サイトスピードを意識しているがなかなか良い改善策が見つからない

筆者は書くことが好きだからということもあり、いくつかサイトというよりはブログを運営している。もちろん、ブログごとにテーマは異なる。ちなみに、ここ「ちゃおんぱむ」はどちらかというとフリーテーマで雑記ブログ的に楽しみながら書いている。

収益はやはり欲の一種

よくワードプレス関連の記事だったり、ブログ関連の記事を探していると必ず当たるのが、「収益」の文字。

ブログで「●●●万円稼ぎました!」などという言葉をよく見かけます。

本業の人ではないのでさすがにそこまでは無理だが、あわやくば自分の楽しみブログから脱皮して、収益を得てみたいと思うのは自分だけではないと思う。

とは言っても、なかなか現実論としては難しいのも十分承知している。

繰り返しにはなるが、まずは書くことが楽しいので、いろいろ経験しながら、その延長線上として、ちょっとした収入も得られれば最高かなと今の時点では思う。

スポンサー広告

最近意識しているのはサイト表示スピード

Googleが今後はサイト速度もSEOの指針として入れるよと公言しているので余計にそう感じるが、自分がネットを閲覧していても、やはりサクサク進む方が閲覧しやすいし、回遊もしやすい。

ここのサイトの訪問数自体は微々たるものだが、それでも今後の運営を考えるとやはりサイトスピードをかなり意識するようになった。

あれこれGoogle検索しながら、自分のできる範囲内で改善してきた。

とは言ってもなかなかうまく行かないのが現状だ。

現在のサイト速度

筆者が運営するブログの1つのサイトスピードをいろいろなツールで計測してみた。

GoogleのPageSpeed Insightsの結果はモバイル37点、パソコン85点という結果だった。

同じく、GoogleのTest My Siteは3秒の低速。

GTmetrixはC評価。

会社のPR的にこっそり運営しているサイトなので、実際はそんなに力をいれていない。テーマはXeoryのBaseを使用している。

片手間で、といったら会社に対して失礼になるが、採用のための広報活動みたいなものであって、最新の注意を払いながら非公式な形で情報発信をしているブログだから筆者的には良いと思っている。

個人的に検証をして仕事に繋げたかったから非公式ブログという形にしている。分析を行いたかったのでGoogleAnalyticsを使用。ドメイン取得費用なんかは当然、筆者が勝手に負担しているのでせめて広告収入が少しでもあればということでGoogleAdsenseだけは行っている。

スポンサー広告

知識のない人には少しハードルが高い

サイト速度を上げようと思っても、筆者のように知識のない人にとっては少しハードルが高いのも事実。

プラングインの数を最低限まで減らしたり、高速化のプラグインを何本か入れてみたりしたが、先ほどのような評価で落ち着いてしまっている。

記事が増えていけばいくほど、画像が増えていけばいくほど、さらに重たくなることくらい容易に想像がつく。

ふつうに考えて、現時点よりも速くなることは絶対ないのである。

サイトを調べていくと、やはり限界があって、サーバーをグレードアップしたり、テーマをより高速対応しているものに変えるしかないという結論にぶち当たった。

有料テーマを購入することに決めた

いろいろ迷ったが、複数サイトで使えるというメリットを生かしてThe Thorに決めた。

もちろん他のサイトとも合わせて複合的に収入が得られればという思いも正直あった。

いろいろな機能を持っている分、管理画面が複雑で大変。癖があるといったマイナスのレビューもあったが、高速化もSEO対策も大きな魅力だった。

そういったプラグインは不要というのも魅力だった。

サブサイトである今回のサイトで練習しつつ、ゆくゆくはこのサイトでもテーマを変えたいと思っているので個人的には、そのサイトの存在は好都合なのである。

【まとめ】有料テーマ導入だけではダメだと理解する

有料テーマも万能ではない。

もちろん、いろいろな設定だとか勉強は継続していかなければならないのだと思う。

キャッシュ系のプラグインを消して、テーマを変えただけではこんな感じだ。

項目によっては良くなったり悪くなったりする。

少し設定を変えてみて、また別の場で成果の発表をしたい。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!