自転車パーツ

ロードバイクは雨の日にパンクしやすいという言い伝えを身をもって経験した

春先は天候も不安定で出勤の時も、退勤の時も晴れているということはなかなか多くないように感じている。久しぶりに天気が安定していることもあり、自転車通勤を選んでみた。当日明け方まで雨が降っていたようで、路面は所々水たまりの見られる完全ウェット状態。ブレーキの制動力が落ちることは容易に想像がつくが、まさかの事態に発展するとは思わなかった。

続きを読む

ちょっと試しに買ってみたSELLE ROYALの2,750円のサドルは品質的に問題があるのだろうか

何か良いものはないかと、初売セールをやっていた名古屋市の店に顔を出してみた。1万円の福袋を買うつもりだったのだが、確認ミスで、それはオンライン店でしか取り扱いがないとのこと。冬用のウエアが狙いだったのだが、たまたま初売りセールで予想以上に安く買えたこともあり、その差額で買えるものがないかさらに物色していたところ、欲しかったサドルが2,500円で売られていたので思い切って購入してみた。

続きを読む

しばらく使っていないラゲージチェッカーを使って自転車の重量を計測してみたら意外な結果だった

昨年、海外旅行のために買ったラゲージチェッカーは帰国後一切使う機会がなかった。自分の乗っているクロスバイクはカタログに重量が載っていないこと、そして譲り受けたロードバイクもいまいち重量が分からないということで、いきなり何を思いついたのか分からないが、棚の奥から引っ張り出してきて使ってみたら結構意外な結果が出た。

続きを読む

あさひから来たメルマガで紹介されていた自転車丸洗いクリーナーを使って年末大掃除してみた

自転車丸洗いクリーナー

12月中旬にサイクルベースあさひから届いたメルマガの中でクリーナーが紹介されていた。年の瀬を迎え、せっかくなので一回使ってみようかと思い、お店を訪れた際に試しに買ってみた。クロスバイクのチャオは購入して約1年が経過、ロードバイクのRNC7は譲り受けてまだ1ヶ月、定期的に掃除しており、それほど汚れていないとは思うが、さて年末大掃除の始まりだ。

続きを読む

汗ばむ夏に着る白いサイクルジャージは世間的に大丈夫なのだろうか

特に夏に着る白い衣服は体が透けないか気になるものだ。サイクルジャージもその例外ではなく、男性の筆者が着たとしても気になる。トレーニングとして1日自転車に乗り続けて、どこにも寄ることなく、終わり次第自宅に帰るだけであれば気にすることもない。白いサイクルジャージを着たまま、どこか人の集まるところに行けるだろうか。男性だからこそ許される、とも言われているが実際のところはどうなのだろうか。ちなみに筆者は気にする方である。

続きを読む

このタイヤ繊維は一体なんなんだろうかと最大限の不安を覚える

7、8月にかけてなかなか自転車に乗れない日々が続いてしまった。1番の原因は天候が良くないということに尽きるが、ほかにも私用などいろいろな原因があった。久しぶりに乗る気マンマンで準備していたら、タイヤのバルブが脱けてしまうアクシデントが発生。専用の工具を使えば難なく差せるということが分かり、そのアクシデントからも復活。そして次もまた予想外のアクシデントが発生してしまった。タイヤ自体は消耗品だからと捉えていいものだろうか。

続きを読む

樹脂製のボトルケージは耐久力がなくてやっぱりダメなのかもしれない

クロスバイクを購入して間もなく取り付けたボトルケージ。当初は、あまり質にはこだわりがなく、値段重視で選んでしまった経緯がある。どちらかと言えば柔らかい質感のプラスチック製のボトルケージだった。あるとき駐輪場でケージが破損されてしまい、新しく違う質感のものを取り付けて、前後で別々のものを使用してきた。先日、フレームとチェーン・スプロケ周りを掃除していて、たまたまボトルケージを取り外したところ、劣化が原因なのか、受けた強い衝撃が原因なのか分からないが、亀裂が入っていることに気が付いてしまった。

続きを読む

教えてもらったSTRAVAというアプリが使い勝手がよく気に入った

通勤でクロスバイクを使う人にとっては、できるだけ余分なお金をかけずに、安くスポーツ自転車の生活を送りたいと思っている人が多いと思う。ロードバイクに乗る人であれば、また少し違うのだろうが、筆者自身もそのように思っている。すべてのものを節約したいというわけではなく、お金をかける所と節約したい所をしっかり分けたいということだ。好みの問題もあると思うが、恐らくサイクルコンピュータに関しては、その対象の1つと考えている人も多いと思う。買った方がいいのか、なくてもいいのか、それとも何か代用できるものはないか、少し考えてみた。

続きを読む

MASSLOADのボトルケージのカラーリングが似合っていて驚いた

先日、クロスバイクのボトルケージを交換して以来、初めて通勤で使用した。すっかり自分のボトルのカラーリングのことを忘れていたが、セットしてみるととても似合っていることが分かった。これなら一旦、同じカラーで統一してもいいかなって思えた。自転車置き場のカオスは相変わらずひどい状態だ。いつ、どこで、どんなアクシデントに遭うか分からないが、この強度であれば子ども自転車のアタックがあってもきっと乗り切ってくれるだろうと思う。

続きを読む

スポーツ自転車用タイヤのサイドウォールのクラックについて

念願のスリックタイヤとしてSCHWALBEブランドのKOJAKを選択した。タイヤ交換をしてこれで700km近く走行した。先日、ボトルケージの取り付けをした時に、ちょうどいい機会だということで久々にフレームを掃除していたら、気が付いてしまった。タイヤのサイドウォールにクラックが見つかったのだ。見た目の印象としては、長年履き続けているタイヤに発生するクラックのようだった。タイヤ自体のクラックは決して珍しくはないと思うが、原因は何で、そのまま履いていても大丈夫なのか不安にもなる。

続きを読む
スポンサーリンク