樹脂製のボトルケージは耐久力がなくてやっぱりダメかもしれない

クロスバイクを購入して間もなく取り付けたボトルケージ。コスパ重視というか値段重視で選んでしまった経緯があります。どちらかと言えば、柔らかい質感のプラスチック製のボトルケージでした。前後ともに樹脂製のものを取り付けていましたが、ある日、片方が壊されてしまい、前後で別々のものを使用することに。先日、フレームとチェーン・スプロケ周りを掃除していて、たまたまボトルケージを取り外したところ、劣化が原因なのか、受けた強い衝撃が原因なのか分かりませんが、同じように亀裂が入っていることに気が付いてしまいました。

価格差は品質差そのものだと言える

もともと取り付けていたのは樹脂製のボトルケージ。自転車全体のカラーリングを加味して、黒いケージを購入しました。

樹脂製のボトルケージは見た目以上に軽く、ペットボトルもドリンクボトルも問題なくホールドしてくれた。ボトルを差し込む時も、硬すぎて入らないなんてことは一切ありませんでした。

普通に使う分には、まったく不便さを感じませんでした。むしろ十分なコストパフォーマンスだったのではないだろうかと思えるくらいです。

唯一、難点を上げるとするなら耐久力がないことです。

どんなものでも価格なりの品質というものが必ずあります。価格以上に高品質であれば、必ず消費者の目に止まるものです。価格に見合った品質がなければ、販売数も伸びないのでしょう。

今回は樹脂製ということもあり、明らかに耐久力がありませんでした。屋外での保管、直射日光や気温の変化に(長期的には)耐えられなかったのです。

筆者自身も購入してから1年経たずに違うものを購入することになるなんて想像していませんでした。

見た目や性能など、パッと見て良いなと思うものはやっぱりそれなりの値段がするものです。安いものは、その場だけを考えれば、たしかにお財布には優しいですが、長い視点で見れば買い替えなどの必要性もあり、意外と割高だったりするものです。

スポンサー広告

取り外したから気付けたヒビ割れ

掃除しても手が届かず、汚いままのところがあり、たまたま時間があったのでボトルケージを外したことがきっかけとなってひび割れに気づきました。

普段、面倒くさくて手を抜きがちなところですが、外して掃除してみました。

筆者はボトルケージを2ヶ所取り付けています。

ダウンチューブとシートチューブの2ヶ所で、今回取り外したのはシートチューブ側です。普段、あまりボトルを差していないため、余計に汚れているのかもしれません。

この程度の汚れであれば、パーツクリーナーと5-56だけで案外、綺麗に掃除ができます。

過去記事になるが掃除の方法を記事にしたので、お時間のある方はお読みください。

掃除後はこれだけ綺麗になりました。5-56を塗ったことによるテカりもあるとは思いますが自分なりには満足しているレベルです。

そしてボトルケージ自体の掃除をしていると、「しなり」の感触がいつもと違うことにすぐ気が付きました。よく見てみると、ボルト穴のところにから亀裂が入ってるではありませんか。

ボルトを締め付け過ぎたという意識がないのではっきりした要因が分かりませんが、気温や太陽光で劣化してしまったのかもしれません。

ちなみに前回、駐輪場でちょっとしたトラブルがあり、少しトラウマが残っていますが、同様のアタックを受けたとは考えたくないものです。

駐輪場でのトラブルについては過去記事をお読みください。

子どもの自転車が停めてある側が折れてしまったのは単なる偶然だと思うことにします。

フレームに接する取り付け面から見たボトルケージ。ボルトの穴から、3ヶ所も綺麗にヒビが入ってしまっています。ここまで割れてしまっていると、逆に気持ちがいいものです。あきらめも付きます。

角度を変えてみるとさらに分かりやすいかもしれません。これだけ亀裂が大きいとボトルケージの太い部分まで亀裂が広がるのは時間の問題だったかもしれません。

他にも要因がないか考えてみた

子どもの自転車でもなく、樹脂の劣化でもないとすれば他にどんな原因が考えられるでしょうか。極端なたとえ話になるかもしれませんが、仮定として考えてみました。

筆者のクロスバイクはクロモリ材質。クロモリはアルミよりも重いけど、しなやかでバネのような働きをする金属と言われています。他の材質のスポーツ自転車には乗ったことがないので、違いはいまいち分かりませんが、路面のギャップへの対応という点ではマイルドに感じることは多々あります。あくまでも感覚の問題だとは思いますが。

まずは1点目の予想です。

台座であるクロモリフレームはしなるのに、取り付けてあるボトルケージは固定してあって、遊びがない。片方はしなるのに、もう片方はしならず、知らず知らずのうちに接続部であるボルト周辺部に負荷がかかって割れてしまったのかもしれません。

2点目の予想です。

クロスバイクの強みを活かして、日頃あまり段差を気にせず走ることがあります。もちろんタイヤのパンクに対する懸念もあるので、大きな無理はしていません。段差を乗り越える際の衝撃がクロモリのフレームではなく、強度の弱いボトルケージが吸収しきれず負荷がかかって割れてしまったのかもしれません。

専門家でもない、理科系の出身でもない。自転車暦の浅い人の個人的な見解なので流し読みでかまいません。

ただ、言えるのは樹脂製のボトルケージより金属製の方が断然いいということ。筆者が購入したMASSLOADのケージは十分な強度がありつつも軽量。何よりも買い求めやすい値段でした。

スポンサー広告

自分の考えで製品を選べばいい

自分の直観だとか、志向に基づいて物を選ぶべきだと思います。ただ、世間に流通している物は大体が値段なりの商品だとは思います。

安いものを買ってもすぐ壊れてしまうくらいなら、やはり高くても良いものを選ぶべきであると感じた出来事でした。

あとは自分のお財布事情などのなかで選んでいけばいいだけです。

ボトルケージは樹脂製以外のものがオススメ

やはり樹脂製のボトルケージは耐久性に若干難があります。

樹脂製だからこその軽量、しなりは十分メリットになりますが、長く愛用しようと思うと心配な点もそれなりにあります。

こまめに交換するなら樹脂製でも良いと思いますが、そうでないのならアルミ製のボトルケージの方が断然おすすめです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!