突然インディードで受けてしまった掲載除外ペナルティーの理由と対策

オウンド求人メディアだったり、インディードの必要性について記事を書いたことがあります。

先日、ある出来事が発生してしまいました。

オウンドメディアに掲載している案件がインディードから除外されてしまったのです。

インディードのアルゴリズムは非公開情報が多く、理解に苦しみます。

そもそも対策方法があるかなんて分かりませんが、定説と言われていることを僕の備忘録を兼ねて書かせていただきます。

インディードとは何かという質問

簡単に言えば、いろいろな求人サイトの案件をまとめた「求人まとめサイト」です。

過去記事にも書きましたので、お時間のある方はお読み下さい。

インディードの登場で、求人サイトの勢力図というものが大きく変わってしまいました。

Googleもインディードと同じようなシステムを持つサイトを作っています。

今後もまだまだこういったサイトが仕事探しの主流になると言われています。

スポンサー広告

発覚したトラブルの原因について

僕がオウンドメディアで掲載をしている求人原稿の本数としてはだいたい150件程度です。

調べていた時に、150件のうち110件ほどがインディードに載っていないというトラブルが起きました。

原因は単純な規定違反とのことでした。

とはいっても、正確な理由はインディード側から教えてもらうことができません。

赤線ラインを引いた箇所に「差別的表現」とあります。

でも、原稿を書いた人からすれば、そんなつもりは全くありません。

実際にどういったキーワードが引っ掛かったかというと、『主婦歓迎』というキーワードです。

「主婦」という言葉が性別、社会的身分に対するワードという意味だと思われます。

決して主婦だけを採用したいという意味ではありませんでした。

ただ、インディード側からNGだと判断されてしまったのです。

主婦歓迎というワードは求人広告の中ではまだまだ普通に使われているのを見かけます。

いろいろな方と調整をして最終的に落ち着いたのが、「主婦(夫)応援」という言葉です。

主婦歓迎と主婦(夫)応援という言葉に大きな違いはありませんが、応援であればまず大丈夫です。

インディードのクローリングについて

Google検索でも同じですが、クローリングの詳しい情報は世間にはあまり知られていません。

理由は公表されていないから。

ずっと同じ方法でクローリングしつづけるわけではないので、定期的にその方法も変わります。

だからこそ、定期的に対策を取らなければならず、逆にそこが厄介でもあります。

表示順位が低かったものがいきなり検索上位に出たり、逆に大きく順位を落としたり、ネットの世界はほんとうに面白いものです。

ちなみに全部が自動判断ではなく、人間の目視も入っています。

スポンサー広告

【まとめ】今後の対策

まずはきちんと掲載されているかのチェックを定期的に行うしかありません。

地道な作業ですが、大切なことです。

掲載から外されるとすれば言葉の問題、案件の内容しか考えられません。

同じ案件で何パターンか作成して、掲載される・されないを比較してみるのも面白いです。

いろいろ調べていくと、結局一番大事なのは職種名という結論に行きつきます。

職種名は極力シンプルに、重複しないようにが大切です。

分かりやすく書いた記事がありますので、参考資料として掲示します。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

indeed
最新情報をチェックしよう!