豆柴の大群のプロデュース戦略はいったん大成功を収めたと言える

水曜日のダウンタウンから端を発したアイドルグループ「豆柴の大群」のCDがリリースされて約1週間が経過しました。プロデューサーのクロちゃんの処遇も決まり、一通りのリリースイベントは終了しました。当サイトでもその商法については取り上げましたが、結果的に大成功に終わったのではないだろうかと思っています。もちろん彼女たちにとってはこれで終わりではないので、まだまだ厳しく、険しい道が続くのでしょうが何とか頑張って欲しいと思っています。

豆柴の大群の基本戦略は炎上商法

安田大サーカスのクロちゃんの言動や行動が芸能人として、男として最低というところから、ほぼ炎上に近い形でスタートした企画です。炎上は最終的には悪い方向に進むのですが、上手く活用すれば一時的に注目度が高くなり利点もあるのも事実です。

でも長い目で見ると、炎上での恩恵を得つづけることは非常に難しいものがあります。むしろマイナスでしかないこともあります。

豆柴の大群について書いた過去記事もありますのでお時間のある方はおよみください。

スポンサー広告

曲リリースのフロー

豆柴の大群がデビューするまでのフローは次の通りです。

  • 2019.12.18 水曜日のダウンタウン番組内で最終メンバー決定&リリースイベント告知
  • 2019.12.20~24 メンバーが全国各地で販売促進活動
  • 2019.12.25 番組内でプロデューサー(クロちゃん)の処遇が決定

ビジネスマンから見た豆柴の大群の手法

豆柴の大群の手法をビジネスマンの視点から見てみました。ポイントは3点あると思っています。

スポンサー広告

3種ジャケットでの投票は購買意欲を掻き立てる

プロデューサーのクロちゃんの去就が3種類あるジャケットの売れ行きによって変わるという仕組みでした。

今もあるかもしれませんが、AKBグループがCD1枚購入につき、握手券1枚という手法を展開していますが、形的にはよく似ていると言えますし、自分の購入が企画のカギを握るという面白味を感じる企画だと言えます。

気軽に買いやすい価格設定

まだまだデビューしたばかりの新人ということもあるのだと思いますし、あくまでも番組内企画のユニットなので知名度もそんなに高くない、最初からガッツリアイドル路線というわけでもない。そういった背景もあってCD1枚499円という安さが実現出来たのだろうと思います。

また、投票のために複数購入させることのできる現実的な価格帯を設定したことに対しては上手いなと思います。

企画やYoutubeでの事前戦略が広告効果

豆柴の大群は水曜日のダウンタウンという番組の企画から生まれたユニットです。よく略して「水ダウ」と言われますが、水ダウは人気番組ということもあり、デビュー前の注目度も一般人公募のアイドルとしては高かったと思います。

もちろん、人気ユニットであるBiSHのメンバーやBiSH所属事務所WACKのバックアップがあったことも大きかったはずです。

豆柴の大群のデビュー曲である「りスタート」のMVはYouTubeから貼り付けました。(タワーレコードのチャンネルです)

番組企画から卒業、WACK事務所へ

CDジャケットの売り上げによってプロデューサーであるクロちゃんの処遇が決まるという今回の企画。結果的にはクロちゃんはプロデューサー解任、そして罰ゲームを受けるという結果になりました。

そして最終選考でクロちゃんの私情によって落とされてしまったカエデがWACKの取り計らいによってメンバー加入することになりました。

そして新しくWACKに所属して、今後は芸能生活を「リスタート」することに。今後の活躍が非常に楽しみですね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

豆柴の大群
最新情報をチェックしよう!