素人さんの手直し塗装では擦りキズは元通りには直すことができない

マイカーに乗る以上、非常に大きなリスクとしてついて回るのが軽い接触による擦り傷や凹み傷などの問題ではないでしょうか。筆者はもともと車が好きで、現在の相棒も含めて8台の車に乗り継いできました。もちろん全ての車がサーキットユースではありませんが、擦ってしまったり、擦られたりした経験が何度かあります。軽い擦り傷なんかのリスクは案外、サーキットよりもどこかの駐車場の方が高かったりするかもしれません。先日、奥さんの乗る車をDIYで修理しようとしましたが、完成度は低く、大変な思いをしたので記事に書かせていただきます。

素人DIYで使われがちなマテリアル

オートバックスやイエローハットなどカーメンテナンス用品店で見かける塗装道具としてはスプレー缶がほとんどだと思います。ほんとうに小さな傷程度であればタッチペンで治すなんて方も多いことでしょう。

使い方もボリュームも違いますが、タッチペンから卒業するとスプレー缶を使うようになるのではないかと思っています。

タッチペンは手軽に誰でも使用できる反面、やはり出来上がりのクオリティに関しては全然物足らないと感じる方が多いのではないでしょうか。補修範囲が広くなればなるほど、見栄えは厳しいものがあります。

スポンサー広告

求められる水準が高いスプレー缶

一方、スプレー缶は広範囲の補修には長けていますが、作業者に求められる水準はやはり高いです。上手く補修できれば綺麗に仕上げることができますが、素人が見よう見まねで気軽に出来るものではないと思っています。

今回使用したのはタッチペンとスプレーが一緒になったような新しいタイプで、若干初心者にも扱いやすい印象を受けますが、スプレーダストによるザラつきは隠しきれません。

スタート地点はここからでした。最近の自動車は鏡面ボディともいえるような車が多く、素人による手直しはとても難しいものがあります。

最終段階としてはここまでもっていくことができましたが、車体のくすみは隠せませんでした。

そもそも根本的に何が違うのだろうか

あるディーラーで塗装の担当をしている友人から聞いた話ですが、プロフェッショナルの行う塗装と、市販のマテリアルを使って行う塗装の大きく違う点としては、塗料を吹き付ける圧力の違いだといいます。

プロはコンプレッサーを使って吹き付けるため、基本的には圧力が均一で表面のざらつきが綺麗に抑えられています。

一方、スプレー缶については使い始めと使い終わりの圧力は当然ながら違います。もちろん使い終わりにかけてガスが少なくなっていくので当然吹き付ける力も弱くなります。また、ボタンを押す人間の力の強弱によっても、当然噴き出す力は大きく異なります。

そこが一番の違いだと言われました。

ほかにも、塗料自体の保管温度、調合、施工時期なども出来ばえに大きく影響すると言われました。やはり、数万円払って塗装してもらうプロの技と、3,000円前後で必要なマテリアルを買い揃えて行う自力の技では違うものだと痛感させられます。

スポンサー広告

自分で行う塗装の補修の復習ポイント

復習ポイントです。

  • 季節はできれば秋冬に行ったほうがいい。
  • ボカシ剤をお忘れなく。
  • できるだけ広く補修面を取ること。

市販のものは失敗しても塗料を落とすことができるので、失敗を恐れずにチャレンジすることも上達への近道ですね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!