軽い蕁麻疹にエルモディアPEクリームを使ってみたら結構よかった効き目があった

小さい時から皮膚が強くて、というわけではありませんが、アトピーや蕁麻疹などトラブルに見舞われることの少ない体質でした。最近は年を重ねたせいなのかもしれませんが、少しずつ体のあちこちが弱くなってしまったのかなと感じる部分も出てきました。いつまでも健康でありたいものですね。先日、特に思い当たる節はありませんが、何かの拍子で蕁麻疹が出てしまいました。

本人が思い当たるきっかけは何もない

筆者は花粉症(スギ、ブタクサなど)のアレルギー反応はありますが、食べ物や材質などに対する強いアレルギー反応はないと思っています。とは言っても、血液を用いたアレルギー検査自体を受けたことがないので自覚症状がないだけかもしれませんね。

アレルギー症状がある人は保険適用の上、検査が受けられるようなので一度試してみてもいいかもしれません。

次の記事はMedicalookより引用しました。参考にしてみてください。

スポンサー広告

40歳にして初めて蕁麻疹が出てしまった

前日も、その前日も、ずっと同じ環境に身を置いています。特に変わった食べ物だとか、初めて食べた物もありません。本当に何一つ思い当たらないのです。

最初に違和感を感じたのは両手の甲部分。

特に右手側に強く現れました。ぜんぜん気づかずに、何か手が痒いなと思って、不意に見たところ蕁麻疹(のようなもの)が出ていたのです。外出先だったので、何もできませんでした。

帰宅後に保冷剤で冷やしてみたところ強い痒みは治まりました。

その日の就寝中に肘の内側が痒くて、うとうとしながら掻いてしまったことは若干ながら記憶にあります。翌日の日中はすっかり痒かったことを忘れていて、再度夜に痒みが出てしまい、服を脱いだところ蕁麻疹だったのです。

蕁麻疹の写真(初日)

酷かったのは、左肘の内側でした。無意識のうちに掻いてしまったせいもあると思いますが、少し広域に広がってしまったのです。

右肘の内側は特に問題ありませんでしたが、うっすらと蕁麻疹のようなものが一部発現しています。赤みを帯びたところは若干痒みがありました。

手の甲は右手の方が少し強く現れました。特に指の付け根のところになります。1日経過した時点での写真なので、ほとんど消えてしまっています。写真ではほとんど分からないと思います。

スポンサー広告

とりあえず市販薬を使うことにした

ドラッグストアで見つけた第2類医薬品のエルモディアPEクリームという薬です。筆者の第二の故郷である富山県富山市のジャパンメディック株式会社(リンクはこちら)から販売されている製品になります。

学生時代が懐かしく、医薬品を買うときは特に自分の希望するメーカーや銘柄がなければ、富山県の商品を自然と購入してしまっています。

ドラッグストアで皮膚用の軟膏を手に取ったのは何年ぶりか分かりませんが、成分表だけで効能が理解できるほど薬に詳しいわけではありません。

今はネットで手軽に調べられる

自宅に帰り、いろいろ調べてみました。気になった成分を2つだけ書いておきます。

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル

まず、こういった軟膏はステロイドが含有されているのだろうなと思い、調べてみました。成分のトップに書かれている「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」というものが、どうやらステロイドらしいです。

今は非常に便利なもので、ネットでいろいろ調べれるから楽ですね。薬の用法・用量、効能、副作用なんかがすぐに分かります。

ステロイドにもいろいろな段階みたいなものがあって、プレドニゾロンがどこに分類されているか調べてみました。第一三共ヘルスケアのサイトから引用しました。(第一三共ヘルスケアHPはこちら

今回購入した薬のステロイドの強さは普通の中でも強い方らしいです。第2類医薬品であるということも考えれば、なんとなく納得できるところです。

リドカイン

成分表の2番目に書かれているのはリドカインというものでしたが、局所麻酔作用により、痒みを鎮める成分のようです。

KEGGというサイトから引用しました。(KEGGのサイトはこちら

蕁麻疹の写真(2日目)

手の甲に出た蕁麻疹ほとんど見た目では分からなくなりましたが、肘の内側はまだ残っています。

1枚目が2日目の写真、下の2枚目が初日の写真です。

しっかり見ると赤い斑点上になっていたものが、少し改善されているのが分かるかと思います。2日目は入浴後に撮影しましたので、血流が良くなり少し赤みが出てしまった部分があります。

なお、痒みは大幅に改善されました。ほとんどないレベルです。

蕁麻疹の写真(3日目の朝)

撮影場所が違うので見た目の印象が少し異なるかと思います。でも、確実に改善されていることが分かります。

皮膚科を受診することがベスト

蕁麻疹は原因が分かるものとそうでないものと、両方あると聞きます。

医学の知識のない人があれこれ考えても分からないものです。蕁麻疹の赤み、広がり方、痒みによっては、やはり皮膚科医にかかるのが一番いいと思う出来事でした。蕁麻疹が起きた本人ですら原因が分からないのですから。

今回、市販薬で治まったということは程度が軽かったのと、早い段階で薬を使えたのが良かったということに過ぎないと思います。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!