アメリカンタイプのバイクに憧れて原付アメリカンを買ったら長続きするか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自動二輪の免許を持っていない人にとって街中で颯爽と大型のバイクを扱う姿はとても格好よく見えるものだ。もちろん、筆者の意見に賛同頂けない人も多いことだろうとは思う。どんな世界でも一度足を踏み入れると、上のクラスのものが欲しくなったりするのが多いと聞く。筆者にもそんな経験がある。隣の芝生は青く見えると言われるように、何に対しても目移りしてしまうものなのだろうか。

乗り物は必要最低限で良いと思っていた

筆者は車の免許すらAT限定で取得するくらいのタイプの人間だ。それがいつの間にかAT限定解除をしたり、ロードバイクに乗って楽しんだりしているのだから自分でも驚きでもある。

一度、足を踏み入れると色々なものが見えてくる。さらに深みに入りたい、より良いものをと考えていると正直キリがないものでもある。

レーシングカートを始めれば少しでも大きなコースのレースに出たり、よりスピードやパワーのあるカテゴリーのエンジンに乗りたいと思うのもそういった流れなのかもしれない。クロスバイクに乗り始めれば、ロードバイクを経験したいと思うのもまた同様なんだろうと思う。

もともと二輪には無関心だった

人生で初めて買った車がAT車。そんなタイプの人間だから、二輪車など興味はなかった。正直、二輪のレースを見ても、F1のようには惹かれるものはなかった。

きっかけは映画HiGH&LOW

日ごろの足にちょっとしたバイクもいいかもしれないなと思っていたところ観たアクション映画「HiGH&LOW」という映画。シリーズによって登場主人公はいろいろ変わるのだが、だいたいの共通項はバイク。

中でも雨宮兄弟という3人の兄弟が乗るハーレーが最高に格好良く見えた。

引用:HiGH&LOW

二輪への興味は薄いとは言っても、モータースポーツが好きなので多少は知っているつもりだ。MotoGPで見るようなタイプのバイクよりもアメリカンタイプの方が自分の好みに合っている。

引用:auto sport WEBより

普通免許で乗れるバイクは原付だけ

普通運転免許しか持っていない筆者には自動二輪は残念ながら運転できない。これが現実である。原付免許しかない人間に乗れるものはあるのだろか。

HONDA MAGNA FIFTY

HONDA JAZZ

aprilia クラシック50

これらのバイクは見た感じ原付には見えない。聞いたところによると、原付に見せないサイズ感だということだが、写真だけ見ていれば理解はできるコンセプトだなとは思う。

原付免許で乗れるバイクは選択肢の幅としては非常に少ないが、きちんと存在することが分かる。

原付アメリカンという選択肢はアリか

時間の経過とともに上に行きたがることがなければ原付アメリカンという選択肢も十分ありなのかもしれない。しかし、近所への足というよりは、天気がいい日にちょっとだけ足を伸ばして気持ちいい風に当たりたいといったスタンスで楽しんだ方がいいかもしれないと思うようなバイクである。

二輪車は速いものが性能が良く素晴らしいものだと評されがちである。しかし、ある程度のレベルまで行けば違いはあまりないのかもしれない。筆者が足を踏み入れていたレーシングカートの世界でも実は同じである。

カートのフレームはブランドで色々展開されているが、フレーム特性は色々あるが、どちらが速い遅いなどという議論は公ではされていない。結局は自分の好みなのである。

もちろんロードバイクの世界でも同じである。心からその世界に入り浸っている先輩たちは、そんなことで追い出したりしないものだと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク