【初心者向け】クロスバイク選びで迷ったら直感で選ぶことが正解への近道

健康のためにスポーツ自転車に乗ってみようと思いました。

スポーツ自転車の世界に一歩足を踏み入れてみると、ブランドの数が多いことに驚きます。

素人からしたら、どれにしたらいいのか分からない!

僕がどのようにクロスバイクを選んだのか、体験談を書かせてもらいます。

初心者のクロスバイク選びで大切にしたほうがいいこと

結論から言えば、もちろん最低限の知識は必要です。

でも、それはある程度のレベルまでの話。

これからクロスを買う人は、通勤・通学、ちょっとした移動に使いたいって人が多いはず。

  • クロスならスピードもそこそこ出るし、かっこいい!
  • ロードは高くて買えないから、クロスでいいや!

みたいな感じなのでは?

国内に流通している一般的なクロスの特徴としては

  • 50,000円の価格帯
  • 重量は10kgほど

そんな感じのものが多いことに気が付きます。

でも、店によって取扱いブランド・おすすめのブランドが異なることに気がつくもの。

おそらく営業方針や代理店などの利害関係もあるはずです。

最終判断はネットで調べようということで、Google検索するも…

「賛同するユーザー」vs「批判的なユーザー」の言い争いだけで、これまた参考になりません。

クチコミはマイナス内容の方が圧倒的に多いです。

クチコミの内容としては

  • フレーム特性
  • 日本製のパーツが使われているかどうか
  • ディレイラーのグレード

こういったところが争点でした。

これからクロスを始めようという人には、あまり意味のない情報です。

僕はこだわりがそれほど強くありません。

競技をするためのクロスバイクでもありません。

そういったことを意識するのは競技思考のロードバイクで十分です。

スポンサー広告

候補に挙げたクロスバイク(初心者向け)

予算の問題もあって乗り比べなんてできません。

仮に素晴らしい素材であったとしても、いまの僕の脚力では性能が活かしきれません。

僕は初心者ですし、ただの通勤ユーザーですので、1分1秒のタイムを争う人ではありません。

そういった前提があって、最終的に選択肢に残ったのは5つのブランドでした。

  1. GIANT(ESCAPE R3):高いコスパ
  2. GIOS(MISTRAL):Shimano製パーツの信頼感
  3. BRIDGESTONE(CYLVA F24):盗難補償が充実
  4. Khodaa Bloom(Rail 700A):Japanブランド
  5. NESTO(Limit 2-K):魅力的な新しいブランド

ロードバイクを買ったほうがいいかもしれないと迷いもありましたが、

  • 通勤距離がそんなに長くない(片道約10㎞)
  • パンクしやすいリスク
  • メンテナンスは基本的にお店任せの予定
  • 盗難に遭うリスク

などをいろいろ考えた結果、やっぱりロードではなくクロスを選びました。

片道20kmくらいあったとしたら、ロードを選んでいたかもしれません。

ひとめぼれした珍しいクロスバイク

先ほどの5つのモデルの中で、最有力はBRIDGESTONE(CYLVA F24)でした。

ところが思いがけない形のクロスを見つけてしまったのです。

最初は、なんか古臭い自転車のスタイルだなと思っていました。

でも見れば見るほど、なんともいえない深い味わいがあるクロスでした。

それが、ホリゾンタルフレームと呼ばれる形でした。

僕は人があまり持っていないものが大好きなので、余計に惹かれてしまいました。

マイナス評価だったところもいくつかありました。

  • フロントシングル(変速段数が少ない)
  • タイヤサイズが26インチ(なんか微妙なサイズ感)

でも個人的な評価としては断トツの1番でした。

スポンサー広告

チャオ(ciao)のスペック

カタログスペックは次の通りです。

  • フレーム/フォーク素材 : クロモリ
  • タイヤ : KENDA 26×1.5インチ
  • ブレーキ : Vブレーキシステム
  • メインコンポーネント : Shimano製
  • ハンドル/ステム : KALLOY製
  • ヘッドセット : VP製
  • シフター : シマノSL-M310
  • ブレーキレバー/ブレーキ :PROMAX製
  • リアディレイラー : Shimano ALTUS(8段)
  • クランク : フロントシングル 42T
  • スプロケット : CS-HG41 11-32T
  • シートポスト : KALLOY製
  • サドル : VERO製
  • チェーン : KMC製
  • ペダル : WELLGO製

今回はインターネット注文で、現物を見ることなく購入しました。

実際に間近で見ると、やっぱりホリゾンタルのなんともいえない渋さがあります。

少し離れて見ると、タイヤサイズが小さくてフレームと合っていないように見えます。

でも、街乗りなら不便を感じさせない構造です。

クロスバイク

【まとめ】まずは自分の好きなものを選ぶべき

クロスバイクを楽しみたいのであれば知識で選ぶよりも、自分の感性や趣向を重視した選択をするべきです。

結局は自分の好きなもの、気に入ったものを買うことが愛着にもつながります。

でも、それこそが長くモノを愛する原点なんだろうと思います。

友人とお揃いのもの、

個性を重視したもの、

性能的にロードバイクと遜色ないもの、

どれにしたっていいんです。

本人が愛着を持てるものであればいいんです。

長く乗っていけば、少なからず気に入らない部分も出てくるかもしれません。

そういったことも全部含めて、そのクロスの個性なのです。

まずは直感で好きなものを選ぶ方が後悔は少ないはず!

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

クロスバイク
最新情報をチェックしよう!