自転車のタイヤからはみ出した繊維質は何だろうかと不安を覚えた話

なかなか自転車に乗れない日々が続いてしまいました。1番の原因は天候が悪いということにつきますが、私用などいろいろな原因がありました。久しぶりに乗る気マンマンで事前の準備していたところ、タイヤのバルブが脱けてしまうアクシデントが発生。後日、専用工具を使えば難なく差し込みができるということが分かり、そのアクシデントからも無事に復活。安心していたところ、別の予想外のアクシデントが発生してしまいました。タイヤ自体は消耗品だからと捉えるべきでしょうか。

トレッド表面のクラックが酷くなった

クラックについては表面だけの問題として捉えてきました。屋外で保管していること、半月近く乗っていなかったこと、要因はいろいろあるのでしょう。

構造上、タイヤの転がる方向(要するに、真っ直ぐにしてみて縦方向)のクラックに対しては、消耗品であるし、これくらい仕方ないレベルなのではないかと思っています。ゴム表面の劣化というものもあるだろうし、自分の中では正直、許容範囲内のこととして捉えています。

では、横方向のクラックに対してはどうなのでしょうか。道で何かを踏んだとか、段差を越える時についてしまったのではないでしょうか。実際に映像を見ると、結構大きな亀裂が入っています。

しかし、幸いなことにクラックの深さはそれほどでもなさそうです。しばらく様子見で使ってみようとは思いますが、見栄えは良くありません。

スポンサー広告

サイドウォールのトラブルまで発生

タイヤ繊維みたいなものが剥がれるトラブルも起きてしまいました。事の発端は、先日タイヤバルブが外れてしまった一件から始まります。

久しぶりにライドを楽しもうと前日夜にエアを入れる際に、バルブが固すぎて回らないアクシデントが発生。うまくエアを入れることができずに、コリコリとバルブを回していたところ、自分の不注意もあって、バルブが取れてしまったのです。

手の力だけでは、なかなか再度差し込むことができませんでした。

翌日、購入店舗であるサイクルベースあさひで店長さんに直してもらいました。どうやら専用工具があれば、とても簡単に差せることが分かり、万が一のことを考えて、そのうち手に入れておかなければと思いました。

あたりまえですが、空気が完全に抜けてしまったタイヤはたわみが大きく、そのときには既にサイドウォールにトラブルがあったのだろうと思われます。タイヤにエアを入れなおした時に、変な風に噛みこんでしまって、下の写真のようになってしまいました。

それよりも嫌なのがタイヤの構成繊維らしきものの剥がれです。1本、スーっと簡単に剥がすことができてしまうのです。多分、まだまだ剥がれそうですが、さらなるトラブルが怖いので触らずにそのままにしておくことにします。

実際の様子は動画を見てもらえれば分かると思います。メリメリメリっと嫌な音を立てて剥がれていきます。

しばらく様子をみることにしました

だれの書き込みかは忘れてしまいましたが、どこかのネット記事で自転車のタイヤは寿命が3,000kmなどといったものを見たことがあります。筆者のシュワルベ KOJAKはまだ1,200kmくらいなので限界としてはまだまだ先の話です。

今のクラックの入り方を見ると、まだ倍以上もタイヤが持ちこたえるとは思えませんが、とりあえずもう少し限界が見えるまでは頑張らせてみるつもりです。

他にトラブルが発生すれば、別の記事で取り上げてみたいと思っている。

なお次はKOJAKの1.35よりも細いタイヤを履こうと考えています。候補は決まっているが、また履いた時にレビュー含めて、ここで書いてみようと思っています。

スポンサー広告

フレッシュなタイヤの方が安心できる

今回はタイヤのサイドウォールから出ている繊維について取り上げました。

タイヤは自転車の中で、唯一路面と接する部分になるので無用なトラブルを避けるためにも、新しいタイヤである方が望ましいものです。

今回のトラブルが出てからしばらく経ちますが、いまのところ大きなトラブルには繋がっていないが、近いうちにタイヤ交換しようと思っています。安心のためにも。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!