変化を怖がって同じことをしていては長期的にみて上手くいくはずがない

採用コンサルタント的な仕事をしていて、採用が上手くいかないことに対する相談を担当者から受けることがあります。何が原因で「採用」が上手くいかないのか分からないとのことです。学生時代に経済学の中で、需要と供給という話を聞いたことがあります。結局、双方のバランスが取れていないからうまくいかないのだと筆者は思います。どんなことについても言えることかもしれませんが、最初からうまく事が運ぶ、ずっとうまく運ぶなんてことはまずありません。たまには思い切って、トライ&エラーが必要となる領域なのだろうと思います。

まずは原因を探すことから

今回は「採用」というステージでのお話になります。

思ったように応募が来ない、採用できない原因は1つに尽きるのだと思っています。働く側にとって魅力がない仕事であるから。ここに尽きると思っています。仕事内容だったり、待遇だったり、会社の内容だったり、魅力がなにかあれば自然と人って「ある程度」は集まるものです。

過去には3Kの仕事は不人気の仕事だと言われていました。キツい(Kitsui)、汚い(Kitanai)、給料が安い(Kyuryo)が3Kです。これはいまでも流れは変わらないかと思います。仕事の内容が大変そう、仕事の内容の割には給料が安い、休みが少ない、職場の雰囲気が良くない、そういった声を耳にしまう。

これもある意味では仕事の魅力がないのだろうと思います。自分の労力を提供する割に合わない仕事ということになるのです。筆者は3Kの仕事には意味がないといっているわけではありません。必要性のある仕事ということは十分理解しています。

スポンサー広告

人材派遣業界で考えてみた

筆者は長いこと人材派遣業界にいます。

人材業界で、採用に関わっていますので、全体的には年々、募集時給が上がってきていることを実感しています。

現実論として、派遣社員の待遇を良くしてあげようという動きの中で、時給水準が引き上げられているわけではないということを忘れてはいけません。

採用担当者

派遣先からもらう派遣単価が上がっている、上げてもらっているので、時給に反映できているのです。「人」不足に困る派遣先が、他社よりも優先的に派遣社員の入れ込みを行って欲しいがために派遣会社に払う金額ベースを上げているだけなのです。

こちらの会社に向いて欲しいから、より多くの対価を払うのです。水準を上げていかなければ、より「人」というソースに困るので上げざるを得ないというわけです。

強制力が暗に働いているのです。

派遣会社にとっては、あくまでもビジネスなのです。より多くのお金を落としてくれる顧客と付き合うのは当然のことです。

貴社とお付き合いのある派遣会社が、もし単価が低いのに密接な対応をしてくれるのであれば、貴社はよほど将来性のある派遣先か、別のしがらみ的な関係の中でお付き合いしているのだろうと思います。

応募者の志向にマッチした求人案件か

働く側にとっては何か1つでもいいので、メリットがあれば応募のハードルはぐんと下がります。最近は、ライフスタイルの多様化がいろいろな所で叫ばれています。

行政が提唱する「働き方改革」もその1つだったりしますが、仕事探しにおいてもその影響が出てきています。

古い時代は1日8時間の仕事、仕事の内容で男女を分けていたこともあったと聞きます。しかし、今はそういった時代ではありません。

本当に手が空いている時間帯にだけ働く希望を持っている人がいたり、会社勤めが本業ではないといった人、ダブルワーク希望だとか休日にだけ働きたいなんて人も多く見られるようになってきました。

筆者の知っている部門でも、フルタイムの8時間勤務ではなく2~4時間程度で切り分けをして応募者数を5倍近くまで伸ばした事業所があったり、男性しかいない事業所の中で、仕事をもっと細分化して女性がムリなく担当できる仕事を創出できたところは3倍近くまで応募者数を伸ばすことができた実例もあります。

物を売るビジネスでも同じことは言えますが、どういった仕事がどういった理由で求められているかをきちんと読み取らなければいけません。

それができれば採用成功に近づくことができるはずです。

ショートタイム希望の人に対してフルタイムの仕事をみせたところで、応募獲得は期待できません。土日に勤務を希望している人に対して、平日の仕事をみせたところで結果は見えています。

仕事を探している人と接する機会が多くありますが、職種よりも条件を優先するケースが多いように思います。とくにここ最近はその傾向が強いです。

スポンサー広告

採用の場面でもトライ&エラーは必要

最近たまたま読んだ本には、何事もずっと考えてから取り組むのではなく、まずは取り組んでから徐々に改善を図っていけばいいと書いてありました。それがトライ&エラーです。よくIT業界で耳にする言葉のようですが、他業種でも十分通じると思います。

時間帯や曜日を切り分けるにしても、まずは会社側に合わせて切り分けていけばいいです。募集の給与を上げるにしてもいきなりガツンと上げる必要はありません。

採用を上手く進めるには現状では会社側が譲歩して、ある程度は求職者に合わせていく以外には方法がないのかもしれないと思っています。そこが甘受できる会社はプラスに働くであろうし、それができない会社はそこまででしかないということです。

雇用だけでなく、経営というものに対して古いスタンスでしか物事を見れないのであれば難しい面もあるのでしょう。実際に、見方を変えることができていない会社も多くあります。これが現実です。

一時的に利幅は減るかもしれません。長期的に見れば間違いなく会社にとってプラスになるはずなので、ぜひ一度検討してみてください。

採用担当者

採用の成功も失敗も一時的

成功したからといって、それがずっと続くわけではありません。失敗したからといって、同じようにずっと続くわけではありません。そこが採用という領域の難しさなのだと思います。

成功しても、失敗しても何か変化を加えて次に進んでいかなければいけないのは他のどのビジネス分野でも同じことですよね。

やはり時々はスパイスが必要

採用に関してうまくいかない場合は原因を探してみてください。会社の目線ではなくて、仕事を探す人の目線に立った原因です。

原因をつかんで、なにかスパイスを加えて変えることはもっと大切になります。同じことを、同じように続けるだけでは必ず停滞します。無難を求めるのであれば話は別ですが、変化を加えないことは長期的に見てあまりよろしくないものです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!