ロードバイクからの異音はパーツ同士が干渉することによるものだった

翌日の通勤のためにエアを入れておこうと思って、ロードバイクを少し引いていたら一定の間隔でシュッ、シュッと音がしました。間違いなく何かが干渉しているような音で気になってしかたありませんでした。ロードで通勤しようか、やめようか迷いながら、よく調べてみたら思ってもいない箇所からの異音だと判明しました。今回の経験は非常にプラスになったと思っています。こんなこともあったなと備忘録的に残しておきます。

前回のライド後のトラブル

つい最近、会社からロードバイクで帰宅をして段差を越えようとフレームを持ち上げたところ、フロントタイヤがホイールごと外れてしまいました。軽いとはいえ、10kgくらいあるものを「ヨイショ」と持ち上げようと思って軽く力んだのだが、体ごと拍子抜けするような感覚になり、最初は何が起きたか分かりませんでした。

フロントタイヤ脱落

以前、サイクルベースあさひクロスバイクを購入した時に、スポーツ自転車のタイヤはクイックリリース1つで簡単に脱着ができる分、走行の際には注意が必要だと言われたことがあります。

その時のことがパッと思い浮かんでしまいました。

フロントタイヤ脱落

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車に乗られる方なら、もうお分かりかと思いますが、やはりクイックリリース部分の緩みに起因するものでした。

初心者ぶりが際立っており、自身としても本当に恥ずかしいものでした。なお、写真のクイックリリースは、まだきちんと締める前の仮止め状態です。

一般会員登録用バナー
スポンサー広告

思いがけず発生した今回の異音トラブル

ブレーキ回りからの異音だと思っていた

ロードバイクを引いていた時に定期的にシュッ、シュッ、と小さな音がすることに気が付きました。漕いでいない状態なのでチェーン周りではないはずなのに、どこからなんだろうかとしばらく様子をうかがっていました。

実はクロスバイクの時に同じようなトラブルがあって、その時はVブレーキのシューがリムに時々干渉していて、そこから発生する異音だったので余計にブレーキを疑っていました。

異音トラブル

上から覗いてみると、確かにクリアランスの違いがはっきりしていました。ただ、シューが当たれば多少引っかかって減速するような感覚も発生するのだろうし、なにより光を当てながらよく覗くと干渉していないのが分かりました。

結局、振り出しに戻ってしまいました。

スポンサー広告

自転車を引くと発生する異音だった

ロードバイクを引いている時に異音が発生するということは、基本的に動きがある箇所。ということは、タイヤだとかチェーンだとか、そういった駆動系周りの所かなと素人ながら推測していました。

いろいろ見まわしていくと、1か所だけ変なところに気が付きました。タイヤがフレームに干渉していて、ここから異音がしていたのです。

異音トラブル

写真を見ても明らかに擦っているのが分かります。タイヤが完全にフレームに当たっています。ホイールの振れ幅によって干渉していたり、していなかったりで異音の有無があったのだろうと思われます。

異音の発生原因はリアホイールの緩みだった

イオントラブル

結局、先日のフロントホイールの緩みに続き、リアホイールも緩んでいたのです。同じように整備をせずに、そのまま走っていたのだから、両方緩んでいても不思議ではありません。

前後輪とも走行中に外れなかったのは奇跡

ロードバイクなので考えにくい部分もありますが、段差だとかちょっとした負荷をかけた時に車輪が脱落していてもおかしくありませんでした。

難しいと感じるのは、どれくらいの力でクイックリリースを締めるのかということです。きつ過ぎれば車輪の動きは引っかかって悪くなるし、緩すぎれば今回のように脱落しかねません、「ちょうどいい締め具合」はシビアなところです。

いろいろなサイトで書かれている話題ですが、一番分かりやすいと思ったサイトがあったので、引用という形で紹介・掲載しておきます。

引用:WORLDCYCLE(リンク先はこちら

何はともあれ、日頃から愛車のメンテナンスというか走行前点検の大事さを痛感させられる出来事でした。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

異音トラブル
最新情報をチェックしよう!