アパートの駐輪場でアタックを食らって大事なボトルケージが壊された

普段、クロスバイクを保管しておく場所がなく、不本意ではありますがアパートの屋外にある共用駐輪場に置いてあります。筆者が住んでいる地区の治安は、とくに悪いとは思わず、身の回りでは盗難などの被害にはあったことがありません。ただ、一部のアパート住民のマナーの悪さに少し手を焼いているのも事実です。子どもなので仕方ない部分もありますが、出来ることなら親がしっかり子どもを監督していて欲しいものだなとつくづく思います。ある日、ちょっとした事件が起きてしまったので記事にしました。

クロスバイクに刺さっていた子供用チャリ

とある休日の朝、クロスバイクに乗ろうと思って自転車置き場に行くと、いつものように自転車置き場ではカオスが起きていました。子ども用の自転車が非常に雑に駐輪してあるのです。べつにこの日に限ったことではありません。

スタンドを取り付けていない子ども用自転車もあり、どこかに出かけた時には一体どうやって停めているのだろうかと、正直疑問にも思うことがあります。

モラル

別の日に見ても、こんなふうになっています。

もともと駐輪場を使う人もアパート内では限られており、基本的には1つの家族が使っているような感じです。親はこれを見て何とも思わないのか、ある意味不思議にも思います。

モラル

せめてサイドスタンドを付けるなり、どういった方法でもいいので倒れないようにしてもらいたいものです。子どもだから仕方ないと思いつつも、親に何とかしてほしいと思う自分もいるのが本音だったりします。

スポンサー広告

樹脂は劣化で割れるものと言い聞かせた

さきほどの写真で左端に写っていた男の子用の青い自転車が筆者のクロスバイクに向かって倒れており、いい具合に刺さっているではありませんか。破損している高さを合わせてみてもぴったりでした。

ボトルケージが見事割れてしまっていたのです。

樹脂製で比較的柔らかい材質で、ボトルの入りやすさ・取り出しやすさに惹かれて購入しましたが、それが完全に裏目に出た形となってしまいました。

ボトルケージ破損

地面に転がるパーツの一部分です。最初は、なんのかけらなのか理解ができませんでした。

どこかで見たカーボン調の色合いだなと思っていたところ、自分のボトルケージの一部分だったのです。頭の中で理解するまでにそんなに時間はかかりませんでした。

ボトルケージ破損

むしろ、こんなに簡単に折れるとは思っていませんでした。

やっぱり樹脂製は軽量だけど、その分だけ強度がないものだと再認識できたアクシデントでした。金属製であれば錆が気になるのだろうし、それぞれ一長一短あるものですね。

ボトルケージ破損

せっかく前後を同じボトルケージで揃えていたのに、新しく買いなおすことを決めました。

新調したボトルケージはこれ

今回の出来事をうけて、金属製のものに変更してみました。アルミ製のボトルケージにしました。少し迷いましたが、やっぱり以前と同じものを買うことはできませんでした。

やはり樹脂製の物よりも多少重みはありますが、強度は抜群です。

金属製のボトルケージをいろいろ見てみましたが、タイプによってはボトルが入りにくいものあり、いろいろ試しにボトルを通してから買うことをおすすめします。

いろいろ迷って選んだボトルケージはこちらです。

ボトルケージ

赤い部分は滑り止めでゴムが付けられている。

ボトルケージ

お手頃価格なので、初心者にはおススメできるものです。ちなみにカラーは白赤。黒赤の方が締まって見えるような気もしますが、今まで黒系の色を使っていたのでイメージチェンジを図ってみました。

スポンサー広告

実際に取り付けて見比べてみました

まずは今回新しく買ったボトルケージから。

ボトルケージ
ボトルケージ

カラーリングは個人的に非常に好きなタイプです。前後で見比べてみるために、古いものと見比べてみました。

ボトルケージ

偏見かもしれませんが、チャオのフレームには黒いボトルケージよりも、白いボトルケージの方が似合いそうですね。アルミ製なので錆はあまり気にしなくていいとは思いますが、その代わりに汚れが気になるかもしれません。

樹脂製のケージは買った時から一度も掃除をしたことがなかったので、これを機に外して掃除してみたら、とても汚かったです。

ボトルケージ取り付け

上から覗いてみても、やはり赤白のボトルケージの方が締まって見えます。

ボトルケージ取り付け

色々な形状やメーカーからボトルケージは販売されていますが、やはり樹脂製のものより金属製のものがいいかもしれない。ただ、金属製は硬いのでその分だけ、留めてあるボルトの緩みが出るかもしれないですね。

自身のスポーツ自転車に似合うボトルケージを見つければいいと思います。

やはり樹脂製のボトルケージは避けるべき

今回、他車との軽い接触で樹脂製のボトルケージが破損してしまいました。

アルミ製のものでもある程度の衝撃を与えれば、変形したりするので樹脂製だけがダメだということはありませんが、長い目で見れば避けた方がいいと思います。気温変化などによる劣化も金属製よりは大きいはずです。

カラーリングはそれぞれの好みでいいと思います。

買い替えの頻度、破損が気になるのであれば是非、金属製のボトルケージをオススメします。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!