わざわざ大学名を完全無視して採用活動をする意味ってあるのだろうか

会社に長いこと在籍していると、採用や教育などといったことにも関わる機会が出てくるものです。現在は採用コンサルタントみたいな感じの仕事をしていますが、採用の面でも、人材育成の面でも「正解」という選択肢はなくて、より正解だと思われる選択肢を見つけていかなければならない場面が多いなと思います。採用や教育は、そのときのトレンドみたいなものがあり、十数年前は「就職氷河期」、ここ近年は「ゆとり世代」「さとり世代」や「売り手市場」などが挙げられます。現在、主流は大学名を考慮しない採用活動ですが、新卒採用の在り方を再度見直す時期に来たのかもしれないと感じるようにもなりました。

最近の求人状況をかんたんに説明

ここ数年は学生のほうに分があり、求人倍率も高い状態で推移しています。

求人倍率が高いということは、数字上だけでいえば比較的仕事選びには困らない状況が続いているということです。ということは会社側にとっては、思い通りの学生が採用できず、採用も人材育成も大きな課題を抱えて事業運営しているケースが多いです。

とはいっても大手企業と中小企業の採用難易度はやはり違うものです。

筆者は中小企業に勤務していますが、中小にとっては採用数に満たなくても仕方ないと捉えるか、ある程度採用基準を落として採用数を維持していくしかないのです。

どちらかと言えば採用基準を落として、その後に育成が上手く行くかもしれないという淡い期待を抱いて採用活動を進めている会社や人事担当者の方が多くあるのではないでしょうか。

スポンサー広告

学生と接していて感じること

昨今、大学生でも基礎学力の低下が叫ばれています。

もちろん上位校はちがいますが、大学全入時代と称されるようになったことや、教育カリキュラム等の変更が原因なのかもしれません。筆者は教育専門家ではないので、詳細はそういった人の記事に委ねたいと思います。

一部の大学は依然として偏差値が高いままですし、ユニークな人材を多く輩出していることも知られています。あくまでも全体の傾向的な話です。

あくまでも偏差値が高いから良い、低いから悪い、という次元の話がしたいのではありません。ただ、基礎的な問題解決力や次のステージとしての問題発見力、応用力などは学力と比例しているのではないかと最近強く感じるようになったのは事実です。

筆者はもともと学歴や学校名は、それほど気にしない立場でしたが、ここ数年は学力というものの素養が大事だと思うことが多々出てきました。

なぜ筆記試験を実施しているのか

仮に大学名を考慮しない採用を実施するとしても、筆記試験を実施せずに面接だけで採否を決めることは、リスクとしては高いものがあります。

ベテランの面接官であれば、面接の問答だけである程度の素養を見抜くことができるのかもしれませんが、ごくごく一般的な力量の面接官にはまだまだ難しいことです。

判断材料が少ない中で新卒採用をしていくことには会社側も不安があるからこそ、筆記試験や適性検査を実施するのです。

スポンサー広告

時代の変化が原因かもしれない

良い悪いという論点での話ではありませんが、子育ての方法が変わってきて、ストレス耐性があまり高くない人が多くなってきたと評されることも多いです。

一方、のびのびした独自の発想を持つ子も多いのも事実。

基礎学力以外の面でもいろいろ変化があるなと実感しています。筆者の周りにはのびのびした独自の発想を持つタイプの人が多くて、逆に刺激を受けます。

筆者が学生の頃は詰め込み教育だったこともあり、型にはまったスタイルの人間も多かったように思います。今ではふつうにできることが当時では主流から外れているなどと評されたことも多々ありました。

ユニークさが好まれない時代背景でしたからね。

一部の企業が大学名や偏差値で採用をすすめる理由

一般論として、偏差値が高いということは基礎学力も踏まえて、ビジネス素養がある可能性が高い傾向にあるということです。語学にしても、数的処理にしても、これが実態ではないでしょうか。

もちろん、花を咲かすことができるかは周りの環境の問題が一番大切です。

大学で勉強した専門領域を、入社時からそのまま会社で使うことは、あまりないものです。もちろんその領域にもよります。また、学力とコミュニケーションスキルは別物で、職種が変われば通用しなくなることもよくある話です。

学力素養の面で、わざわざ教えることが少ない利点を考えたり、可能性論の話を突き詰めれば、大学名や偏差値で採用をすすめていく理由もなんとなく想像がつくものです。

上場企業役員の出身大学名一覧を見ていると、なるほどと思うことがあるものです。国家公務員試験の合格者数実績も同じことが言えるのかもしれません。

元・新卒採用の担当者からの意見

大手企業しか興味のない学生であれば、それを見据えて偏差値の高い大学に通うのがまずは一番の最短ルートだと思います。

下手すると何万という学生が母集団を形成する企業では、書類選考で弾かれることも多々あるものです。俗に言う、「学歴フィルタ」というやつです。

酷な言い方かもしれないが、同じ土俵に上がるには、実際のところ大学名もある程度は大事なのです。

では有名大学ではないから世間で通用しないかと言われれば、もちろんそうではありません。学力だけが全てではありません。「社会」というものにひとたび出てしまえば、学力よりもコミュニケーションスキルや要領の良さの方が重視される会社や職種も大いにあります。

自身の能力、環境への適応力、職場環境(会社・人)の3つが揃ってはじめて人が育つことを忘れずにいたいものです。

無理して大学名を無視する必要はない

学歴フィルタと呼ばれるように一定の偏差値の大学に通っていない時点で選考の土俵に上げない企業はあると聞きます。一方で、大学名を無視して選考を行う企業もあります。

正直、会社の方針なのでどちらが良だとか悪だといった議論は意味がありません。

学歴フィルタは差別ではないかという指摘もありますが、企業の採用なのだから「基本的には」自由ですし、それはその企業が決めればいいことだろうと思います。差別だという声を反映して、大学名を無視しますと公言する必要もありません。内部統治の問題です。

ただ、筆者としては、ある程度大学名は大事ではないかと思っています。ただ、「ある程度は」です。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!