ポートメッセ名古屋で開催されたペット博に遊びにいってきました

人生で初めてペットのイベントに行ってきました。

2019年に開催されたペット博というイベントです。

場所はポートメッセなごや。

十年近く前に名古屋モーターショーに行って以来、ポートメッセに行くのは久しぶりでした。

台風と重なり、悪天候での開催でしたが多くの愛犬家・愛猫家で賑わっていました。

会場の近くにはレゴランドや飲食店街があり、イベント以外にも楽しめる要素が揃っています。

名古屋会場はポートメッセなごや

名古屋市内での大きなイベントは、収容能力の関係から会場が限定されてしまいます。

コンサートだと

  • ナゴヤドーム(名古屋市東区)
  • 日本ガイシホール(名古屋市南区)

モーターショーや企業系のイベントは

  • ポートメッセなごや(名古屋市港区)
  • 吹上ホール(名古屋市千種区)
  • 名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)

などといったところが多いです。

今回の開催会場は、ポートメッセなごやでした。

レゴランドなどが近くにあって、いろいろ開発が進められている港区のエリアの一角にあります。

スポンサー広告

ペット博というイベント

公式ホームページを見ると、犬にスポットが当たっていることがすぐに分かります。

会場には、猫や鳥もいましたが、シェアとしては圧倒的に犬が多かったです。

(ペット博の公式サイトへのリンクはこちら

グッズの物販や、専門学校生たちがサービスで行ってくれるトリミングコーナーもありました。

来場者が飲食を楽しめるコーナーもあったり、愛犬がたくさんの誘惑を振り払って飼い主のところまでいかに早く辿り着けるかというレースも開催されていました。

ほかの楽しみ方

やはり同じ犬種同士のつながりは随所に感じられました。

おそらく親近感が湧くということもあるのかもしれませんが、日ごろからそういったコミュニティがあり、飼い主同士のパイプもあるはずです。

車好きの人たちが、同じ車種のオーナー同士で仲良くなったり、チームを発足させたり、そうしたことと同じではないかと感じました。

横のつながりが強いのがこういったコミュニティの特徴です。

当日はあいにくの雨天で外に出ることは難しかったです。

ただ、天気が良ければ外で愛犬たちと遊ぶこともできるキャパが会場にはありました。

スポンサー広告

イベント当日の素敵な出会い

会場ではかわいらしい子犬(?)のパグと出会いました。

飼い主さんが近くにいなかったのは、このさみしげな表情がすべてを物語っています。

もう1匹はペキニーズです。

パグやフレンチブルドッグなどと同様に顔がクシャっとなった感じの印象の犬種です。

ここに愛嬌があり、ファンも多いと聞きます。僕自身も一番好きな犬種です。

そして、隣県にある乗馬クラブから看板ホースとして来てくれていたポニーです。

非常におとなしい子でした。

馬やポニーの性格かもしれません。

ビビりすぎということであれば、人の多い環境は少しかわいそうかもしれません。

【まとめ】ペット博は人それぞれの楽しみ方ができるイベント

ペット博はいろいろな楽しみ方ができるイベントです。

ペットを連れてきている人も、そうでない人も思い思いの楽しみ方ができます。

飼い主だけに限らず、愛犬や愛猫自身もいろいろな楽しみ方ができます。

当日はあいにくの悪天候でしたが、会場自体は屋内にあるため全く問題ありませんでした。

もちろん、いままでペットを飼ったことのない方であっても楽しめるイベントだと思います。

現在は、コロナ禍のなかで、イベントの開催自体が不安定ですが、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

【追記】2022年の開催スケジュール

コロナ禍でスケジュールが変わることがあり得ますので、事前にオフィシャルサイトでご確認ください。

2022年のスケジュールです。

  • 2022.1.8~1.10(横浜会場)
  • 2022.3.19~3.21(静岡会場)
  • 2022.5.3~5.5(幕張会場)
  • 2022.7.16~7.18(なごや会場)
  • 2022.9.17〜9.19(大阪会場)

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!