アパート駐輪場のカオスによってボトルケージが壊されてしまった

不本意ではあるものの、普段は置く場所がないため、クロスバイクはアパートの屋外にある共用駐輪場に置いてある。筆者が住んでいる地区の治安は、そんなに悪くなく、身の回りでは盗難などの被害は出ていないものの、一部の住民のマナーの悪さに少し手を焼いているのも実態である。子どもなので仕方ない部分もあるが、出来ることなら親がしっかり子どもを監督していて欲しいものだなとつくづく思う。ある日、ちょっとした事件が起きてしまったので記事にした。

クロスバイクに刺さっていた子供用自転車

とある休日の朝、クロスバイクに乗ろうと思って自転車置き場に行くと、いつものように自転車置き場ではカオスが起きていた。

子ども用の自転車が非常に雑に駐輪してある。

スタンドを取り付けていない子ども用自転車もあり、どこかに出かけた時には一体どうやって停めているのだろうかと、正直疑問にも思うことがある。

モラル

別の日に見ても、こんな止め方。

もともと駐輪場を使う人もアパート内では限られており、基本的には1つの家族が使っているような感じである。

親はこれを見て何とも思わないのか不思議にも思う。

モラル

せめてスタンドを付けるなり、どういった方法でもいいので倒れないようにしてもらいたいものだ。

子どもだから仕方ないと思いつつも、親に何とかしてほしいと思う自分もいるのが本音だ。

スポンサー広告

樹脂は劣化で割れるものだと言い聞かせた

写真では左端の男の子の自転車が筆者のクロスバイクに向かって倒れており、いい具合に刺さっているではないか。

高さもぴったり。

ボトルケージが見事割れてしまっていた。

樹脂製で比較的柔らかい材質で、ボトルの入りやすさ・取り出しやすさに惹かれて購入したが、それが完全に裏目に出た形となった。

ボトルケージ破損

地面に転がるパーツの一部分、最初はなんだか理解が出来なかった。

どこかで見たカーボン調の色合いだなと思っていたら、まさかの自分のボトルケージの一部分だった。

ボトルケージ破損

というより、こんなに簡単に折れるとは思っていなかった。

やっぱり樹脂製は軽いが、強度がないものだと再認識できた出来事だった。

金属であれば錆が気になるのだろうし、それぞれ一長一短あるものだ。

ボトルケージ破損

せっかく前後で同じボトルケージで揃えていたのに、新しく買いなおすことを決めた。

新調したボトルケージ

今後のことも考えて、金属製のものに変更してみた。

今回はアルミ製のケージだ。

少し迷ったが、やっぱり以前と同じものは買えなかった。

樹脂製の物よりも多少重みはあるように感じるが、強度は抜群だ。

金属製のボトルケージをいろいろ見てみたが、タイプによってはボトルが入りにくいものあり、いろいろ試しにボトルを通してから買うことをお勧めしたい。

ボトルケージ

赤い部分は滑り止めでゴムが付けられている。

ボトルケージ

お手頃価格なので、初心者にはおススメしたい。

ちなみにカラーは白赤。

黒赤の方が締まって見えるが、今まで黒系の色を使っていたのでイメージチェンジを図ってみた。

スポンサー広告

実際に取り付けて見比べてみた

まずは今回新しく買ったボトルケージから。

ボトルケージ
ボトルケージ

カラーリングは個人的に非常に好きなものである。

古いものと見比べてみた。

ボトルケージ

偏見かもしれないが、チャオのフレームには黒いボトルケージより、白いボトルケージの方が似合いそうだ。

アルミなので錆はあまり気にしなくていいとは思うが、その代わりに汚れが気になるかもしれない。

樹脂製のケージは買った時から一度も掃除をしたことがなかったので、これを機に外して掃除してみたら、とても汚かった。

ボトルケージ取り付け

上から覗いてみても、やはり赤白のボトルケージの方が締まって見えるように思う。

ボトルケージ取り付け

色々な形状やメーカーからボトルケージは出ているが、やはり樹脂製のものより金属製のものがいいかもしれない。

ただ、金属製は硬いのでその分、留めてあるボルトの緩みが出るかもしれない。

自身のスポーツ自転車に似合うボトルケージを見つければいいと思う。

【まとめ】樹脂製のボトルケージは避けるべき

今回、他車との軽い接触で樹脂製のボトルケージが破損してしまった。

アルミ製のものでもある程度の衝撃を与えれば、変形したりするので樹脂製だけがダメだということはないが、長い目で見れば避けた方がいいと思う。

カラーリングがそれぞれの好みでいい。

買い替えの頻度、破損が気になるのであれば是非、金属製のボトルケージをオススメしたい。

最新情報をチェックしよう!