久しぶりの鈴鹿選手権カートレースは最高のバトルで刺激的すぎた

全国からドライバーが集うレースといっても過言ではない鈴鹿選手権シリーズ。

鈴鹿サーキット南コースで行われるシリーズ戦です。

毎年12月になると最終戦が行われますが、これが終わるといよいよ年の瀬です。

最終戦はシリーズチャンピオンも決定する大事なレース、紙一重で勝敗が決まることも多々あります。

2019年シリーズの総決算ともいうべきカートレースを久しぶりに観戦してきました。

会場は鈴鹿サーキット南コース

国際規格のカートレースも開催される鈴鹿サーキット南コース。

日本でも屈指のスピードコースです。

僕も何度か走行の経験はありますが、スピードだけでなくテクニカルな部分も求められます。

コースガイドは鈴鹿サーキットのホームページから引っ張ってきました。

引用 鈴鹿サーキット
スポンサー広告

最終戦2019.12.8開催

当日の天気は快晴で、12月という時期の割には少し暖かい陽気でもありました。

開催クラスは

  • ROK Shifter
  • Junior MAX
  • X30
  • Avanti
  • Avanti Youth
  • YAMAHA SS
  • Super SS

の7クラス

懐かしさを感じるコース

3年ほど前まで走っていたコースなので、訪問するととても懐かしく感じます。

ここ最近は、いろいろな都合でほとんど足を運ばなくなったため、余計にそう感じます。

所属していたチームメイト、同じクラスで走っていたライバル、温かい歓迎を受けるのはとても嬉しいものです。

年少ドライバーから高齢ドライバーまで、それぞれ違った環境の中で、練習をしてきたドライバーが繰り広げるバトルは見ていてハラハラします。

特に、それが顔見知りのドライバーであればなおさらです。

ちょっとした出来事で順位変動が大きく起こるのがモータースポーツの世界。

だからこそ、レースが終わるまではいろんな意味で気が抜けません。

でもそれが魅力でもあります。

近いうちにスポット参戦でもいいので少し復帰もしてみたいものです。

スポンサー広告

レースリザルト

以下は各クラスのリザルトです。

ROK-Shifterクラス 優勝:堀尾 風允(EXPRIT)

2位:東 拓志(TONYKART) 3位:廣岡 陸勢(crocpromotion)

Junior MAXクラス 優勝:山口 大耀(TONYKART)

2位: 洞地 遼大(TONYKART) 3位:加藤 大翔(TONYKART)

X30クラス 優勝:平安山 良馬(KOSMIC)

2位:田中 風輝(EXPRIT) 3位:田中 風輝(EXPRIT)

Avantiクラス 優勝:米川 直宏(FA-KART)

2位:稲寄 速人(FA-KART) 3位:北山 深翠(TONYKART)

Avanti Youthクラス 優勝:向畑 疾走(CRG)

2位:中川 賢太(TONYKART) 3位:田村 大地(CRG)

YAMAHA SSクラス 優勝:松浦 光聖(MAD-CROC)

2位:渡邊 雅人(CROCPROMOTION) 3位:中村 駿甫(SWF)

Super SSクラス 優勝:岸本 慎介(KOSMIC)

2位:平野 伸一(TONYKART) 3位:坂 裕之(SWF)

【まとめ】レース展開は一瞬で変わり悲喜交交

チームメイトがレースで優勝したり、シリーズチャンピオンを獲得するとやはり嬉しいもの。

特に、シリーズチャンピオンは常に上位争いをする必要があり、フロックでは獲得できません。

チャンピオン争いをしているドライバーがクラッシュで大きく順位を落とす、チャンピオン争いから脱落、一方でチャンピオン絡んでいなかったドライバーが急浮上したり。

常に緊張感が漂うものです。

ドライバーだけでなくメカニックや身内の者は、レース中は常に気が気でないです。

ドライバーはそんな心理的状況でもいつも以上のパフォーマンスを発揮しなければいけないのだから大変なのです。

最終戦は、来シーズンを意識した戦いでもあります。

最終戦が終われば、もう2ヶ月後には2020年シリーズ開幕戦です。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!