クロスバイクのスリックタイヤのサイドウォールに発生したクラック

念願のスリックタイヤとしてSCHWALBEブランドのKOJAKを選択しました。タイヤ交換をしてこれで700km近くになります。先日、ボトルケージの取り付けをした時に、ちょうどいい機会だということで久々にフレームを掃除していたら、気が付いてしまいました。よく見るとタイヤのサイドウォールにクラックが見つかったのです。見た目の印象としては、自動車などでも長年履き続けているタイヤに発生するクラックのようでした。タイヤ自体のクラックは決して珍しいことではないと思いますが、原因は何で、そのまま履いていても大丈夫なのか不安にもなったので記事にしました。

筆者にはメリットいっぱいのスリックタイヤ

純正で装着されていたタイヤからスリックタイヤに交換して、筆者自身としてはたくさんの恩恵を受けていると思っています。気持ちの面でも、実際の走りの面でも、コジャックを選んでよかったと思っています。乗り比べについては過去記事に書かせていただきましたので、お時間のある方はお読みください。

最初、チャオを購入した時にクロスバイクの空気圧は最低でも1週間に1回はチェックするべきだと言われ、筆者は2日に1回の頻度でチェックしてきました。

タイヤの転がり抵抗のことを考えれば、多分きっと空気圧が高い方がいいのではないかという素人的な発想を持っています。

自転車のタイヤでは正直限度があるのかもしれませんが、空気圧の高い方がゴムのたわみが少なく転がり抵抗が低い(=より転がりやすい)と思っています。その分、乗り心地が硬いのかもしれませんが、筆者としては全然気になるレベルではありません。

むしろそういった乗り心地のほうが、乗っている感が強くて好きだったりします。筆者はマイカーでも同じことを考えていて、空気圧は少し高めに設定しています。

クラックなし

空気圧を高くしているとはいっても、きちんとサイドウォールに記載されている適正な範囲内の中での話。過度に上げるようなことは一切していません。タイヤに記載されている上限の6.5Barまでは空気を入れています。

created by Rinker
パナレーサー(Panaracer)
スポンサー広告

偶然発見したサイドウォールのクラック

冒頭にも書きましたが、KOJAKに交換してから700kmくらいの走行距離でした。屋外での保管ということを考慮しても、劣化するには少々早い気がします。先日、子どもの自転車にアタックされて壊れたボトルケージを取り換えようとした際に、たまたま気づいてしまったのです。

最近は、仕事から帰ってきたときに翌日のために空気を入れており、長いこと明るい場所でじっくりクロスバイクを見てこなかったので、今回気付けたことはある意味、運が良かったのかもしれません。

新しいボトルケージを取り付ける際に、ブレーキ周りの掃除も一緒にしておこうと思って見回していたら、タイヤにクラックが入っていたのです。2~3週間前に撮った写真にはクラックは1つも見当たりませんでした。

2~3週間前のフロントタイヤの様子はこういった感じです。

クラックなし

リアタイやもとても綺麗な状態です。タイヤロゴもしっかりプリントされています。

クラックなし

タイヤクラックの要因を考えてみました

ここ数日、本当に暑くなったので、その影響もあるのかもしれません。筆者は通勤メインの使用なので、乗るのは基本的に朝晩の時間帯だけです。保管は屋外ですが、タイヤはまだ半年も経過はしていません。

一体、原因はどこにあるのでしょうか。以下の写真は実際にクラックが発生しているタイヤの写真です。

タイヤクラック
タイヤクラック

タイヤ表面自体のクラックはさほど気になりませんが、繋ぎ目のクラックだけは非常に気になります。タイヤ成型上の問題なのかもしれませんね。

自分なりに乗り方などをいろいろ振り返ってみて、ひょっとしたらと感じることが何点かありました。

  1. 空気圧が適正範囲の上限であるのは、あくまでも冷感の話。日中は気温も高く、温感の空気圧はもっと高くなっているのかもしれません。直射日光が当たれば上限値以上の空気圧になっているかもしれません。タイヤ自体にかかる負荷が大きいのかもしれません。
  2. クロスバイクらしく路面状況の悪い所や多少の段差もガンガン走っており、タイヤにかかる負荷が大きい。たわみを何度も繰り返すことで、クラックが生じてしまったのかもしれません。
  3. わざと滑らせてタイヤのグリップ感覚を試すことが多々あり、それを繰り返したことでタイヤによじれの力が働いて、クラックが生じてしまったのかもしれません。
  4. 屋外で保管していることで、ゴムが早く劣化してしまったのかもしれません。
スポンサー広告

クラックがどうなっていくのかは経過観察

販売店に持って行けば恐らく交換をすすめられるでしょう。

インターネットを見たところで、あくまでも原因は推測でしかありません。危険だから、交換をした方がいいとの声も多いです。

見た感じではクラックはさほど深くなさそうなので、突然ちぎれたり、バーストしてしまう・・・なんてこともないだろうと思っています。いずれにせよ、少し限界点がどこにあるのか見てみたいので、しばらく履き続けることにしました。

経過や最終結果はまた改めて報告したいと思っています。

基本は早目の交換がベスト

タイヤは唯一、地面に接するところでもあります。

制動、緊急時のグリップなど自分の身を守ってくれることになるとても大事なパーツです。今回のクラックについては、一旦様子を見た形としましたが、本来は早目の交換がベストだと思います。

根拠のない無謀なチャレンジは厳禁ですので、気を付けましょう。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!