求人広告でよく見かける応募者にとって好待遇すぎる案件は良くない

ここ数年は、求職者有利の状況が続いています。仕事を探す側の人にとっては喜ばしい状況ですが、人を雇い入れる方の会社側は苦労することになります。そういった状況もあって、人を集める会社側はいろいろな取り組みを行っています。とはいっても、全体的に見れば「金銭面」でのメリットのぶら下げが多いように感じます。筆者は採用担当なので余計に目に余ることがありますが、実際これからもずっとそんな取り組みが続くとはなかなか考えられません。むしろどこかで破綻がおきてしまうのではないかと懸念しています。

本当に仕事探しは楽にできるのか

筆者は愛知県在住なので愛知労働局がまとめている数字を参考に出します。

引用 愛知労働局HP

原数値と季節調整値と2つのグラフがありますが、基本的には季節調整値で見ていけばいいです。少し古いデータにはなりますが、1.94倍(2019年8月実績)となっています。単純な理解で求職者1人あたり1.94件の仕事があると思えばいいわけです。

年次で比較しても年々数値が上がっているのがすぐに分かります。

新卒採用に関しても同様の傾向と言えます。こうしてみれば、仕事を探すことが楽になってきていると思われがちですが、実際は決してそうとは言えないところもあります。

中間管理職(候補)や間接部門、ハイクラス求人案件はまだまだ採用は狭き門です。大手企業に入るのもまだまだ狭き門だと言える。新卒だから、中途だからというのはあんまりありませんよね。

スポンサー広告

至れり尽くせりの案件に魅力はあるのか

派遣会社の求人数が大きく伸びています。求人誌を開いたり、求人サイトを見ても嫌というほどの多数の案件が出てきます。

各社でいろいろな規定があるにしても、就職が決まるだけで祝い金という名の現金がもらえる仕事が、愛知県という狭い領域の中だけでも、2,639件もあるというのだから驚きます。

祝い金といっても2、3万円のおこづかい程度の金額から50万といった破格のものまで広いレンジがあります。

お金に関するメリットはバブル期の新卒採用と同じなのかもしれません。筆者の時代よりももっと前になりますが、当時は内定や内々定だけで海外旅行に連れてってもらえるみたいなこともあったと聞いたことがあります。

他にも、今すぐにでも会社が保有する社員寮に入れるとか、履歴書なんていらないから面接に来てくださいとか、給料の前払いが可能、日払い給与システムがある、車を借りられるなど、応募者の手間を取らせない取り組みもたくさん見かけます。

会社側がここまでしなければいけないことに少し驚きというか寂しさみたいなものを感じたり、就職観というか仕事をする前提条件みたいなものが大きく崩れ落ちますが、ある意味、企業努力なのかもしれないと最近は思うようにしています。

いつか必ず終わりを迎える時が来る

リーマンショックなどのような出来事があり、仕事が減ればこういったことも自然と姿を消していくのでしょう。そう考えれば、仕事を探す人というのは好景気の時も不景気の時も、景気や仕事に流される運命みたいなものを背負っているのかもしれないとつくづく思います。

いろいろな面でコストがかかり、売り上げや利益の確保が難しいなかで、いつまでも背伸びをし続けることは困難です。とくに派遣業界においては、派遣社員1人あたりの利益額はそれほど高くないため、どこからこうした祝金などの経費を捻出しているのかと疑問にも思います。

スポンサー広告

求人広告にはカラクリ的なものがある

求人広告においては、当然発行元のメディア会社も厳しい目線でチェックしています。それはハローワークの求人票でも同じです。

数年前にとある会社(たち)が誇大広告を出して、実態がないと判断された経緯があります。出す方も出す方だが、応募する人の目線でも疑いの目で見ないといけません。

祝金については「規定あり」と小さく表記している広告ばかりですが、それだけの金額をもらうのであれば当然、条件があるということです。会社側も利益確保のために、ほいほいと全員に支払うわけではないことも少し考えれば分かるかと思います。

そういう美味しいメリットはどの広告も目立つように表記されています。時給でもそうですが、だいたいの案件には幅が持たせてあるのが一般的です。

引用 タウンワーク

例えば「※日払い有!(規定)」は支払曜日の規定だったり、出勤欠勤の状況、上限額などの何かの規定があると想像が付きます。

次に「時給1300円~1700円」は詳細を見てみないと分かりません。案件や働く場所によって時給が異なるというのもありますが、中には残業手当や深夜割増手当を含めている場合があります。

だいたいの会社が25%アップなんでしょうから、例えば「時給1000円~1250円」という場合はまさしくそれではないかと言えます。一方で、「時給950円以上」という場合は、残念ながら時給は950円であることがほぼ全てだと思います。

そんな目線で見ると求人広告も少し面白いものです。きちんと見抜く、「疑いの目」が必要なんです。

求人広告の裏側もきちんと見るべき

ほとんどの人が求人広告を見て応募するかと思います。

金額や勤務地だけで決めるのではなく、募集の背景だとか裏側もきちんと見て応募の検討材料としたいものですね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!