PROMAXではなくシマノのブレーキだったら少し違ったかもしれない

通勤途中で雨に降られてしまい、なんとか会社に到着しましたが、なんとなくクロスバイクの様子がおかしい。ブレーキ周りが雨に濡れてしまったせいだと思いますが、ブレーキをかけた時に「鳴き」が発生するようになってしまったのです。例えは悪いですが、ママチャリがブレーキをかけた時の音と同じなんです。キィーーー、という不快音が周囲に響き渡るも音のわりには制動力はいまいち。乾燥すれば元通りになると思って、しばらくのあいだ我慢してみました。

異音発生の原因は雨に濡れたこと?

レーシングカート時代の名残もあり、フレーム自体には定期的にCRC5-56を塗るようにしています。そんなこともあり、サビに関してはさほど心配していません。

梅雨のある日、走行中に振り出した雨でブレーキに思わぬ異音トラブルが発生してしまいました。

雨天

異音は当初、リムとブレーキシューが濡れたことがきっかけだと思っていました。しかし、完全にドライコンディションになってからも、しばらく異音が続いたのです。たしかに音は小さくなったのですが、なくなることはありませんでした。

そうなると水分による異音ではないことくらい素人の筆者でも簡単に理解できます。でも、きっかけとしては雨しか思い当たらないのです。

スポンサー広告

自分なりに直そうとチャレンジ

ひょっとしたら音が消えるかもしれないと、晴れた日にパーツクリーナーを使ってきれいに洗浄してみました。

カート時代には格安のクリーナーを使用していましたが、最近は使う量も頻度もかなり少なくなったので少し割高ではありますが、KUREのものを好んで使っています。でも、格安のクリーナーはなかなかきれいに汚れが落とせないので、実はコストパフォーマンスが悪かったりするのも事実です。

思い当たるところは全てひと通り掃除してみましたが、思っていたような改善はできませんでした。逆に、非常にもやもやしたものだけが残った結果となってしまいました。

正直、素人目線かもしれませんがパーツ同士が当たるところをきれいにしても異音が出ることに関しては理解ができませんでした。動くから音が鳴る、擦れるから音が鳴るというのが定説だと思っていて理解できなかったのです。

PROMAX

クロスバイクを購入し、1,000km走破した辺りから調子を崩していたので、パーツそのものに起因するトラブルかもしれないとも思いました。PROMAXの品質って、やはりShimano製に比べるとプアなのかもしれないなと思いもしました。

ブレーキの異音よりももっと気になっていたこと

実は異音よりも気になっていたのがブレーキ自体の効きの甘さです。購入当初よりも、確実にブレーキが効くポイントがグリップレバーの奥になってしまっていました。

左手はリアブレーキです。

ブレーキ

右手はフロントブレーキです。

ブレーキ

写真のように奥まで握っても十分な制動力は得られません。ブレーキワイヤーが伸びてしまったのでしょうか。自分でも、調整が必要だとは感じていました。レバーを力強くぐっと握れば、ある程度効くものの、以前の制動力より落ちたのです。

筆者の勘違いかもしれないと思い、お店のスタッフに聞いてみたところ、購入後1,000km走っているのであれば、そういったトラブルが起きても不思議ではないとのことでした。

スポンサー広告

初期トラブルは自転車業界のセオリー?

自転車だとメンテナンスしない人の方が多く、軽いトラブルが出てお店に持ってくるように、メーカーがあえてそういうプアなものを使っているのだと聞きました。自動車の業界ではまずありえないことだなと思ってしまいました。でも、本当にそうだとしたら、正直どうかと思うところもあります。

ブレーキは最も重要な保安部品の1つのはず。まずは何よりも異音と制動力を元通りにすることが先決です。いろいろ試してもらいましたが、結局ワイヤー調整だけでは上手くいかず、結局ブレーキシューを交換することになりました。

ブレーキシュー交換はDIYなら工賃無料

六角レンチさえあれば、交換や微調整は容易にできるので是非試してみて下さい。

ブレーキ

結局、異音は完全に消えませんでしたが制動力だけは復活しました。今回は、お店にShimano製パーツの在庫がなかったことに加え、時間的な余裕もなかったため、店頭在庫から選ばざるを得ませんでした。

使ったのは、あさひ自転車のオリジナルブランドのブレーキシューでした。

ブレーキは非常に重要なパーツなので、急な交換はできるだけ避けて、日ごろからより良いものをチョイスしておきたいものですね。

取り付けしたかったブレーキシュー

ちなみに今回取り付けをしたブレーキシューは、初期の物より大きいサイズで制動力も上がったのが実感できました。でも、実はいろいろネットで見ていて取り付けをしてみたかったモデルがいくつかあります。

1,000円前後で安全が買えるのであれば、いろいろ試してみたいものですよね。

車のブレーキパッドなんかよりもずっと気軽に交換できて、さらに経済的。また、長距離のライドを計画しているのであれば、是非ともタイヤ脱着同様に身に付けておきたいスキルの1つです。予備パーツとして持っておくのも良いですね。

異音が出た場合はすみやかに交換するべき

異音というのは、やはりあまり好ましいものではありません。なにかとなにかが、通常ではない擦れ方で擦れてしまうから異音が鳴るのです。

ShimanoだからPROMAXだからということではないとは思いますが、トラブルが出てしまったら速やかにパーツは交換すべきです。事前のトラブル防止が安全に一役買ってくれるものです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

ブレーキ
最新情報をチェックしよう!