ミニベロロードも結構いい感じかもしれないと頭の中で急浮上してきた

クロスバイクに一度乗ればロードバイクに乗りたくなる日が近々やってくる。そんな定説を聞いたことがあります。人間の心理的なものなのかしれませんが、より速いものだったり、より格好いいものが気になるもの。筆者はレーシングカートに乗っていた時期がありますが、カートの世界でも新しいフレームや、よりパワーのあるエンジンを見ると憧れを抱いていたことを思い出しました。それらを買う・買わないというのはまた別の話になりますが、気になるものはどうしても気になるもの。最近、気になっているブランドの自転車を何個か挙げておきます。

完全ストリート仕様の個性派クロス

個性的なスタイルだし、街乗りでも十分楽しめそうだということで選んだカラミータ チャオというクロスバイク。街乗りや通勤というステージでは十分な性能を発揮してくれており、大きな不満はないですし、別に今後も早々に手放したりはしません。

なぜ、このクロスバイクを選んだのかという経緯については過去記事に書きました。

チャオに足りないものを挙げるとすれば、スピード感と26インチという特殊なタイヤサイズから来るアフターパーツの手に入れにくさではないでしょうか。

スポーツバイク初心者の筆者が恩恵を受けている点としては、フロントシングルの8速仕様なので、ギア周りに関するトラブルが今のところ発生していないことだと思います。

また、8速という限られたギアしかないので、適切なギア選びに迷うことがありません。これはこれで非常に助かるものであるし、通勤ユースやポタリングユースには十分すぎるほどだと思っています。

スポンサー広告

スポーツ自転車の王様はロードバイク

自転車競技の世界ではロードバイクが多いので、一般的な回答なのかもしれません。筆者自身もそう思っています。

たしかにあのスピード感あふれるフォルムは見ていて格好いいと思います。

競技としてのロードバイク人口の多さ、競技の多さを見ていても王様はロードバイクなのだろうと思います。サドルに跨っただけで、実際に試乗をしていないので分からない部分も多々ありますが、映像を見ていると、(乗り手の脚力は別論点として)やはり速いのは間違いありません。

ホリゾンタルフレームのチャオを買ったので、もしロードを買うのであればスローピングフレームが気になっています。賛否両論あるかと思いますが、ディープリムに対する憧れも強くあります。

財政事情から、ターゲットとなる金額はだいたい15万円以下であり、諸事情を考えるとやはり10万円以下が望ましいのが本音。競技への出走を考えているわけではないので、初心者でも難なく購入できることを一番の目的としています。

とあるネットショッピングサイトでは2万円台という破格のロードバイクも存在しますが、とにかく安ければいいというものでもなく、質も重視したいところです。

どちらかといえば、筆者自身が初心者なので初心者の味方になりたいと思っています。

ロードバイク

個人的にはカラーリングも全体的なシルエットも好きなロードバイクです。ネットを見ていても評価が高いブランドの1つです。また、車好きなら分かると思いますが、ポルシェカレラと同じスペルでカレラ(CARRERA)ということも気になる要因の1つなのかもしれません。

ワイヤがフレームの中を通っており、見た目も非常にすっきりしているのも筆者にとっては大きくプラス加点対象です。普段、自転車に乗っていればワイヤがフレームに当たり、傷がついてしまうのは当然だからです。

一般的な店舗ではあまりお目にかかれないブランドなので、近所のお店で容易に購入できるか分かりませんが、今非常に気になっているブランドの1つです。

個性で考えるとミニベロロードがNo.1

もともとミニベロという分類の自転車があることは知っていました。これはこれで深い味わいがあるなと思うようになってきたのは本当につい最近のことです。初めて見た時は、タイヤが小径であり、前に進む力が弱そうで、漕ぐのが大変そうだと偏見の目で見ていました。

勉強不足で恥ずかしいですが、ミニベロの中にロードタイプの自転車があるということを初めて知りました。要するに、ドロップハンドルで走行性能を重視したタイプということになります。

チャオを買う時に最後まで迷っていたブランドがTern(ターン)なのですが、自転車のシルエット的には最高なブランドだと今でも思っています。

パッと見た時に、ひとめぼれしたのはSurge Proですが、値段的にはちょっと躊躇してしまう価格帯になります。ちなみに前述のカレラよりも高価です。

ミニベロロード

1グレード落としてSurgeという選択肢もありますが、見栄えは全然違います。Proの方がよりディープリム、スポークの形状・本数などの見た目ですぐ判別がつきます。よりレーシーな感じに見えるのは筆者だけかもしれませんね。

ミニベロロード

もちろん価格が全然違うので、乗り手が何を重視するかではないでしょうか。

長距離巡行やスピードを求めるのであれば、とにかくロードバイクがセオリーです。しかし、ミニベロはミニベロで深い味わいがあります。ミニベロでも長距離巡航に使っている人もいると聞きます。

ミニベロはタイヤ径が小さいので漕ぎ出しはロード以上だが、速度維持という面ではやはり劣るもの。ロードではなんてことない段差や路面ギャップでも、ミニベロだと注意を払わなければいけないというのも基本だと聞きます。

どこかの記事で拝見したが、ミニベロは個性派というかちょっとオシャレな人が乗っているという内容もなんとなく理解のできるところです。人と違うものが欲しいという方にはぴったりかもしれない。まさしく、人と違うもの好きの筆者にはたまらない自転車です。

スポンサー広告

人と違った自転車ライフもおすすめ

筆者はコテコテのロード派ではありません。

いろいろ見ていく中で、ミニベロに惹かれつつあります。というか、むしろ欲しいと思っています。自転車は乗り手の脚力だ、と言われているのを知り、強がってクロスバイクを購入した経緯もあるが、クロスを選択したことに対して後悔はしていません。

走りには不利と言われるミニベロでロードバイクに挑んで大会で入賞しているという強者もいると聞きます。クロスバイクの車種選びでも書きました、結局は本人がどの自転車に愛着を感じて、大切に乗っていくかだけなのだろうと思います。

自転車選びの段階でもとても楽しいし、まだまだ筆者の自転車ライフは続きそうです。人と違ったものをあえて選ぶという選択肢も素敵だと思います。

上や横をみれば欲が高まるだけ

上を見ても、自分と違うものを見ても、自分のものにはない長所をもつ物には誰もが憧れるものです。

でも、なんでもかんでも欲しいというのでは困ります。

最近、筆者はロードバイクが欲しくなり、たまたま格安で友人から譲り受けることができました。試しに乗ってみてますます気に入れば、新しいロードバイクを購入を検討したいと思っています。

でもやっぱりミニベロロードも気になります。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!