MASSLOADのボトルケージの色は2種類だが自分の好みに合っていた

先日、クロスバイクのボトルケージを交換して以来、初めて通勤で使用しました。すっかり自分のボトル自体のカラーリングのことを忘れていましたが、セットしてみると、意外とマッチしていることが分かりました。これであれば一旦、同じカラーで統一してもいいなと思えました。筆者が利用しているアパートの駐輪場のカオスは相変わらずひどい状態。いつ、どこで、どんなアクシデントに遭うか分かりませんが、この強度であれば子ども自転車のアタックがあってもきっと乗り切ってくれるだろうと思えます。

初耳のMASSLOADというブラント

駐輪場で子どもの小さな自転車が筆者のクロスバイクに刺さってしまい、壊れてしまったボトルケージ。その様子は過去記事にも書きました。

交換のために訪れた店頭で見つけたのが、MASSLOADというメーカーのボトルケージでした。

マスロード?マッスロード?マッシュロード?どういったメーカーなのかよく分からないので、メーカーのホームページ(リンク先はこちら)を訪問してみました。

英語表記でしたが、未熟な英語力で読んでみると…どうやら台湾の企業のようです。流し読みをしたので、間違っていたらすみませんが、従業員はなんと30名の企業です。

MASSLOADというのは会社名ではなく、2007年に立ち上げたブランド名とのことです。自転車のチームも持っているようですが、あくまでもパーツ開発・販売がメインです。

開発製造・販売としてはボトルケージ、キャリア、キックスタンドがメインと読み取れました。

スポンサー広告

自分の好みのカラーリング

カラーリングとしては白・黒の2色、筆者は白をチョイスしました。どちらも赤が少し入っています。全体が白い方が汚れは目立ってしまうと思いますが、やっぱり好みには勝てませんでした。

ボトルケージ

筆者は赤だとか青といった色が好きです。以前乗っていたレーシングカートやレーシングスーツも好きな色で選んだこともあります。赤黒も良かったですが、白赤の方が赤が映えるような気がして、こちらを選びました。

ビフォー&アフターで見比べてみる

取り付け前後の2枚の写真で見比べてください。

スポンサー広告

Before

まずは交換前の写真から。

ボトルケージのブランドはTigoraというもので、自転車パーツ専門ブランドではありません。スポーツデポのオリジナルブランドのものになります。このボトルケージの色は黒、これはこれで全体のシルエットが締まってみえるので個人的には結構好きです。

ボトルケージ

After

次は交換後の写真です。

MASSLOADのボトルケージはボトルと同系色になる。あえて選んだ結果ではなくて、たまたま一緒だっただけです。好きな色で揃えた結果とも言えます。

ボトルケージ

スポーツデポで買ったオリジナルブランドのTigoraのようには浮いて見えないところがいいと思っています。

POLARBOTTLEのボトルを愛用中

筆者が使用しているのはPOLAR BOTTLE社製のボトルです。保冷がある程度できるようにフィルムでボトルの内部を加工してあるタイプのものになります。

筆者は20オンスのタイプを使用しています。リットルに換算すれば、約600mlとなります。同社製のボトルには24オンス(700ml)のものや、カラーリングが個性的なものもあるので、人と違うものを持ちたい人にはぴったりです。

そして何よりも、ラインナップとして交換部品があるのが何よりもありがたいです。長く愛用することができます。

真夏にでもなれば、大きいボトルだったり、2本目のボトルが必要になることもあるかと思います。そんなときにはぴったりだと思います。

ただ難点をあげるとすればボトル内部の洗いにくさです。このように保冷の効くタイプのものは同じかもしれませんが、内部の凹凸の部分が細部まで非常に洗いにくいです。

黒く変色してしまっているのがすぐ分かるかと思います。

POLAR BOTTLEは内部が凹んでいるのです。

日頃、筆者はお茶を入れていますが、内部のへこんだ部分が茶しぶで、すぐ汚れてしまうのです。そのため、数日使ったらキッチンハイターでこまめに洗浄しています。

ボトル

たくさんの洗浄液をかけて5分くらい放置しておけば、ほぼ綺麗になります。キッチンハイターだけで十分ですが、凹凸のないものに比べれば手間もかかってしまいます。

自転車本体だけでなく、どんなパーツもこまめなメンテナンスが必要だということですね。手間はかかるかもしれませんが出来ることは、しっかり自身でやっておきたいものです。

性能と色で選んでモチベーションアップ

走りに直接関係のないパーツは見た目(デザインや形状)や価格で選んでいいと思います。その方が自転車へのモチベーションもさらに上がります。

しかし、取り付け場所によっては壊れたりするリスクがあることも注意すべき点です。

今回ボトルケージを付けましたが、もともと気に入っていたデザインのものが樹脂製ということもあり他車の接触で壊れてしまったことに端を発したものです。

ボトルケージは金属製のしっかりしたものを取り付けることをおすすめします。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!