白いサイクルジャージに見られる体の透けは世間から見て大丈夫なのか

白いスポーツウエアって透けるのが気になりませんか?

夏シーズンに着る薄い服は体の透けが気になるものですよね。

サイクルジャージもその例外ではありません。

男性の僕が着たとしても気になります。

自宅を出発して、どこにも寄らずに帰るだけなら大丈夫!

でも、白いジャージを着たまま、人の集まるところに行けますか?

男性なので許されるとも言われますが、実際はどうなのでしょうか。

ちなみに僕は年齢的にも、性格的にも体の透けは気にします。

たまたま見つけたジャージが白色だった

スポーツデポのアウトレット品でした。

3,000円ほどで安く手に入ったサイクルジャージです。

白地に黒、白地に赤の2種類ありましたが、好みの赤にしました。

Tシャツでも同じことが言えますが、汗をかくと気になってくるのが「体の透け」です。

僕は40代ですので、エチケットを気にしてしまいます。

レースでよく着用されている大きなロゴ入りであれば、隠れるかもしれませんが、今回のようなデザインのものでは少し厳しいです。

スポンサー広告

実際に着用した様子

実際に着用してみました。

まずは、下になにも着ずに着用した場合です。

姿勢はふつうにしていますが、ぼんやりと透けてしまうものです。

これくらいであれば、なんとなく分かってしまいます。

少し体をそらすと、より鮮明に透けてしまいます。

汗で湿気を含むと、もっと鮮明に透けてしまうはずです。

僕自身が他人の姿を見た時には、あまり好ましくないなと思ってしまいます。

ということは、見る人によっては嫌われるレベルなのです。

インナーを使うメリットとデメリット

今度はインナーを1枚着る前と着た後での違いを見比べてみてください。

黒いタンクトップを使いました。

量販店で売っているような綿100%のものです。

まずはインナーを着た状態です。

胸元のファスナーのところから、インナーを着ていることはすぐお分かり頂けるかと思います。

通気性は一気に悪くなり、冷感の良さはなくなってしまいました。

吸水性はインナーによって保たれます。

このスタイルであればどこに立ち寄るにしても全然問題ありません。

接写しても、肌が透けていません。

最後は下になにも着なかった時の写真です。

ずっとこの姿勢を維持することは、なかなか難しいですよね。

スポンサー広告

人による感覚の違いには気を付けるべき

目の前にいる人の肌が服から透けている場合に、気になる・気にならないは相手の受け方しだいです。

自身がそういった服を着ていて、相手からどのように見られているのか気になる・気にならないも、結局は個人の感覚の問題なのです。

でも1つ言えることは、気にする人が間違いなく一定数いるということ。

たとえごく少数でも、気にする人がいる以上は気を付けるべきです。

肌が透けるということだけで白いサイクルジャージを否定しているわけではありません。

欲しい色を諦めることなく、一工夫加えれば問題がなくなることもありますので、是非試してみてください。

【まとめ】白いサイクルジャージは間違いなく透ける

僕としては、スポーツウエアとはいえ、肌の透けはあまりよろしくないと思っています。

写真のとおり、白いサイクルジャージは体が透けて見えます。

さらに汗をかけば、透け具合は間違いなくアップします。

僕は恥ずかしさが先行してしまいます。

まだまだ着慣れていないせいかもしれません。

人によって価値観は異なりますが、少しでも気になるのであればインナーの使用をおすすめします。

みんながお互いに配慮しあいたいものです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!