバーの職種を探してみました。

indeed
出典: indeed

もともと、テストドライバーなどといった案件が極端に少ないことは仕事柄でも、モータースポーツが趣味の者としても把握しています。それでも1件ヒットしました。

また、求人サイトで見られるような希望条件の入力は一通り左側のカラムでできるようになっています。気になる仕事をクリックすれば詳細が見れるので、気に入れば、あとは応募するだけです。

スポンサー広告

indeed上での求人募集方法

indeed上に求人案件を掲載する方法としては2通りあります。

indeed上に直接求人案件を掲載するか、転載元のサイトに掲載をするかの2通りです。細かい話にはなりますが、indeedには有料枠での掲載と無料枠での掲載の2つがあります。

もちろん検索した時に上位表示されやすいのが有料枠、その下に表示されやすいのが無料枠。有料枠には「スポンサー」と表記があります。(2021年4月現在では、有料枠も無料枠もランダム表示だと言われています。)

ちなみに、無料枠は「オーガニック枠」と呼ばれます。

広告経費は入札形式です。

案件ごとに単価設定をするのですが、他社の金額や、個々のデバイスによって表示順位は大きく異なると聞きます。とにかく高い金額を設定すればいいというものでもありません。

単価設定については素人が自分で行うのは非現実的なので、ほとんどの会社が専門の会社にお願いしているのが実態ではないかと思います。

当然、マージンを抜かれる形にはなります。筆者もそうですが、将来的には勉強したり、データを収集したりして、自分自身でindeedと直接やり取りしていきたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

運用を広告会社にお願いした場合の中間マージンは15~20%くらいになります。

indeedは手動で求人情報を集めているわけではない

さすがに何百万とある案件を手作業で集めてくるなんてありえません。

独自のアルコリズムが定期的に規則を変えながら求人案件を集めていると聞きます。少し前は上位にあった案件がいきなり表示されなかったり、表示順位を落としたりすることがあると聞きます。もちろん逆もあります。

噂レベルですが、会社や案件ごとにスコアが付けられているらしいです。今は違うのかもしれないが、派遣会社の案件は表示から外されると聞いたことがあります。

indeedのAIはとても高度に運営されています。会社名がしっかり記載のないものは除外されるだとか、全く同じ職種名にするとスコアが落ちる、抽象的な職種名だとスコアが落ちるなどと聞きます。

それだけ高度であれば、対策はいくらでも取れると前向きに捉えたいものです。

スポンサー広告

indeedを最大活用するにはオウンドメディアが有効的

CMでもよく見かけるタウンワークやバイトルなどという全国的に著名なサイトであれば有料枠に対する資金投下も行っているはずです。ただ、発展途上のサイトなどは対策ができていないと考えるのがふつうです。

そういったこともあるので、通常料金に+αで資金投下し、有料枠への掲載を促すオプションが存在するのです。

正直、効果がよく分からないものに投下するくらいであれば自社のオウンドメディアをindeedにひも付けした方がよほど効果的だろうと思います。

近い将来、オウンドが一般的な求人サイトを上回るとも言われているだけに、準備期間として今から所有したり、改善を加えていくことを薦めます。

まだまだサイトの規模感やSEO対策などを考えると、オウンドは費用対効果の面では一般の求人サイトには到底及びません。しかい、あと5年も経てば逆転も可能だと真剣に考えています。また、オウンドは最短でも開設1年くらい経過しないと、ある程度の結果は出せないので気長に見てあげてください。

見切りスタートでもいいのでまずはやってみることから。いきなり完璧なものをスタートさせるなんてことは普通に出来ないのですから。

トレンドはindeed対策ばかり

最近は求人メディアを運営する各社がindeedへの対策をするようになりました。

もちろん全部ではありませんが、営業案内のパンフレットにindeedに掲載されます、などといったうたい文句が書かれているケースも多いです。それだけ注目を浴びているということの裏返しなのかもしれません。

今後はindeedに限らず、アグリゲートタイプの求人サイトが主になると言われているので上手く活用をしていくべきです。もっと長期的にはオウンドメディアとしての自社求人サイトを運営することをおすすめします。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

indeed
最新情報をチェックしよう!