憧れのロードバイクのサドルに座るとテンションが上がってしまいます

先日、ブレーキの異音の件でお店に相談に行ったときに、展示してあるロードバイクを見つけました。跨ることができるように展示してあって、興味半分でサドルに座ってみました。ロードバイクと聞くだけで、コテコテのスポーツバイクで乗り心地なんていいはずがないと思っていましたが、意外とふつうに座ることができました。とは言っても実際に走らせてはいないので全部を体験したわけではありません。たしかに、「モノ」は高いですが、将来的にはこういった選択肢もありなのかなと思って眺めていました。

筆者のクロスバイクは素人仕様かもしれない

筆者のクロスバイクは街乗りがメインの仕様です。クロスバイク自体が街乗りメインだと言われてしまえば元も子もありませんが、ギアはフロントシングルの8段仕様となっています。傾斜がキツすぎてどうしようもないような坂道は走った経験がありませんが、今のところ大きな不便さは感じていません。

恐らく山道に行けば、相当の脚力がないと走れないのだろうなときちんと自覚はしています。

一方で、ロードバイクといえば基本的にはフロントシングルってあまり見かけません。ロードバイクとは言わないのかもしれませんが、競技用のものだとフロントシングルもあるようですが、個人的なイメージとしてはフロントシングルはクロスバイクまでなどと勝手に想像しています。

いま、乗っているクロスバイクのギアには多少不満もありますが、フロントシングルはチェーンが外れにくく、街乗りでとくに不便に感じたこともないので、それはそれで結構満足しています。初心者でも扱いやすいのがフロントシングルかなと思います。

スポンサー広告

ドロップハンドルはかっこよすぎ

通勤途中などで、ロードバイクとすれ違うことが多くありますが、前傾姿勢でドロップハンドルで風を切っている様子を見ていると、それだけで見た目の偏差値はぐっと上がって格好いいなと思うものです。

独特の威圧感というか、そのスタイルだけでも十分速く見えます。ロードに乗る人はだいたい、服装もそれなりの格好をされていることが多いので、余計にそう見えるのかもしれません。

たまたま見つけたロードバイク展示

先日、ブレーキのトラブルがあって、クロスバイクを購入した時にお世話になったサイクルベースあさひにお邪魔してきました。ブレーキの異音トラブルは過去記事に書きましたので、お時間のある方はお読みください。

待ち時間のあいだ、暇を持て余していたので暇つぶしもかねて、2階のスポーツバイク売り場を覗いてみました。

最近それなりに足を運んでいる店舗ですが、ここはスポーツバイクの旗艦店という位置づけのようで、販売やメンテナンスには力を入れていると以前聞いたことがあります。

階段を上がってまもなく、ロードバイクの展示がしてありました。いちばん求めやすい価格のジャイアントのロードバイクでした。展示はしてありますが試乗用ではなくて、あくまでもサドルに跨って、その場で漕いでみる程度の試し乗りで、走ることは一切できません。

他の自転車とは価格帯が全然違うので、転倒などの傷付くリスクを考えれば、跨るだけというのは、ごく当然なのだろうと思います。どうしても乗りたい場合は、メーカーや店舗の試乗会やそういったイベントに行くしかないのかもしれませんね。

よく、GIANTのロードバイクはエントリーモデル的なことを言われているのを耳にしますが、クロスバイク乗りの筆者からすれば十分以上のものです。

スポンサー広告

実際にロードバイクに座ってみて

十分な距離を走っていないクロスバイクですら、まだまだ分かっていないのにロードバイクなどさっぱり分かるはずもありません。価格表のところに書いてありましたが、手持ちのスマホで調べてみました。車種はGIANT のCONTEND2とのことらしいです。

どちらかと言えば入門用のロードに該当するみたいで、それでも価格は約9万円、筆者のクロスバイクの倍の値段もする、高い自転車です。ネットでいろいろ調べてもクロスバイク同様にピンキリだなと改めて思ってしまいました。

もちろん良いものは高い、値段相応とも言うべきですね。中には100万円を超える価格帯のロードバイクもあり、びっくりします。筆者が長らく乗っていたレーシングカートのフレームでさえも50万円くらいだったので、それ以上のものなのかと考えると、普通に恐ろしくなります。

安いものを探して行けば1万円台のロードバイク(俗にいうルック車)なんてものもあって、そこから考えれば100倍くらいの価格差があることになります。そんな世界があるのだと改めて感傷的に思います。

憧れのロードバイク

今回はサドルに座っただけなので感じた点はほとんどありません。上がったのはモチベーションだけです。

ロードのハンドルに関しては、クロスバイクのように初めからグリップが付いておらず、バーテープで捲いてあるのが代名詞だと思っています。細いながらも、非常に持ちやすい感触でした。自然と手に馴染んでくるので、筆者のクロスバイクとは全然違いました。これなら長時間ライドも負担が掛からないのかもしれません。

シートの座り心地というか硬さは特に気になりませんでした。というより、むしろ座り心地としては結構良かったようにも思います。日頃、クロスバイクに乗っているせいで、小さくて固いシートに少しだけ慣れてきたのかもしれません。

クロスバイクを買う時に候補に挙がっていたGIANTのESCAPEに跨ってみたことがありますが、他のメーカーよりサドルが柔らかくて、非常に乗りやすいなと思ったことがあるので、ひょっとしたら、他ブランドのシートより若干柔らかめに設定されているのかもしれません。

レアな車種には特に憧れるもの

筆者は人と少し違ったものを持ちたいという意識の方が強いです。クロスバイクを選ぶときもそうでした。だからこそアフターメンテナンスでは苦労する面もありますが、やはりその感覚の方が個人的な好みだとつくづく思います。

クロスバイク

今回のクロスバイクはブランド名ではなく、フレームの形状で選びました。

仮にロードに乗る機会があるとしても同じ視点で選ぶのだろうと思っています。そういった視点で知人が選んだのかは分かりませんが、こういった選択肢もアリかもしれないと思っています。

『 JAVA SILURO 2 』 に乗る 「 ひゃっかいだん 」さんのブログ

やはり今のクロスバイクと同じブランドで行くならCalamita dueかもしれませんが、これから時間をかけて良いものを探していきたいと思っています。

クロスバイク

ブリヂストンのRNC7にも乗っています

この記事の初稿が2019年6月でした。

そして1年経った現在では友人から譲り受けたブリヂストンRNC7というロードバイクにも跨って自転車ライフを楽しんでいます。クロスバイクを手放した訳ではないので、ときどき乗り比べもして遊んでいます。

ロードバイク

クロスバイクもロードバイクも最高

クロスバイクがいいとか、ロードバイクがいいということではありません。別に自分自身が好きなものに乗ればいいと思います。クロスバイクしか乗ったことのない人にロードバイク独特のドロップハンドルや走行性能は、きっとクセになるはずなので要注意です。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!