ある時突然発生した腰の痛みは腰ではなく骨盤から来るものだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もともと腰痛持ちなので、体に疲れが溜まってくると、ちょっとしたことで腰が痛むことがある。先日、特に何もしていないのだが、車から降りて店舗に向かう際に腰に違和感を覚えた。荷物を持っていたわけではないし、特に体に疲れが溜まっていたわけではなかったと自覚している。1週間が経過しても痛みが改善されなかったので、近くの医者にかかったところ、思いもよらぬことを言われた。

もともと腰痛を持っていると思っていた筆者

遡れば中学生の時のマット運動に原因があるかも

中学生の時のマット運動で腰を痛めたのがきっかけではないかと思っている。他に思い当たるものがなく、自分で思っているだけで、実はひょっとしたら勘違いかもしれない。

前転を繰り返している時に筋を痛め、数日間は痛かったと記憶している。スポーツの出来る子ではなかったので、あまり気にすることはなかったが、もっと体のことを気にかけておけば現在の腰痛はなかったのではないかと少し後悔もしている。

経験した破裂骨折と腰痛は関連性がない

2013年に受傷したモータースポーツ事故での腰椎破裂骨折の前から腰が痛いことがあったので、事故によるケガとずっと抱えていた腰痛は関係ない。ちなみに、事故で破裂骨折した部位については、2度の手術を終えて、一応は完治したという扱いになっている。

しかし、骨折した箇所は人工の骨セメントを埋め込んでおり、レントゲンを撮ると素人でもすぐに認識できる。

頻繁ではないが定期的に痛みの症状があった

いきなり重たいものを持ったり、変な姿勢で何かの作業をしていると直後や翌日に痛みが出たりすることは多々ある。また、疲れが溜まってきても同様で、気を遣いながら日常生活を送っているのが現状だ。

今までは痛みが続いても、せいぜい2~3日だったのであまり気にかけてはいなかった。

今回の痛みは今までと全く性質が違う

体に負荷を掛けていないときに違和感を覚えた

別に長時間の車の運転をしていた訳ではないし、休日だったので特段疲れていた訳でもない。重たい荷物を持っていたということもない。近所のスーパーに行こうとして、車から降りて、店内に向かって歩いていた時に腰に違和感を覚えた。

痛みの持続期間は10日間を超えた(現在進行形)

この記事を書いている段階で既に10日間も痛みが継続していることになる。痛みとは言っても常に痛みがあるわけではない。痛みが発生するのは、朝一番と体を曲げた時、そして長時間椅子に座っている時と、椅子から立ち上がって歩き出した時のいずれかの時である。

現在、一番痛むのは仕事で長時間イスに腰かけている時と、車の運転時および乗り降りするときだ。

また痛み自体も幅があり、我慢できる程度から一瞬膝が落ちそうになる程度まで本当に様々なレベルになる。

ヘルニアかと思って意を決して病院へ

ずっと腰が痛いと思っていたものの、医師の見立てとしては腰ではなくてと腰が痛いと思っていたものの、医師の見立てとしては腰ではなくて骨盤から来るものだということ。

スポンサーリンク

痛む箇所はどこかと言われ、痛みのある所を押さえたら、そこは骨盤だということだった。詳細をということでレントゲンを撮ったところ、あることが発覚した。

画像診断(X線)の結果より

脊椎
骨盤

1枚目の画像は脊椎の様子だが、素人が見ても歪曲していることくらい一目瞭然である。腰椎破裂骨折の箇所(L1)については状態は良く、問題ないとのこと。ただし、矢印を付けた下の箇所が大きく右にズレている。

2枚目は骨盤の様子だが、腰骨の高さはほぼ同じであるが、その下の足の付け根のところは医師によると、左右の高さが8mmくらい違うとのこと。写真のように、加工して線を引いてみるとズレていることがよく分かる。

2枚の画像ともにPCの画面をiPhoneのカメラで撮ったため、撮り方が悪く、少し斜めになっていることを加味しなければならない。

背骨のズレは恐らく骨盤に由来するもの。また、骨盤の動きがほとんどないため、ショック吸収がされず痛みが生じるようになってしまったとのこと。

経過観察、避けた方がいいこと

痛みについてはロキソニンで抑えていくしかないのだが、定期的にストレッチをするしか対策がないとのこと。何とも古典的だと思ってしまったが、ストレッチを重ねても症状が良くならない場合はリハビリということで、外部から無理矢理力を加えていくしかないようだ。

避けた方がいいこと

一番いけないのが座りっぱなりの仕事だったり、車の運転のようだ。20分~30分ほどであれば特に問題はないとのことなので、うまく休憩を挟んでやり過ごすしかないようだ。人間が立った姿勢であれば、上からの力が加わるだけだが、座ることで上下の双方向からストレスがかかってしまうので一番良くないとのことだ。

仕事は拘束13時間にも及ぶ事務系の仕事、休日は外に出ることが大好きで、長時間にわたる車の運転も喜んでするという性格なので少し悩んだが、痛みが長いこと続くのも気が引けるし、将来的なものもあるので早く治したいと思う。ヘルニアになるよりは全然マシだと思うが、まだまだ付き合いの続く体なので大切にしたいものである。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク