2018年夏に愛知から東京まで居酒屋えぐざいるのためだけに行った話

お台場の特設会場で、夏季限定で開催されるイベント「居酒屋えぐざいる」があります。

2020年以降は横浜・山下公園特設会場で開催されています。(2020年はコロナ禍のため中止)

EXILEというよりは、えぐざいる系のグループを目当てとしたファンで賑わっています。

2019年は開催10周年ということでさらなる集客と盛り上がりが予想されます。

僕は昨年、初めて行きましたが色々な面で圧倒されました。

2018年の様子も少し振り返りながら、イベント全体の紹介をしておきます。

ファンでない人にはあまり興味がないかもしれませんが、参考程度にお読みください。

イベント「居酒屋えぐざいる」

公式サイトから少し引用しました。

場所は青海臨海駐車場、関東圏以外の人には「お台場」と言った方がわかりやすいです。

東京国際クルーズターミナル駅から徒歩約2分という至近距離にあり、アクセス抜群です。

10年の時を経て、夏の風物詩となった『居酒屋えぐざいる』が この夏、『居酒屋えぐざいる 10th ANNIVERSARY』として、開催!! LOVE DREAM HAPPINESSであふれる、10th ANNIVERSARYにふさわしい場内は、さらなる進化を遂げ、朝も昼も夜も、わくわくが止まらない。 LDH所属アーティストによるライブパフォーマンスやサプライズ登場の可能性も!? 子どもから大人まで楽しめる、国内最大級の屋外テーマパーク♪『居酒屋えぐざいる 10th ANNIVERSARY』で、一生の記憶に残る、最高な夏の思い出を作りましょう⤴⤴⤴

居酒屋えぐざいる公式HP(2019年当時)に掲載されていたコンテンツ

「居酒屋」と付いていますが、入場料はかかるし、物販も飲食も割高な印象です。

これはファンにとってのみ、非常に付加価値が高く感じるイベントだから。

とくにメンバーがプロデュースするメニューは、一般的な居酒屋より30~50%くらい高い印象を受けます。

不定期ですが、センターステージでは歌とダンスが披露されます。

ひょっとしたら直接見られるかもしれないという期待がファンの心をくすぐるのです。

もちろん、いつ、どのメンバーが来るという情報は一切非公開となっています。

スポンサー広告

ビジネス視点で見てみました

すべての人から受け入れられる飲食店はほとんどありません。

居酒屋えぐざいるはファン、そして未成年のファンの親たちも取り込むことに特化したイベントです。

  • お目当ての芸能人に会えるかもしれないという期待感
  • 季節限定開催であるというプレミア感
  • ファンが一堂に集うことによる一体感

中には話題作りや、他のファンより優位な体験ができる優越感みたいなものもあるかもしれません。

いろんな要素が消費者の購買意欲を駆り立てるのです。

下は2018年夏の写真ですが、テーブルごとに各メンバーのサインが書かれています。

自分が座ったテーブルのサインが誰のものだったのか、これだけでも話題になります。

次回は…などといった期待もできるからこそ、数回リピートするお客さんも多いです。

だからこそ、飲食単価が高くても、いろんな期待があって売れるのです。

アルコール(カクテル)は特に割高です。

見た目はお洒落ですが、飲むことだけを考えれば、ふつうの居酒屋では売れません。

誰がプロデュースしている商品かという視点はファンにとっては確かに大事です。

ただ、それはメニュー選びまでの話。食べる時には一切関係ありません。

あくまでも場を楽しむためだけの選択なのです。

居酒屋えぐざいる2019の風景

中央のステージでは一定の時間になると、歌やダンスを披露してくれます。

取り囲むようにテーブル席が配置されていて、どこのテーブルにいても楽しめるレイアウトです。

飲食するグループと物販だけのグループの2つに分かれて入場が行われます。

飲食に関しては時間制、なかなか人が入れ替わらないのでピークの時間帯だと入場までにかなりの時間がかかります。

夏季限定のイベントなので、待ち時間もかなり暑いです。

熱中症対策も忘れずに行う必要があります。

テーブルの人はもちろん物販エリアにも自由に出入りができます。

単なる物販だけに限らず、お祭りの屋台のような簡単なゲームを楽しむこともできます。

ファンにとっては特別な景品も用意されています。

2020年は横浜山下埠頭での開催が予定されています。

スポンサー広告

【まとめ】2020年は開催中止

この記事をリライトしたのは2021年5月。

2020年は初の横浜開催の予定でしたがコロナ禍のため、中止でした。惜しむ声も大きかったです。

2021年は4月から山下埠頭の特設会場で無事に開催されました。

2022年も無事に開催されることが楽しみです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!