クロスバイクのノーマルタイヤをツルツルのスリックに替えてみました

溝のないツルツルのスリックタイヤだったり、細いタイヤの方が全体的な見栄えがよくて、ずっとタイヤを交換をしたいと思っていたものの、トラブルがない以上は交換するきっかけがないものです。不謹慎な言い方かもしれませんが、そろそろマイカーを替えたいと考えている人が軽い事故や車検をきっかけに買い替えるのと同じような感覚だと思っています。もちろん、わざとパンクさせたわけではありません、たまたまのアクシデントだったのです。また、パンクする時というのは、とてもあっけなくて、釘を踏んでしまった記憶など一切ないものなのだということもよく分かりました。

通勤途中でパンクも気づいたのは退勤時

無事、出勤ができて、仕事中に空気が抜けていたのは唯一の救いだったかもしれません。とはいっても、仕事が終わってパンクに気が付いた時のショックというか喪失感みたいなものは非常に大きかったです。

パンク

真っ暗な駐輪場での支度が終わり、何も知らずにクロスバイクに跨って、体重をかけた瞬間に「あっ、様子がおかしい」とすぐに分かりました。

夜間だったため、スマホのライトを照らしてみたところ、原因がすぐに分かりました。タイヤから釘の頭がはっきり出ていたのです。キラッと光ったのです。

筆者には踏んだ記憶は一切ないのですが、パンクとは今までもそういったものだったなと自分なりに納得してしまいました。

路面ギャップでの不用意なパンクを避けるために、日ごろから空気圧管理には十分気は配っている方だと思っていましたが、やはり釘が相手ではタイヤのゴムは無力でした。

こういった時にパンクガードの入ったタイヤだとどれくらい違うのか本当に実験してみたいものですね。正直な意見としては、釘が相手では少し半信半疑な気もしています。

スポンサー広告

釘が相手ではタイヤは無力

パンク

翌朝、明るいところでもう一回見てみるとトレッド面から刺さり、サイドウォールから釘が貫通しているのがすぐに分かりました。こうなってしまってはどんなタイヤも無力ですよね。

スポーツバイクに乗り初めて間もない経験ということで、自分でタイヤ交換ができないこともあって、今回は買った店舗で見てもらうことにしました。

パンク修理に便乗、スリックタイヤへ交換

さきほどの写真から当然のことですが、タイヤ同様チューブにも2ヶ所の穴が開いていました。位置的に1枚のパッチをぴったり貼れないとのことで、どうやらパンク修理としては難しい部類に入るようでした。

ひょっとしたら営業トークかもしれませんが、とりあえず思い切ってチューブは交換することにしました。

スポンサー広告

新しいタイヤ選択してみました

もともと付いていたチューブサイズは26×1.5~のものだったので直して使った場合には細いタイヤは履けません。そこで、細いタイヤが履けるようにチューブはワンサイズ落とした(細くした)ものをチョイスしました。

お店のスタッフにはもともとタイヤを替えるつもりであることを事前に伝えていたため、無理に直さなかったのかもしれません。

今回、用意したチューブはシュワルベ製の26×1.00-1.50インチサイズのものです。

あとはタイヤをどうするか。でも、今回はスリックタイヤしか頭になかったため、選択肢としては筆者の中で3つに絞られていました。

その中で、いちばん最初に除外したのは、パナレーサーのクローザープラス。パンクしやすいとの話を聞き、今の筆者にはまだ早いかもしれないと思ったからです。

でも、実は3つの選択肢の中で一番格安だったクローザープラス。タイヤ幅も狭く、軽快な走りが出来るのではないかと思っているので、かなり前向きに購入を検討していたのも事実です。

残ったタイヤのどちらを選ぶかだけだったが、ここからいろいろありました。

モータースポーツ好きの筆者としてはサイドウォールのミシュランロゴはたまらないものがあります。そこで今回、2つの大手ショップで購入をお願いしてみたものの、メーカー在庫がないということで断られてしまいました。

それがミシュラン ワイルドランナー。

ちなみに2店舗とも全国展開している大きな店舗でした。これらの店舗でも調達できないということは相当なレベルの欠品状態なのだろうと思います。

シュワルベ コジャックを買いました

そして実際に購入したのが、チューブと同じブランドのシュワルベ コジャック。こちらもサイドのロゴはなかなか格好いいと思っています。最初だけかもしれませんが、幾何学模様の表面加工にもなんとなく惹かれるものがあります。

スリックタイヤ

タイヤ幅サイズは今までの1.5インチから1.35インチにワンサイズダウンしました。それだけでも見た目は案外すっきりしたので、実際に写真を比べてみてください。

KENDA

タイヤ変更前の溝付きタイヤはKENDAのタイヤの写真です。

SCHWALBE  KOJAK

タイヤ変更後のスリックタイヤはSCHWALBEのタイヤです。

角度が若干違い、比較しづらいかと思いますが、スリックタイヤなのでビジュアル的にはすっきりしています。ワンサイズダウンであっても満足できる見た目になっています。

ちなみにサイドのロゴは反射材が入っていて、夜間のライドでは助けてもらえます。

KOJAK

コジャックの26インチにおけるラインナップとしては×1.35インチ、×2.00インチがあります。タイヤが細ければ細いほど、走り出しも軽快です。マウンテンバイクで軽快な走り出しを求めている人にも十分おすすめできます。

また、27.5×1.35インチというサイズもあるようです。ジャイアントのマウンテンバイクにも使えるサイズですね。

ちなみに26インチのタイヤは市場としてはかなりマイナーな部類で、クロスバイクとしては700cサイズの方が一般的なようです。そうした背景もあり、ネットのクチコミの中に、タイヤ選びで苦労するという書き込みを見たことがあります。

今回、いろいろ経験して分かった「苦労する」というのは選択肢が狭いということ、メーカー在庫がないことです。

筆者のように、スリックタイヤを選ぶとなるとラインナップとしてはごくわずかに限られてしまいます。とはいっても選択肢がないわけではありません。数少ないラインナップでお気に入りのものを見つけることができればいいのです。

あまり気にすることもないのかもしれないが、少し参考になればと思って書かせてもらいました。

ある程度、手に入りやすい自転車用のスリックタイヤはSCHWALBEコジャックかパナレーサークローザープラスの2つです。

最後は、自分が満足できるのであればそれを選べばいいのです。

KENDAタイヤ
最新情報をチェックしよう!