アメリカンタイプへの憧れだけで原付アメリカンを買うのはアリかナシか

自動二輪の免許を持っていない人にとって街中で颯爽と大型のバイクで風を切って走る姿はとても格好よく見えるものです。もちろん、筆者の意見に賛同できないよという人も多いことだろうとは思います。どんな世界でも一度足を踏み入れてしまうと、より上のものが欲しくなったりすることがあるものです。小型バイクから中型、大型へ、お買い得なものからより高価でいいものへ、筆者にもそんな経験があります。筆者のあこがれはアメリカンタイプのバイクですが、形だけで原付アメリカンを買うことはアリなのでしょうか、それともナシなのでしょうか。

乗り物は必要最低限で大丈夫という人

筆者は車の免許すらAT限定で取得するくらいのタイプの人間だったりします。それがいつの間にかAT限定解除をしたり、ロードバイクに乗って楽しんだりしているのだから自分でも驚いてしまうくらいです。

一度、足を踏み入れると色々なものが見えてくるものです。さらに深みに入りたい、より良いものをと考えていると正直キリがありません。

筆者が長いこと関わってきたレーシングカートでも同じでした。いざ活動を始めれてみれば少しでも大きなコースを走りたくなったり、練習よりもレースが楽しかったり、いまよりもスピードやパワーのあるカテゴリーのエンジンに乗りたいと思うのもそういった流れなのかもしれません。

そして、いまでもクロスバイクに乗り始めれば、ロードバイクを経験したいと思うのもまた同様なんだろうと思います。

スポンサー広告

もともと二輪には無関心な人

人生で初めて買った車はオートマチック車です。そんなタイプの人間だから、二輪車にも興味はありませんでした。かっこいいとは思うものの、乗るとなると話は別。二輪のレースを見ても、F1のようには惹かれるものはありませんでした。

こんな性格だから原付に乗ったのも、免許の教習所だけだったりします。

きっかけはHiGH&LOWという映画

日ごろの足にちょっとしたバイクもいいかもしれないなと思っていたところ、家族の影響で観たアクション映画「HiGH&LOW」という映画。シリーズによって登場主人公はいろいろ変わるのですが、登場人物のだいたいの共通項はバイクだったりします。

その中でも雨宮兄弟という登場人物が乗るハーレーが最高に格好良く見えたものです。

二輪への興味が薄いとは言っても、モータースポーツ全般が好きです。MotoGPで見るようなレーシーなタイプのバイクよりもターミネーターで出てくるようなアメリカンタイプの方が自分の好みには合っています。

写真はレーシーなタイプのバイクです。(引用:auto sport WEBより)

スポンサー広告

普通(中型)免許で乗れるのは原付だけ

普通(中型)運転免許しか持っていない筆者には自動二輪は残念ながら運転できません。いくら憧れがあったとしても、これが現実です。そんな人にとって救いとなってくれるものはあるのでしょうか。少し調べてみました。

HONDA MAGNA FIFTY

写真はグーバイクより引用しました。

HONDA JAZZ

写真はグーバイクより引用しました。

aprilia クラシック50

写真はグーバイクより引用しました。

これらのバイクは見た感じ原付には見えません。聞いたところによると、原付に見せないサイズ感で作られたということらしいですが、写真だけ見ていれば理解できるコンセプトですよね。

原付免許で乗れるバイクは選択肢の幅としては少ないものの、きちんと存在することが分かります。

原付アメリカンは条件付きでアリ

時間の経過とともに上へ行きたがることがなければ原付アメリカンという選択肢も十分ありだと思います。近所への足だけではなくて、天気がいい日にちょっとだけ足を伸ばして気持ちいい風にも当たりたいといったスタンスで楽しむにはちょうどいいと思うようなバイクです。

二輪車は速いものが性能が良く素晴らしいものだと評されがちですが、ある程度のレベルまで行けば違いなんてあまりないのかもしれません。そもそも、一般ユーザーが感じ取れる違いなんて、実はそんなにないはずです。

筆者が足を踏み入れていたレーシングカートの世界でも同じことが言われがちです。カートのフレームはブランドで色々展開されていますが、フレーム特性は色々あります。乗り心地や扱いやすさも人によって受け方が異なります。

どちらが速い遅いなどという議論は公ではされていません。結局は自分の好みなのです。

好きでその世界に入り浸っている先輩たちは、持っているものが違うからということで追い出したりしないものだと思っています。原付アメリカンという選択肢、面白そうですね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!