40歳目前にして人生初の御園座に行って芝居を観劇させてもらった話

先日、御園座の観劇チケットを頂戴したので芝居をみてきましたた。もともと芸能分野の知識や興味は薄いタイプの人間ですが、たまにはこういったオフの過ごし方もいいかもしれないなと思いました。ミュージシャンのツアーに行ったことはあるものの、舞台等におけるいろいろなマナーなんかは全く分かりません。正直、大人しく座っていただけでしたが、初めて行く人の参考になればと思って書かせてもらいました。

御園座は名古屋の有名観光スポット

愛知県在住でも若い世代の人にはなかなかなじみの薄い場所だったりします。筆者自身も30代になるまで「御園座」という名前すら聞いたことのない人でした。詳細については公式HPWikipediaなんかを参照にしてもらえれば分かって頂けると思います。

筆者なりに少しだけまとめて書いてみました。

「1896年に名古屋劇場株式会社として設立。空襲や火災で焼失するも、御園座会館として再建。大衆芸能文化として特に東海地方の人たちを楽しませてきた。移り行く時代背景の影響もあり、債務超過に陥ってしまう。事業再生手続きが成立し、2015年に一旦閉館。しかし、34億円に上る支援額を得て復活。その支援金額は、名古屋財界をはじめとする企業や一般個人から愛されている証拠だろう。2018年4月1日に新会館がオープンして現在に至り、連日大盛況である。」

ここ最近はコロナ禍ということで決して経営が順調にいっているわけではないと聞きますが、はやくみんながコロナにナーバスになりすぎることなく観劇ができるようになって欲しいと願うばかりです。

御園座といえば歌舞伎、というイメージを持っているのは筆者だけのイメージかもしれませんが、実際には舞台や演劇も行われており、演目によっては若年層でも十分楽しめる内容のものもたくさんあります。

スポンサー広告

新派公演を観劇しました

夫婦で観劇してきたらどうかとチケットを2枚頂戴したものの、出演する役者はほぼ全員を知りません。名前を見ても聞いたことのない人ばかりでした。唯一、聞いたことのある人は水谷八重子さんだけ。失礼ながら顔と名前が一致していないレベルでした。

公演の案内チラシはこちらになります。

詳細は御園座 公式サイトをご覧ください。

筆者がまだ小中学生のころに、寅さんシリーズの「男はつらいよ」をよくテレビで見る機会がありました。「家族はつらいよ」とタイトルが似ているなと思ったところ、脚本・演出が山田洋次さんだったので納得しました。

御園座の観劇にドレスコードはあるのか

年に数回、EXILE tribeグループのコンサートには足を運んでいますが、御園座のような畏まった場にいくのは初めてでした。日ごろから、ちょっとしたお出かけ用の服装がない人にとっては、何を着ていったらいいのか非常に大きな悩みの種だったりします。ちょっと高級志向のレストランでも同じことが言えます。

デニムにTシャツで、と考えていましたが職場の上司からは、それなりにしっかりした格好をしていった方がいいと言われていたのを思い出しました。

いざ会場に入ってみると、男性でデニムにTシャツという格好は周囲を見回しても1人しかいませんでした。来客者の年代としては50~60代くらいの割合が高かったのもありますが、そういった格好を選ばなくて良かったと思っています。

結局、筆者は襟付きの白シャツを着ていきました。もともと会社では白いYシャツしか着ないので白色しか持っていないのです。もちろんノーネクタイでしたが、ジャケットの下が白いシャツなので、逆に浮いてしまっていたかもしれません。

周囲からは仕事帰りの会社員といった感じで映っていたかもしれません。

公式サイトには、ドレスコードが書かれていないので結構迷いましたが、会場内を見る限りでは、どれを着ていってもダメということはなさそうに思えました。ただ、ラフ過ぎる格好だと浮いてしまうので、そこそこに大人しめの格好であれば問題はないかと思います。

スポンサー広告

たまにはこうしたオフの過ごし方もいい

今回の席は最前列でした。招待席だったので詳細は分かりませんが、通常購入すれば恐らくチラシに書いてあるA席なのだろうと思います。価格は11,500円、かなり結構な値段でしたが、価格以上に楽しい時間を過ごせたと思っています。

観劇の合間には軽く食事がとれる休憩を挟みますが、その間に食べる軽食も楽しみだったりします。

筆者夫婦が選んだお弁当は1個¥2,000円する「ひつまぶし弁当」でした。日頃、こんな高額な弁当など食べないので、美味しさもまた格別でした。

もし、次に行く機会があるとすれば、興味があるのが歌舞伎だとか狂言だとか、日本古来からある芸能の世界を見てみたいと思っています。

ちなみに同じA席でも歌舞伎の公演だと価格が倍になりますが、せっかく日本人として生まれたのだから、人生を終える前に一度くらいは見ておきたいなと思っています。

若い頃は、全然興味のなかった世界でしたが、最近は中村、市川、坂東、片岡…などといった梨園の名門も見てみたいと思うようになってきました。テレビでもよく拝見する顔ぶれだからかもしれません。

観劇スタイルは派手でない格好がベスト

歌舞伎や狂言ということであれば別なのかもしれませんが、一般的な公演の観劇であればガチガチのドレスコードというほどまでは気にしなくても良いことが分かりました。

それでも気になる男性は襟付きジャケットスタイルをオススメします。少しだけ畏まった服装で十分です。

飲食スポットやお土産コーナーも豊富にあるので、行かれる方は是非楽しんで欲しいです。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!