岡崎名物と言われる葵園と近江屋本舗のフルーツ大福を食べ比べてみました

先日、岡崎市内まで観光に行ってきました。筆者は愛知県在住ですが三河地区までは少し距離があるので、よほどの理由がないとあまり出かけないのが実態だったりします。たまたまネットで見かけたフルーツ大福が気になって、小春日和で少し暑さも感じる気候の中、スイーツを堪能しようと思い、車で1時間近くかけて出かけてきました。岡崎市は尾張徳川家の御膝元ということもあり、歴史情緒溢れる良い街だなと感じました。

フルーツ大福は岡崎市の名物スイーツ?

食品で言えば八丁味噌なんかが名物に当たるのだとずっと思ってきました。では何か有名なスイーツがあるかと聞かれたら困る人も多いのかもしれません。それは岡崎市に限った話ではないはずです。

ブログを読んでいただいている方みなさんにも言えることですが、なにか地元のスイーツを挙げてみてくださいと言われても困る人の方が多いのではないでしょうか。

せっかくなので少しリサーチしようと思って、いろいろなサイトを回遊してみました。

スポンサー広告

「旅時間」では第3位がフルーツ大福

2019年5月のネット記事になりますが、第3位に近江屋本舗の夢大福がランクインしています。

「岡うま.COM」の和菓子部門

ここでも先ほどのサイト同様に、近江屋本舗の夢大福が取り上げられています。これで2サイト目です。思った以上にほどのサイト同様に、近江屋本舗の夢大福が取り上げられています。これで2サイト目ですが、思った以上にメジャーな存在なのかもしれませんね。

スポンサー広告

岡崎市、フルーツ大福でGoogle検索

「岡崎市」「フルーツ大福」でGoogle検索をかけてみて、上位ヒットした2つの店舗で買うことに決めました。なお、これは2020年の3月当時の結果なので、現在では違う検索結果となります。

2021年3月に再検索をかけたところ「弁才天」というお店が最上位に出てきました。こちらについてはまた別の機会に記事にできたらなって思っています。

当時、検索上位だった2店舗のGoogle評価を書いておきます。葵園菓子舖、近江屋本舗というお店です。

葵園菓子舖(Google評価 4.4点)

2021年3月30日にもう一度検索してみたら4.3点という評価でした。ほとんど変わっていませんね。

近江屋本舗(Google評価 3.9点)

こちらも2021年3月30日に、もう一度検索してみたら3.9点という評価でした。全く一緒でした。

実際に葵園と近江屋本舗まで訪問しました

葵園菓子舖(岡崎市籠田町8)

葵園菓子舖

葵園菓子舖の隣にはちょっとした公園があります。たまたま訪れた日だけけかもしれませんが、移動販売のお店もあり、暖かい日にはベンチに座りながらお弁当を頂いたり、お店で買ったものを食べることも可能です。

お店の外観は、昔からある和菓子屋さんにはあまり見えず、とても綺麗な印象を受けました。よくある和菓子屋さんみたいに、ショーケースは横に広すぎることもなく、あまり左右に動くことなく商品が選べました。お買い求めしやすい感じです。

葵園
葵園フルーツ大福

たくさんのフルーツが入っている大福の外にはチョコパウダーがかけられていて、良いアクセントになっています。写真通りですが、非常に柔らかい大福でした。

じゃらん特集一覧

近江屋本舗(岡崎市矢作町加護畑107)

近江屋本舗

外観はコテコテの老舗の和菓子屋さんという感じでした。

近江屋本舗

店内は非常に広く、たくさんの商品が取り扱われていました。老舗のような感じではあったものの、キャッシュレス決済も行えるので非常にありがたいです。品数が豊富過ぎて、あれもこれも目移りしてしまいます。

近江屋

ちょっとした自宅用のフルーツ大福を買いにいっただけなのに、美味しいお茶とお茶請けを出して頂けてとても嬉しかったです。小さなお客さんも大事にしてくれる印象を受けました。ちょっと渋めの日本茶とほんのり甘い餅菓子がまた絶妙にマッチします。

葵園と近江屋本舗を食べ比べ

葵園のフルーツ大福は典型的な大福という感じで、食べ応えがある印象を受けました。一方、近江屋のフルーツ大福は今まで食べたことのない新食感でした。外のお餅が非常に柔らかく、口にするととろけてしまうような感じだ。中はムース上になっていて、フルーツが固形で入っているわけではありません。

下の写真は近江屋本舗のフルーツ大福です。

近江屋本舗

筆者は葵園のザ・大福という食感も好きですし、近江屋本舗のもちもちふわふわの柔らかすぎる食感も好きです。どちらが美味しいかというものではなく、それぞれの方の好みの問題だと思います。全く同じものであれば食べ比べをする意味合いがありません。

Google点数評価はあくまで参考程度に

Googleの点数評価はあくまでも客観的なものなので、自分自身の口に合うかどうかは別の問題です。

今回は葵園と近江屋本舗という愛知県岡崎市にお店を構える2店舗のフルーツ大福を頂戴しましたが、どちらも非常に美味しいものでした。

旅や行楽の道中で、少し時間に余裕があるときはGoogleで調べてみて、いろんなお店に訪問してみるのも面白いと思います。旅先での一期一会を楽しむのも醍醐味だとだ思います。

岡崎はフルーツ大福が割と有名なようで、またの機会にいろいろなお店を食べ比べてみたいものです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!