軽い蕁麻疹に市販薬エルモディアを使ってみたら結果はこうなった

先日、ごく軽度の蕁麻疹が出てびっくりしました。今まで蕁麻疹が体に出たことがなかったので余計に驚いてしまいました。本来は医師の診断を受けて、というのが理想なんでしょうが、なかなか平日に病院に行けない職場環境にいますので、しかたなく市販薬を使ってみたところ、意外と良くなったので紹介したいと思います。

蕁麻疹の原因は結局よく分からずじまい

アレルギー反応と言ってしまえば、それで終わりになってしまいます。また、体の不調を何でもかんでもアレルギーで片づけられてしまうことにもなります。症状に対して、原因不明の場合はストレスが原因とも言われますよね。

蕁麻疹が出てから市販薬のエルモディアを使うまでの顛末は過去記事に書きましたので、ご覧ください。

こうして1週間以上経過しても、本人に自覚症状がまったくないため、はっきりした原因は分からないままです。「強いて言えば」的なものもまったく身に覚えがありません。

スポンサー広告

エルモディアを使い始めて2週間後の様子

2週間が経過したとはいっても、朝昼晩と塗っていたのは異常が出た直後の1週間だけです。その後1週間は朝だけ、状態も落ち着いてきたので痒みが生じたとき、夜中に掻いてしまっていた時だけの塗布にしました。

ちなみにここ3、4日は全く塗っていません。

光の当て方にもよるのかもしれませんが、少し肘の内側が黒ずんでしまったような引用も受けます。でも赤みや発疹は全くありません。

下の写真は蕁麻疹が出た直後の様子です。

あまりに肌の色が違うのは、スマホの光度の補正が影響です。もともと日焼けをして色黒な方なので、1枚目の写真の方が実物に近いのかもしれません。

個人差はあると思うがある程度は使える市販薬

日頃、カゼから来る体調不良で市販の風邪薬を服用してもあまり効かないことの方が多いような気がします。のどが痛かったり、咳が酷くて市販薬を服用してもあまり症状が好転することはないです。

そういったことを経験しているから、市販薬に対して全幅の信頼を寄せているわけでもないですし、塗り薬なんて気休め程度のものだと思っていました。

ですが、今回市販薬なのに意外と早く治ったので驚いています。

スポンサー広告

もともと蕁麻疹は一過性のものなのかもしれない

もともと蕁麻疹は一過性のものが多いと聞きます。

そうすると、薬を塗布することなくても、実は自然と治まる見込みがあったのだという考え方もできます。薬は必要なかったのかもしれませんが、いろいろ調べられるいい機会になったということでプラスに捉えておきたいと思います。

とりあえずは薬のおかげということで。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!