運動器官の中枢にあたるところのケガほど主治医選びが何よりも重要

筆者は7年も前に脊椎の大けがをした。腰椎の破裂骨折というもので、将来の影響も考えて手術を受けた。全身麻酔を経験したのは、この時が初めてということになるのだが、改めて思ったのは主治医の存在の大きさである。休日の事故でケガをしたのだが、市内にある病院がいくつかある中で、その当時の受け持ちの病院がそこで、たまたま運ばれたとは言ってもやはり信頼できる主治医に出会えるか運も大事だなと感じた。

続きを読む

コロナウイルスに対するメルケル首相の演説文があまりにも秀逸だったので全文紹介したい

全世界がコロナウイルスによる混沌に陥るなかで、各国のトップのリーダーシップに注目が集まっている。トップのリーダーシップによって、国民の支持率が急浮上する場合と、急降下する場合の二極化をしていると感じる。日本では、一住所につきマスク2枚の支給、厳しい支給要件はあるものの30万円の給付など、いろいろな情報が錯綜している。今回はドイツのメルケル首相の国民に対する演説文があまりにも秀逸だと思ったので是非紹介したい。

続きを読む

タイヤシーラントを使ってタイヤパンクを修理したら通勤ユースであれば問題なかった

先日、雨の日にパンクをしてしまって以来、たまたま体調不良と腰の痛みでしばらくの間、ライドから遠ざかっていた。体調不良もだいぶ落ち着いてきたこともあり、春になりライドに向く天候もしばらく続くので、自転車通勤を再開しようと思って行動に移した。シーラントでタイヤパンクを修理したが、結果はどうだろうかということも気になった。

続きを読む

素人でも応急処置ができると感じたチューブラータイヤのシーラント注入

先日、ロードバイクのチューブラータイヤをパンクさせてしまった。まだ、新品に交換して間がなかったこともあり、通勤仕様として使うサラリーマンには再度新品を投入することが非常にもったいなく感じた。何とかならないかなと思い、せっかくだったので自力でパンクを修理しようと思って奮闘してみた。

続きを読む

いくらリクルートでも紙メディアの運営は課題山積なのかもしれない

30代以上の人であれば、聞いたことがあるだろう「リーマンショック」。リーマンショック以降は求人市況も着実に良い方向に転じてきたと言える。良い方向とは言っても、あくまでも求職者の視点での話にはなるので、企業側にとってはずっと厳しい状況が続いている。求人広告の会社が売上を上げ、利益確保してきたのは、求人広告の掲載依頼をする立場の人間として肌で感じてきた。

続きを読む
スポンサーリンク