白いサイクルジャージに見られる体の透けは世間から見て大丈夫なのか

夏に着る白い衣服は体が透けないか気になるものですよね。サイクルジャージもその例外ではなく、男性の筆者が着たとしてもかなり気になるものです。トレーニングとして1日自転車に乗り続けて、どこにも寄ることなく、自宅に帰るだけであれば気にすることもありません。でも、白いサイクルジャージを着たまま、どこか人の集まるところに行けるものでしょうか。男性だからこそ許される、とも言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。ちなみに筆者は年齢的にも、性格的にも透けは気にする方です。

たまたま見つけたサイクルジャージが白基調だった

税込で約3,300円とスポーツデポのオリジナルブランドだけあってそれなりに安く手に入りました。同一価格では白地に黒、白地に赤の2種類でしたが、個人的には赤の方が好きなだけあって写真のものにしました。

Tシャツなんかでも同じことが言えますが、汗をかくと気になるのが「体の透け」だったりします。

筆者は、もう40代になりますので、やはり男というか人としてのエチケット的なところから気にしてしまいます。プロレースでよく着用されている大きなロゴ入りであれば、まだ隠れるかもしれませんが、今回のようなデザインのものでは少し厳しいです。

スポンサー広告

実際に着用した様子

白いサイクルジャージの透けが一般的にどうなのかなと思って実際に着用してみました。写真で見てみてください。

まずは普通に着用した場合です。当然下には何も着ていません。姿勢はごくごく普通にしていますが、やはり薄くぼんやりと透けてしまうものです。

少し胸を反った姿勢を取れば、より鮮明に透けてしまいます。汗で濡れれば、もっと鮮明に透けることは簡単に想像がつきます。

筆者自身が街中でこういった他人の姿を見た時には、あまり好ましくないなと思ってしまいます。ということは、見る人によっては嫌われるレベルですね。

インナーを着るメリットとデメリット

ほぼ同じ姿勢で写真をインナーを1枚着る前と着た後でのようすを見比べてみてください。今回は黒いタンクトップを使いました。

まずはインナーを着ている場合の写真から。

胸元のファスナーのところからも黒のインナーを着ていることはすぐお分かり頂けるかと思います。

着ることで通気性は一気に悪くなり、冷感生地をウリにしているサイクルジャージの良さがどこかに消えてしまいました。インナー自体の汗の吸水性は良かったです。

このスタイルであればどこに立ち寄るにしても全然問題ありません。

接写してみても、肌が透けていないことが一目瞭然ですね。

ちなみに下には何も着なかった時の写真です。ずっとこの姿勢を維持できればいいのですが、正直なかなか難しいですよね。

スポンサー広告

結局は感覚の違いだけかもしれない

目の前にいる人の肌が服から透けている場合に、気になる・気にならないは相手の受け方しだいですよね。自身がそういった服を着ていて、相手からどのように見られているのか気になる・気にならないも、結局は個人の感覚の問題なのかもしれません。

でも1つ言えることは、気にする人が間違いなく一定数いるということ。たとえごく少数であっても、いる以上は気を付けなければいけないのがエチケットと言えます。

筆者としては肌が透けるからという理由だけで白いサイクルジャージを否定しているわけではありません。欲しい色を諦めることなく、一工夫加えれば問題がなくなることもありますので、是非お試しください。

白いサイクルジャージは間違いなく透ける

筆者の個人的意見としては、スポーツ用のサイクルジャージとはいえ、肌の透けはあまりよろしくないと思っています。

写真で見てもらった通り、白いサイクルジャージは体が透けて見えます。汗をかけば、透けは間違いなくアップします。

筆者としては恥ずかしさが先行してしまいます。まだまだ着慣れていないせいかもしれません。またガード付きのパンツを思い切って購入できないのも、こういった恥ずかしさがあるからです。

人によって価値観は異なりますが、少しでも気になるのであればインナーの使用をおすすめします。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!