居酒屋えぐざいるに行ってなんとなくわかった人材育成の課題みたいなもの

今年で10周年を迎えた居酒屋えぐざいる。毎年、お台場の特設ステージ(2021年現在は横浜山下ふ頭)で開催されている夏季限定のイベントで、名前くらいは聞いたことがあるよという方も多いのではないでしょうか。まさに名前通りで、EXILEを筆頭とするLDHに所属するグループ、アーティストが集い、自慢の歌とダンスを披露する場であったり、各メンバーの考えたフード・ドリンクを楽しみながらファンが集う場でもあります。ツアーとは少し違う楽しいイベント構成になっています。今回はイベントの内容がどうということではなく、人材育成という点で少し別の視点から考えてみました。労働力人口の減少する中、どの業種も若手育成という課題を抱えています。何か参考にできることを見つけたいものです。

居酒屋えぐざいるというイベント

スポンサー広告

大まかな説明から

筆者が初めて居酒屋えぐざいるというイベントに参加したのは2018年夏のことでした。過去記事をお読みいただければと思います。

今年、2019年も会社の夏季休暇に合わせて訪問してきました。昨年とは違い、2日間参加してきました。昨年は18時ごろに会場入り、今年は少し早めの15時ごろに会場入り、と時間は違えど、イベントの基本的なコンセプトとしてはほとんど変わりがないように思えました。

テーブル席があり飲食ができるスペース、メンバーが歌・ダンスを披露するセンターステージ、カプセル(ガチャガチャを回す場所)や縁日(町のお祭りのようにちょっとしたゲームができる場所)、お土産などの物販エリアの大きく4つに分けられていました。

今年の入場料は1人1,900円と少し割高感も否めません。昨年よりもすこし値上げしたような気がします。

若手の知名度を上げる場として提供

昨年初めて会場を訪れましたが、現在一線級の活躍をしているアーティストよりも、つい最近メジャーデビューを果たした、積極的に売りに出している若手グループや人材の方をよく見かけます。おそらく、LDHの企業としてのPR戦略なのだろうと思います。

ベテランだけを起用すれば確実に安定感はあります。ただ、長期的に見た場合は不安も大きくなります。失敗してもいいから、経験を積ませて、成長への土壌を育んでいく必要があります。

とはいっても新人に荷物を背負わせすぎでもダメで、新人とベテランへの負荷の掛け方のバランスも一方では求められます。

事務所としての線引きは、フード・ドリンクメニューを担当させることができるかどうかかもしれません。いくら新人に、とは言ってもファン目線で顔や名前が出てこないようでは担当する意味合いも希薄になるでしょうし、売り上げの伸び悩みも懸念されることでしょう。

(参照:居酒屋えぐざいる 10th フードメニュー & ドリンクメニュー

この記事を書いた当初、リンク先は居酒屋えぐざいる10th開催時の飲食メニューでしたが、2021.4.12現在では次回イベントのメニューに更新されています。リンク先のメニューに思いをはせてお楽しみください。

スポンサー広告

人材育成において立ちはだかる壁

LDHという事務所に所属するアーティストの大きな特徴として挙げられるのがマルチな活動をしていることではないだろうかと思います。歌、ダンス、演技だけに限らず、他のアーティストとのコラボレーション、プロデュース事業、また飲食事業やアパレル事業を手掛けるという人もいます。

ファンとして見ていても本当に多才な人が勢ぞろいしているなと思います。

もちろん芸能事務所のことはよく分かりませんが、ジャニーズやAKSといった大手事務所よりも人材育成に関しては、一層幅が広いのではないかと思っています。

1つのことだけに特化させるのではなく、マルチにこなせる人材育成に心がけているのは間違いなく経営陣の先見の明なんだと思います。「スペシャリスト」と「ゼネラリスト」という2つがありますが、何でもこなせるゼネラリストに振った人材育成ではないでしょうか。変化の激しい世の中には十分マッチした手法です。

LDHは、近年勢力を急速に拡大している芸能事務所の1つであることは間違いありません。古参の事務所が真似をしようとする理由も理解できるところです。これは芸能事務所に限らず、一般企業としても大きな参考になります。

個人の業績であったり、会社全体の業績が落ちた時に、やはり新たな活路を見出せるのは幅広い視野で見ることができたり、活動できたりする人材だったりしますよね。

1つのことしかできない人よりも、営業ができる、経営管理ができる、社会保険の仕組みが分かる、採用業務もできる、労働法令に明るい、とスキルが広がっていくほど、使い勝手のいい人材であることは容易に想像がつくことです。

一般企業が参考にすべき点

「居酒屋えぐざいる」からだけでは測ることはできませんが、先輩や上司からの後輩愛だとか、逆に後輩から上に対してのリスペクトだとか、繋がりという点は十分参考にすべき内容です。また同じグループ内での仲間意識や帰属意識も非常に高いと感じます。

吉野北人

筆者は新卒採用・育成に関わっていたことがあり、その関係で相談を受けることがときどきあります。

上司・先輩から扱いにくいと評価を受ける「若者」、すぐに退職してしまうリスクが高いと評価を受ける「若者」、自分たちとは考え方が全然違うと評価を受ける「若者」。これらは、あくまでも上司・先輩の視点にしか立っていない典型的な評価になります。

若年層をどのようにして育成していくかがキーポイントとなりますが、指導の在り方だけでなく、自身の在り方についても俯瞰的に見ることができるようになりたいものですね。

ついつい常に上からの視点でしか物事を見れない人がいますが、そもそも育ってきた環境や時代が違うのだから、考え方が違うのはごく当然のことです。

若年層から見れば、身近なところに尊敬できる対象がいるかいないかでモチベーションが変わることが多いです。筆者自身も同じ考えを持っています。この人について行きたい、こんな人になりたい、と思える対象がいるかが大事なのです。

若者から見て、あなた上司としてそんな対象になれているでしょうか?

LDHももちろん集団社会なのでおそらく大なり小なり派閥はあるのかもしれません。筆者は派閥が悪いとは思いません。しかし、この派閥に属しているから不利益を受ける、会社の中で活動しにくい、などといったことがあっては絶対にダメです。

一般企業では委員会、分科会、QCサークルなどといった人の集まりがありますが、自分で選んで所属するものであればどこに属していてものびのびと活躍できる風土であって欲しいものです。

2日連続参加してみた感想

2日連続で参加して、運よく2つのグループのステージを見ることができました。1組は「BALLISTIK BOYZ(バリスティックボーイズ)」(2018.4月結成)、もう1組は、つい最近お披露目された「PSYCHIC FEVER(サイキックフィーバー)」。

ちょうど1年前に、BB(バリスティックボーイズ略)のステージを見ましたが、全国巡航を経て、トークの力や場の盛り上げ方は格段に上手になっていることが明らかでした。一方、当然だがPF(サイキックフィーバー略)はまだまだこれからだなと感じるところが多々ありました。

PFは高校生も含まれていたり、今までのグループ以上マルチな才能を持つメンバーで構成されているので、おそらく1年後にまた会う形になるのだろうと思いますが、本当に成長が楽しみです。

どんな組織も厳しい環境で活躍させてみれば、人は成長していくもの。上司として勘違いしてはいけないのが、ただやらせるだけではNGということです。1つ1つ、目を離すことなく、アドバイスをしたり、当人に考えさせる習慣を身に付けさせなければ意味がありません。

人にはそれぞれ成長していくスピードは違います。遅い人でも、切り捨てたりせず、気長に育成していけば、将来的には逆転して…なんてことも十分あるのが、人材育成の面白いところかもしれません。

進化するスピードも実は、上司となるあなた自身がカギを握っているのかもしれません。

物事の裏側を考えてみるのも面白い

今回は、自分が参加した居酒屋えぐざいるの裏側を少し考えてみました。

有名人を見ることができて楽しかった、フードメニューが良かったといった短絡的なものではなくて、なにか仕事に通ずるものがないかということを考えてみました。

今回の件に限らず、LDHという企業は戦略が本当に上手だなと思うことがしばしばあります。ファンとしてではなくて、社会人の1人としてです。真似できる、できないはもちろんありますが、何か1つくらいは参考にしたいものですね。

記事を書いた人

ちゃおんぱむ

いろいろなことに興味を持つようにしています。

趣味は、レース・自転車・旅行・食べ歩きなど

最近はブログ作成にはまっています。

twitterはこちら( @ciaonpam

最新情報をチェックしよう!