車上狙いのターゲットは車種ではなくて車内のモノ狙いだということ

もう7年くらい前になりますが、車上狙いに遭ってしまったことがあります。100円回転寿司チェーン店の駐車場での出来事でした。当時はカートレースに参戦していた経緯もあり、軽自動車の箱バンタイプの車に乗っていました。中にレーシングカートを積んでいました。自分で言うのも変ですが、パッと見はとても金目のものはなさそうな外観でした。筆者にも不注意な点はあったのですが、あの一件以来、いろいろ気を付けるようになり、ある意味ではいいきっかけだったようにも思えます。

当時の状況をかんたんに説明

勤務終了後にスシロー稲沢小池店にて食事をしている最中に助手席に乗せてあった仕事用のカバンごと持って行かれました。

助手席の窓ガラスを割られ、社内にはガラスの破片が飛び散ってしまっていました。

夜20時過ぎに店内に入り、1時間足らずの出来事でした。

軽自動車のバンタイプで、まさかこんな車が狙われることはないだろうと勝手に思い込んでいたことが、そもそもの原因だったように思います。しかも、人通りのある飲食店の駐車場、とても意外でした。

窓を割って、カバンごと持っていくには、たかだか数秒あれば十分すぎるくらいなんだろうなと後になって気付かされた一件でした。

報道で、勤務後のカバンが盗難に遭ってしまい、中に入れてあった会社のお金や顧客情報・個人情報などを紛失してしまったということを聞きます。そういったものは一切入っていなくて本当に良かったと、筆者自身の行動を見直すきっかけにもなりました。

スポンサー広告

窃盗された側なのに事後手続きが面倒

数時間におよぶ警察官にによる事情聴取すら非常に煩わしいと感じてしまいました。中でも一番困ったのは、盗られたカバンの中に入っていた金品の表現です。

例えば、財布の中にいくら入っていたのか。小銭等を含めて1円単位まで覚えている方は少ないのではないでしょうか。こちらが迷っても警察官は、答えを聞き出すしかなく、若干誘導的だなと感じたこともありました。

金銭ならまだいいですが、一番困ったのは金銭価値のある有体物だ。例えばメモリースティックは量販店で購入すると1,000円前後で気軽に買えるが、盗られたときに「●●円相当」と答えなければなりません。

商品の値段は大したことがなくても、中身の価値が高いものだってあります。買ってから年数が経過したものだと、価値が下がっているのに、それをあえて●●円相当と表現するのは、初めての経験の筆者にとっては非常に難しく感じました。

翌日、カバン自体は無事に発見された

飲食チェーン店であるコメダ珈琲稲沢駅東店の駐車場で発見されました。早朝に、お店のスタッフから駐車場にカバンが放置してあるので取りに来て欲しいと会社に連絡をもらいました。

名刺ケースに入っていた名刺を見て、電話をくれたと聞きました。

車上狙いに遭ったスシローから直線距離で2km弱といった位置です。渋滞を考慮しなければ車で3分、徒歩でも20分程度の距離感になります。

ふつうに考えれば、犯人はそこそこ土地勘のある人間ではないでしょうか。指紋等の検査はしていませんが、それだけ近くのお店に盗んだものを放置していくからには少し度胸があると言えるのかもしれない。

中に入っていた預金通帳やルイヴィトンのシステム手帳、パスワードロックかけてあったメモリーカードは無事でした。通帳はビニールカバーから出ていたので中を確認されたのだろうと思います。

一方、小銭入れはなくなっていました。メイン財布は、当然ですが持ってスシローで食事をしていたので無事でした。

キャッシュカードやクレジットカードは足が付くため、持っていかれることはない、現金自体が狙われるということは空き巣被害でも聞いたことがあります。

スポンサー広告

まずは防犯意識を持つことから

狙う車が高価か安価という観点ではない

今回ターゲットになった車の写真です。

日産のクリッパーという車種です。高価な車は中に入っているものも高価なものがあるかもしれないという考えも湧きますが、反面で防犯機能も備えており一定の抑止力があるのかもしれません。

安価な車は盗難防止装置などが付いていない場合が多く狙われやすいということもあるかもしれません。

ただ、今回は外から余裕で手の届く範囲内に金品が期待できるものが置いてあったことにすべての原因があったと思っています。

まずは何よりも防犯に対する防衛意識

今回は座高がそこそこ高く、助手席から車内を見た時にビジネスカバンがすぐ見える所に置いてあることが一番の原因でした。

たとえサイドの窓ガラスでも1枚交換となれば結構な出費になります。今回は大きな勉強をさせてもらいましたが、もう少し防犯に対する意識があれば…と後悔もあります。

カバンが外から見えるところに置いておいたというより、自分自身がいつ被害者になってもおかしくないという防衛意識が足らなかったことが原因だと思います。

最近は交通事故をした時のためのドライブレコーダーから、煽り運転などの被害を受けた時のためのドライブレコーダーに変わりつつああります。近いうちに車上狙いの抑止だとか、刑法犯の検挙にも使われる時が来るかもしれませんね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!