仕事内容を分かりやすく書くことが応募改善に繋がるのか実験してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
indeed

筆者は母集団形成の仕事を主に担当している。もちろん各メディアの担当者とのやりとりをする中で、最近よく話に出てくるのがindeedだとかGoogle for jobsだ。自社の求人サイトを運営する中で、現在はindeedを意識した対策を日々コツコツと施している。よく担当者から、あれこれして下さいと言われるが、それが本当に有効な対策なのか分からない時もよくある。何事も遊び心が大切だ、興味を持つことが大切だということで、問題にならない程度にサイトで遊んでみた。もちろん虚偽の情報を載せるだとか、法的にアウトとなるようなことではないので安心してもらえればと思う。

再度、indeedについて振り返ってみよう

indeedの概略、機能的な説明は既に過去記事で取り上げたので参考にして欲しい。

結論から言えば、indeedの対策をすることで応募者の確保に繋がる、プラスに転じることは間違いがないのだろう。だからこそ、いろんなメディアがこぞって「indeedにも転載」ということをウリにしているのだろうと思う。

でも裏を返せば、それは各メディアのブランド力というか求心力の低下を意味しているとも言えるのではないだろうか。

また、indeedの対抗馬として最近、いろんなところで取り上げられているのがGoogleしごと検索(Google for jobs)だ。indeed側も脅威に感じていると聞いたことがある。

いままでは求人案件のまとめサイト的な位置づけだったものが、最近は求人サイトであるということを前面に出してきている。CMでも「仕事探しはindeed」というフレーズが聞かれるのもそんな一因かもしれない。

そしてもう1つ。indeedは各社の案件をロボットが集めてくるのだが、実は派遣会社の案件はずっと除外されてきたと聞いたことがある。Googleしごと検索が出始めてからスタンスを変えて、派遣案件も集めてくるようになったことを考えれば、推測は正解なのかもしれない。

Google しごと検索(Google for jobs)ってこんな感じのもの

実は、そんな名前の求人サイトなど存在しない。

検索エンジンでいろいろ調べ物をしたことがある人が大半だとは思うが、Googleという検索エンジンで仕事を探すと出てくる求人情報のことだ。

スクリーンショットを掲載したが、それぞれの任意のワードを入力して検索すると各メディアで掲載されている案件で自分に合いそうなものが出てくるだけだ。

実はindeedと同じ構造になっている。それがindeedというサイトを通じて行われるものなのか、それともGoogleの検索エンジンを通して行われるものなのかという違いしかないのが実情だ。ただ、アルコリズムは両者全く別物だ+とのことだ。

なお、もう1つ大手のYahoo!にも求人検索の機能はあるが、どちらかといえば一般的な求人サイトに近い構造となっており、indeedやGoogleの仕事サーチが異色の存在であることが再認識できるのではないだろうか。

indeed対策として有用な手段について(企業の視点から)

少し本題から逸れてしまったが、比較的定説だと言われていることが2つある。

1つ目は職種表記。32文字の枠があるのだが、誰が見ても一目で内容が分かる表記にした方が良いということ。

スポンサーリンク

2つ目は仕事内容表記を含めた、求人情報の内容。出来る限り、いろいろなワードを組み込んで詳細を書き、案件内容のボリュームアップを図った方が良いということ。

この2つが必須だと言われ続けてきた。でも、本当かどうか分からないので、面白半分で試しに実験してみたので書いておく。

まずはABテスト的なものから。もちろん原稿内容はまだまだ分かりやすく、詳細に書く必要があるかもしれないが、今回はそこには触れないことにする。また、一部だけだが非表示の加工をさせてもらった。

詳細を書いたもの、スクロールすればもっと情報はある
同じ案件だが、簡易のもの

詳細を記入した方は直近で1件の応募はあったが、採用には結びついていない。この点だけを捉えて言えば、詳細を書くことが応募に繋がるのは正しいと言える。




1つめのテスト同様の形。こちらはともに応募はなく、有意差がなかった。資格の求められる職種だからこそかもしれない。




一方、こういった事例も掲載しておく。

上の2つの案件は簡易すぎる表記だが、掲載後1日以内で1件の応募を獲得している。効果測定のためにわざと、こういった記載にしてある。

たった6案件という小さな母集団なので、なかなか明確な有意差はないかもしれないが、案件の詳細を書くことで応募に繋がることは、正解ではないにせよ、間違いでもないのだろうと思う。ただ、それよりも大事にすべきは、いかに案件そのものに対する魅力を出せるかどうかだろう。

簡易表記であっても、メリットや応募者の求める条件に合致するものであれば自然と応募が集まるのも事実。表記の問題も大事だが、やはり案件の持つ魅力を出せるように変えていくほうが、採用成功への第一歩かもしれない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク