ウエラ名古屋でフロントガラスの飛び石によるヒビ割れを直してもらった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筆者はガラスにあまり縁がないのかもしれないが、フロントガラスを飛び石でひび割れさせてしまったのは今回で3台目となる。走行中に飛び石を受けることはそれなりにあったと記憶している。今回の飛び石は、朝の通勤時に二輪車とすれ違いざまに大きな音がしたのがきっかけではないかと思っている。朝と日中の寒暖差が激しく、昼休憩中にたまたまガラスに大きなヒビが入っており、一瞬何が起きたのかが理解できなかった。フロントガラスのひび割れがあると車検には通らないため、早急に交換を実施した。

ウエラ名古屋というお店を選択

最初、フロントガラスのヒビを見た時に交換は間違いないと思わざるを得なかった。以前、軽自動車のフロントガラスを交換をした時に5~6万かかったので8~10万円くらいのレンジかと思っていた。

が、某ディーラーからもらった見積の回答は15万円くらいの総額。ディーラーは高いというのはよく言われるが、これほどまでとは思わなかった。

いろいろネットでリサーチしてたどり着いたのがウエラ名古屋というお店だった。愛知県日進市に所在する自動車用ガラスの交換やコーティング、フィルム施工などのサービスを行うお店である。お店や取り扱うガラスの製造地やグレードにもよるが8万円程度で交換してくれる所は限られている。

高級車の施工実績があり敷居が高いが…

たまたまお邪魔したときにお店の前に停めてあったのは最新の真っ黒なポルシェ。お店のディスプレイにはランボルギーニのようなスタイルの高級車。とんでもない高い店に来てしまったのではないかと思ったが、事前に見積を頂いていたので、動揺は外に出さず、修理の出来上がりを待った。

なお、置いてある車や社内ディスプレイは一瞬身構えてしまうレベルだが、お店のスタッフの接客の姿勢は誰でも分け隔てなくという感じで少し安心した。

実際の出来映えは全く問題ない

選んだガラスは中国製のSUNTECTという銘柄。中国製とは言え、きちんとJIS規格の認証も得ている。まだ晴天での運転はしていないが、今のところ乱反射等は発生していない。

ガラス上部のボカシ部分は社外を除けば一段と良く分かる。筆者だけかもしれないが、特に気になることはない。

昼12時ごろに車を預けて、16時前には出来上がりという超スピード仕上げだが、品質は問題ないと思う。もちろん接着剤の関係で、助手席の窓は少し開けておかなければならないという制約はあるので、きちんと守らなければならない。

ウエラ名古屋の主要サービス

  1. ガラスは国内・輸入含めて4種類より選択
  2. 代車サービスは無料(当日限り)
  3. コスパを求める人にも納得の価格
  4. クオリティと施工実績に自信を持つ会社
  5. Googleクチコミ投稿で特典が受けられる

一度、選択肢の1つにしてみてはいかがだろうか。

ソフト99
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク