クロスバイクのもっさりしたタイヤをスリックタイヤに変更してみた

小さいころから大好きだったレーシングゲーム。テレビでモータースポーツも時々観ていましたが、そこで目にしていたのはツルツルのレーシングタイヤでした。スリックタイヤと呼ばれるタイヤこそが最速だと思ってきました。ただ、日常生活ではまず見ることがなく、サーキットに行かないとお目にかかれません。自転車は別として、公道でスリックタイヤを使うことは道路交通法上は禁止されています。車でスリックタイヤを履く場所はサーキット限定ということになりますが、非日常的な場所だからこその高揚感や雰囲気も相まって、履く方も見る方も余計にテンションが上がるのだろうと思います。

自転車にスリックタイヤは不要論

通勤や通学で使うということであれば、スリックよりも耐パンク性能を重視した方がもっと実用的です。パンクのリスクがあること、またパンクしてしまった際は遅刻に繋がる恐れがあるからです。

筆者が乗っているチャオというクロスバイクは街乗り層をメインターゲットにしているため、多少の悪路であってもそこそこ走れる溝付きのタイヤが純正装備されています。

実際にチャオに純正装備されているタイヤはこんな感じです。

KENDA

ビジュアル面と転がり抵抗を重視していたため、早々に純正装備の溝付きでゴツゴツ、もっさりしたタイヤを替えたいなと思っていました。

市場に出回っている溝付きタイヤでも、転がり抵抗の少ないタイヤがあると聞いたことがありますので、走行性能だけを追い求めるのであれば、別にスリックにする必要性は低いかもしれません。

スポンサー広告

チャオというクロスバイクについて

まずフレーム形状としてはホリゾンタルフレームと呼ばれるタイプで、地面に対して水平(ホリゾンタル)のトップチューブを持ちます。ホリゾンタルフレームは、どのブランドもパイプが全体的には細く成形されています。

素材はクロモリなのでアルミに比べて剛性が高く、細いパイプ構造でも全く問題ないとのことです。そのせいもあって、タイヤが余計に太く、もっさりして見えてしまいます。

見た目通りのインプレッションになりますが、走り出しは期待を裏切らず、もっさりしていて重たいと感じます。低速ギアにしてもそう感じます。

筆者のリサーチ力不足もあるとは思いますがだろうが、ネットで純正装備品と同等の製品を見つけることができませんでした。かろうじて見つけたのがこちらのタイヤになります。

おそらく純正装備なので、品名がないタイヤを自転車メーカーに直接納入しているのだろうと思います。

データを見ると、555gの重量なのでスポーツバイク用のタイヤとしては相当重い部類に入ります。タイヤの太さもあるのだろうが、ひょっとしたら耐パンク性能を高めているせいかもしれませんね。

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置するので、よりマウンテンバイクの色が濃く反映されたタイヤであることも要因なのかもしれません。

クロスバイクタイヤ

KWICK TENDRILと同じタイヤかどうかは分かりませんが、この純正装備タイヤも耐パンク性能はそこそこありそうですね。

以前、走行中に段差に引っかけてしまったことがありましたが、幸いにもパンクはしませんでした。その時のキズが痛々しくサイドウォールに残っています。全体的に肉厚に成型されているのだろうと想像できます。

パンクのしにくさについては、街乗りユーザーとしては本当にありがたいですし、一番重視されている項目かもしれません。

スリックタイヤに変更するメリット

カテゴリーにもよりますが、モータースポーツにおけるドライコンディションのレースではスリックタイヤが用いられます。本来は溝の部分も全部ゴムにすることによって、最大限のグリップ力を確保しようとしているからです。

記事のトップに出てきた写真は筆者がカートレースに出ていた時のものです。

スポンサー広告

モータースポーツでの話

余談ですがモータースポーツは、本当に贅沢なもので新品タイヤは、「原則」として次のレースで使用することはありません。

同じ形式のエンジンを使うことがレギュレーションで決められていたり、同じマテリアルを使用して他人と競う以上、人よりわざわざ劣った状態でスタートラインに立つことなどナンセンスなのです。

高い格式のレースになるほど資金的に厳しい人はよほどのことがない限り、表彰台から自然と遠のいてしまう厳しい世界なのです。

レーシングスリック

スリックタイヤには溝がなく、残りの使用限度の判別ができないため、トレッド面には凹部があります。(レーシングカート用タイヤは赤マーク部分)自動車用タイヤでいうとスリップサインみたいな感じで使います。

少し話が逸れてしまいましたが、スリックタイヤの特性上、考えられるメリットとしては2つです。転がり抵抗の少なさ、最大限のグリップ力の確保です。

ちなみに、溝がないため排水性は全くありません。ちょっとでも路面が濡れているだけでタイヤが滑ってしまい、まっすぐ走ることが困難になってしまう。止まることも困難になります。

クロスバイクでの話

いままでの話はモータースポーツでの話です。自転車となれば別の話で、乗り手がすぐに感じ取れるようなメリットはありません。

平均スピードが20~25㎞/hといわれるクロスバイクの世界では、乗り手に伝わる情報としては微々たるものなのだろうと思います。また、一度の走行距離が10㎞以内の通勤ユーザーにとってはスリックにする恩恵はほとんどないのかもしれませんね。

筆者が思うのは、モチベーションのアップに繋がるかどうかだけではないでしょうか。ただ、こちらも正直、客観的に考えれば特に大きなメリットはないと思っています。

簡単に言ってしまえば、好き嫌いの問題だと思う。

先ほどモータースポーツのスリックタイヤには排水性がないと書きました。

筆者はクロスバイクで数回、雨天の中で走行をしたことがありますが、普通に走っていれば滑ることはなかった。鉄板の上でも普通に走っていて怖い思いをしたことはありません。

だからと言って無茶苦茶な運転をしていると滑る可能性は非常に高いので気を付けた方がいいです。

耐パンク性能、転がり抵抗どちらを重視するか

どちらかを重視するかは人の好みによって分かれるはずです。

耐パンク性能で評価が高いと聞く、「SCHWALBE MARATHON(シュワルベ マラソン)」非常にメジャーな存在ですよね。

さすがの耐パンク性能で、ケブラーガードを採用しているとのことです。カタログによれば、耐パンク材が3㎜の厚さで施されています。でも、さすがの重量級で数値で730gになります。

同じメーカーが製造販売しているスリックタイヤと見比べてみます。「SCHWALBE KOJAK(シュワルベ コジャック)」というタイヤです。

こちらのサイズは26×1.35インチ。ちなみに重量は、さすがの395gという値で、マラソンの約半分しかありません。軽量級ということもあり、走り出しはスムーズな加速を見せてくれそうな見た目ですね。

意外だったのは値段です。

もちろん最安値ショップを探していけば、結果は変わるのかもしれませんが、実用性に長けたマラソンの方が高いと思っていたので、スリックの方が値段としては高くて驚きました。

需要供給バランスなのか分からないが、意外な結果でした。

大きな価格差もないし、こういう結果であれば、自身の好きな方を選択すれば良いと個人的には思います。

自分の好きな方を選ぶのが一番

付いているパーツ1つ1つにダメ出しをしたり、メリットを追い求めていくのではなく、まずは自身の好きな方向性に自転車を合わせていくような楽しみ方をしてみるほうがいいと思います。

車のタイヤでもそうだが、走ることが好きな人は結構お気に入りのブランドがあったりするものです。そのブランドの中で、自分が好きな銘柄を見つけて乗り続けるのもいいし、同じ系統のタイヤでいろいろなブランドの乗り比べをするのもいいし、いろいろな楽しみ方をしてみたいものです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

カートタイヤ
最新情報をチェックしよう!