少しだけ背伸びをして気楽にリゾート婚も良いなと思ったハワイ挙式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近は、極力お金をかけずにスマートな形で簡単に挙式や披露宴を済ませるカップルも多いと聞く。1.5次会だとか、会費制ウエディングだとか、式自体のスタンスだけでなく、レンタルドレス、格安ドレスもシェアを上げていると聞く。挙式と新婚旅行、国内挙式では経験できないことが経験できる海外挙式の中でも、特にハワイ挙式について経験談をもとに書いておきたい。

ハワイは海外旅行先として屈指の人気

筆者はハワイ挙式の経験者だが、バリにしようかハワイにしようか迷っていた時期がある。初めての海外旅行だからということもあるが、やはりビーチ、食事、お土産、スタンダードなどいろいろなことを加味すると最初の海外渡航先はハワイが良いなと思ってハワイを選択した。

一度ハワイに行かれたことのある方なら理解頂けると思うが、ハワイ独特の雰囲気だったり、ショッピングのしやすさは、一般人でも病みつきになる。

もちろん、ウエディングという点では観点が異なると思うので、少し補足させてもらいたい。

ハワイウエディングが人気の理由

日本とは違う時間軸と治安の良さ

ハワイは日本から飛行機で10時間ほど、はるか遠くの日付変更線を跨いだところに位置する島国。アメリカ合衆国になるのだが、島国というだけあって(一部地域を加味しても)犯罪発生率が低いと聞く。もちろん、日本のように比較的夜も自由に歩けるわけではないが、人通りの多いメインストリートであれば、ある程度の時間帯までは人通りも多く安全だ。すれ違う日本人観光客も多いのも安心できるポイントではないだろうか。

そういった背景のため、街中でも日本語が通じる店があったり、最悪困ったことがあれば通りすがりの日本人観光客に助けを求めれば何とかなることも多々ある。

筆者自身もショッピングモールで日本人観光客のおばちゃんに店員が何を言っているのか、いくらだと言っているのかと聞かれたことがある。しかし、決して英語が堪能というわけではないので、こんな感じのことを言っていると思いますよとしか言えなかったのが申し訳なく感じたものだ。

沖縄もそうだが、島国の特徴としてあまり喧騒としていないので、滞在中は非常にゆったりと過ごすことができた。やはり独特の時間軸があるのだろうか。

日本ではレアな海に面したチャペル

筆者たちが一生に一度の挙式会場としてハワイのチャペルを選んだ大きな理由は、チャペルから海が見えることだった。すぐそばに海が開けており、非常に神聖な気持ちになることができた。

また青い海に純白のウエディングドレスは映えすぎて非常に見とれてしまう。日頃から彼女のことは見ていたが、やはり純白ドレス姿はまた格別なものである。

参列招待客が少人数で済む

日本から10時間近くかかる距離なので、往復交通費だけでなく労力も、時間も比較にならない。通常、結婚式であれば招待客の席次、会社の中でもどういった役位の方を招待するのか、車代はどうするのか、挨拶は誰にお願いするのか、など式に付随することに頭を悩ます時間も多い。

それが日本から遠く離れたところで挙式を行うとなれば、家族や本当に親しい友人などを招待するだけでよく、そういった余計な気を遣う必要がないのである。式に参列の場合はアロハシャツで、式後の食事会も日本で行う以上にアットホームな感じで行われることが多い。

式前後のフォトセッションが素晴らしい

ロケーション撮影など、挙式の前後にフォト撮影を予定する人も多いはずである。チャペルの所在地にもよるが、チャペル内撮影にしても、ビーチやストリート撮影にしても、日本では撮影できないような内容の濃い場所もたくさんある。

旅行も兼ねており移動費や時間の圧縮ができる

式後は新婚旅行も兼ねているので、移動交通費や移動時間の圧縮ができるのも魅力の1つではないだろうか。チャペルや介添えなどのフォロー体制を考えると、世界どこでも良いというわけには行かないのは少しマイナス評価かもしれない。

ハワイウエディングの短所

国内お披露目の場が必要になるケースがある

当然周囲には結婚式を挙げること、挙げたことは伝えてあるとは言っても、いろんな建前上、国内で披露宴や会食会などの開催を余儀なくされるケースもある。最近はリゾート挙式が広く浸透しているようで、レストランでのウエディングで1.5次会などといった造語もよく聞かれるようになったのではないだろうか。

新郎新婦の負担になるのを避けるために、会費制ウエディングなどといったものも主流になっている。

挙式と新婚旅行を別の国で行うことができない

あくまでも挙式を挙げた国が新婚旅行先ということになる。時間と金銭面で余裕があれば、別の国に行って、ということもできるが一般の方には限度があるだろう。挙式はハワイで、新婚旅行はヨーロッパへ、ということはなかなか現実的に難しい。

スケジュール的に圧迫される

いくら事前に国内で挙式の打ち合わせを十分に行ってから現地に向かうとしても、現地着後すぐに最終確認・打ち合わせがあり、翌日は挙式。圧縮してもこういったスケジュールではないだろうか。

1週間滞在するとしても約2日は挙式のことで精いっぱいとなる。ということは、純粋に旅行ができる時間が減るということは大きなデメリットかもしれない。ましてや仕事の都合等で、長期に渡る休みが所得出来ない場合はなおさらだろう。

ハワイウエディングに強みを持つ会社

タカミブライダル

引用:タカミブライダルHP

もともとの企業の興りとしては京都の衣装店からと聞いたことがある。そういった背景もあり、ウエディングドレスの品質にはとても定評がある。ハワイ挙式ではあまり縁がないかもしれないが、和装からボリューム感あるドレスまで選択肢は幅広い。

筆者はタカミブライダルでお世話になったが、国内のサロンで試着を重ね、現地法人もあるのでフォロー体制としては申し分ない。もちろん、現地スタッフは日本人であり、英語に不安のある方も心配無用だ。

日本から遠く離れた外国で挙式を挙げる際は、やはり現地法人の有無は会社選択の大きな要素になるのかもしれない。問題が起きることは少なくても、安心感は替えがたいものである。

ワタベウエディング

こちらも元々の企業の興りはタカミブライダルと同様に京都の衣装のお店のようだ。昔は婚礼衣装を扱えるお店が少なかったのか、そこからの事業展開でウエディングドレスやプランの提案、挙式の催行に変遷していったのかもしれない。

引用:ワタベウエディングHP

現在は、株式を取得して子会社化を進めたり、証券取引所に上場を果たすなど地盤を固めた経営を行っているようだが、大きくなりすぎた経営体制に難があるのか、少しトラブルも起きているようだ。

筆者も詳細は分からないし、調べる限りでは子会社のトラブルということなので、明記は控えたいと思う。

H.I.S

H.I.Sと聞けば旅行会社というイメージが強いと思う。

引用:HISウエディング専門セクションHP

基本的には旅行会社なので催行会社とタッグを組んで顧客の獲得を行っている。旅行会社を経由しているからといって大幅に値段が上がることはないような印象だ。

挙式のオプション、明細は非常に分かりにくいというのが経験者から見た印象だ。そのあたりで上手く調整されているのではないだろうか。

JTB

引用:JTBウエディングHP

前述のH.I.S同様にベースは旅行会社になる。こういった旅行会社経由で申し込みをすると、一部路線のトロリーの無料券が付けられたりする。そういった独自のプランは魅力的にも思える。

それぞれ良し悪しはあるので、自身のスタンスで会社を選ばれるのも1つではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク