くも膜下出血で家族が緊急入院となり自分にできることはないのか考えた

僕よりも若い身内がくも膜下出血となってしまい、数日が経過しました。病名を聞いたことは今までにも何度となくありましたが、具体的になにがどうなってなんてことは全く知りませんでした。医師から病名と今後のことを聞いた時に身内のものとしては呆然と泣くばかりで、他には何もできませんでした。同じ立場で苦しんでいる人に読んでもらえればと思ってあえて記事にさせて頂きました。

くも膜下出血の怖いところは前兆がなく、突然起こること

今回は2人でウォーキングしたり、基礎体力作りの運動中に起きた出来事だと聞いています。いきなりバタっと崩れ落ち、しばらく動けなかったようです。声もなかなか出せず、痛いところが言えなかったと聞いています。

その後、医師の聞き取りの中で、夕方ごろは頭が痛かったとのこと。直接の因果関係は分かりませんが、ロキソニンを飲んでも頭痛が解消されることはあまりなかったようです。

ネットを見ていると、バットで殴られたような激しい痛みが生じるとのことでしたが、本人はそこまでは言ってませんでした。倒れた時に顎を地面に打ってしまい、切創していましたが、そちらの痛みよりも頭の方が痛いとのことです。

後になって思えば、という程度のものなので大きな前兆がないことが圧倒的に多く、前兆が出た時には、すでにくも膜下出血になっているということが多いようです。

スポンサー広告

くも膜下出血の特徴みたいなもの

ここからは医師から聞いたことを中心に書きます。覚えていることを書くので、少しずれたところもあるかもしれません。

全体的な話からです。

発症した患者さんの統計からですが、まずは男性よりも女性の方が発症する確率が高いということです。そして、怖いのが、1/3の患者さんが亡くなっていること、1/3の患者さんは何らかの後遺症が残ること、そして1/3の患者さんは何事もなかったのように社会復帰を果たしているとのことです。

復帰する確率は確かに高いのですが、亡くなってしまう可能性も高いという、少し矛盾したようなデータです。

なぜ怖いのかということについては大きく2点です。

  1. 発症から4日間くらいまでは再出血のリスクが高い(とくに最初の24時間以内に起こる再出血は危険)
  2. 4日後から14日目までは攣縮(れんしゅく)といって合併症が起こりやすい

合併症の中で多いのが、脳の血流が悪くなることで起こる脳梗塞や水頭症、肺炎などのようです。容体の急変といったこともあるので怖いです。

くも膜下出血の原因はなにがあるのか

原因としては3つだそうです。

  1. 動脈瘤の破裂による出血
  2. 血管が割けてしまい出血
  3. 静脈からの出血

そして、さらにその原因みたいなものは飲酒・喫煙・高血圧や先天的な血管の奇形、一部が外傷によることもあります。原因を特定するためにCT、MRIなどを受けますが、血管内の造影検査で確定しているようです。大腿の動脈から針を通していき、脳の血管に造影剤を流し込み、血管の形を映し出します。そうすると動脈瘤の形や大きさがよく分かります。

動脈瘤があるという前提での話になりますが、出血直後は造影検査をしても動脈瘤の場所などが特定できないケースも多いようで、そういった場合は少し時間を空けてから再検査となります。

本格的な治療に至るまでは、絶対安静。血圧の厳格なコントロールがされます。血圧が上がるようなことは一切厳禁で、精神的に落ち着かせる薬が投薬されます。

スポンサー広告

家族としてできることはないのか

最近は、コロナ禍ということもあり面会は一切許されません。また、当面はICUにて管理されますのでスマホなどの外部と連絡をとることのできる手段もありません。

患者さんも不安ですが、患者さんの身内の者としても不安は大きいです。というか、正直なところ不安しかありません。病院では病気のリスクみたいなところしか聞かされていませんので余計にそう感じざるを得ないのです。

医師からは携帯は常に手元に置いておいて、いつでも連絡が取れるようにしてくださいと言われているので、携帯のちょっとした動きにとても敏感になってしまいます。電話やバイブでの通知にビクビクした生活を送っています。いろいろな物事にナーバスになり過ぎるのです。

自分たちの目の見えないところにいるので、ただただ無事を祈るしかないのです。なんとか命だけは助かって欲しいと常に思っています。人によって自分を落ち着かせる方法は違うと思いますが、筆者自身は近くの寺院に足しげく通わせていただいて、無事を祈るばかりです。

繰り返しになりますが、まずはなんとか命だけでも助かって欲しいものです。

生きていればいろいろな光は見えるものです。たとえ困難があったとしても。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!