思い切ってクロスバイクのタイヤをスリックタイヤに変更してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カートタイヤ

小さいころから大好きだったレーシングゲーム。テレビでモータースポーツなんかも時々観ていたが、そこで目にしていたのはツルツルのレーシングタイヤ。スリックタイヤと呼ばれるタイヤこそが最速なんだと思ってきた。ただ、日常生活ではまず見ることがなく、サーキットに行かないとお目にかかれない。自転車は別として、公道ではスリックタイヤを履くことは法的に禁止されている。スリックを履く場所はサーキットということになるのだが、非日常的な場所だからこその高揚感や雰囲気も相まって、余計にテンションが上がるものだ。

自転車にスリックタイヤは必要なのか

レース使用ではなく通勤・通学で使うということであれば、スリックよりも耐パンク性能を重視した方が実用的なのだろう。筆者は、見栄えと転がり抵抗を重視していたため、早々に純正装着のタイヤを替えたいと思っていた。筆者のチャオという自転車は街乗り層をメインターゲットにしているため、多少の悪路でもそこそこ走れるタイヤが標準装備されている。市場に出回っている溝のあるタイヤの中には転がり抵抗の少ないタイヤはあると聞く、走行性能だけを追い求めるのであれば、別にスリックにする必要性は低いかもしれない。

実際にチャオに純正装着されているタイヤを見てみよう。

クロスバイクタイヤ
KENDATIRE.comの白文字は格好良くてレース用タイヤみたいだが…

ホリゾンタルフレームの自転車は、どのブランドもパイプは全体的に細く成形されている。それは素材がクロモリなのでアルミに比べて剛性が高いので、細いパイプ構造でも問題ないのだ。

そのせいもあって、タイヤが余計に太く、もっさりしてみえるというのがビジュアルの第一印象。見た目通りのインプレッションだが、走り出しはもっさりしていて重たい。

筆者のリサーチ力不足もあるだろうが、ネットで純正装着品と同等の製品を見つけることができなかった。かろうじて見つけたのがこのタイヤだ。トレッドパターンは同じだが、値段が高いので、ひょっとしたら耐パンク性能を高める加工を施してあるのかもしれない。

楽天市場

データを見ると、555gということで、スポーツバイク用のタイヤとしては相当重い部類に入ると思う。タイヤの太さもあるのだろうが、耐パンク性能を高めているせいかもしれない。

クロスバイクタイヤ
純正タイヤはサイドからの衝撃に対してもある程度の耐久力はありそうだ

KWICK TENDRILと同じタイヤかどうかは分からないが、純正タイヤも耐パンク性能はそこそこありそうだ。

スポンサーリンク

一度、段差に引っかけてしまったことがあったが、幸いにもパンクはしなかった。その時のキズが痛々しくサイドウォールに残っているが、全体的に肉厚なのだろうと想像できる。街乗りユーザーとしてはありがたい。

スリックタイヤに変更するメリット

カテゴリーにもよるが、モータースポーツにおけるドライコンディションのレースではスリックが用いられる。写真は筆者がカートレースに出ていた時のものだ。

余談だがモータースポーツは、本当に贅沢なもので新品タイヤは、「原則」次のレースで使用することはない。同じ形式のエンジンを使うのだが、同じマテリアルを使用して他人と競う以上、人より劣った状態でスタートラインに立つことなどナンセンスなのだ。高い格式のレースになるほど資金的に厳しい人はよほどのことがない限り、勝つことから自然と遠のいてしまう厳しい世界なのだ。

レーシングタイヤ
スリックタイヤには溝がなく、残りの使用限度の判別のために凹部がある(赤マーク部)

少し話が逸れてしまったが、スリックタイヤの特性上、考えられるメリットとしては転がり抵抗の少なさがある。あとは、本来溝があるはずの部分にもゴムがあるため、最大限のグリップ力が得られることだ。また、排水性を捨てている。

ただ、これはモータースポーツでの話なので、自転車となれば別の話。目に見えて分かるようなメリットはないだろう。

平均スピードが20~25㎞/hといわれるクロスバイクの世界では、乗り手に伝わる情報としては微々たるものなのかもしれない。また、一度の走行距離が10㎞以内の通勤ユーザーにとっては恩恵が薄いかもしれない。

あとは、筆者のようにモチベーションのアップに繋がるかどうかだけではないだろうか。ただ、こちらも正直、客観的に考えれば特に大きなメリットはないと思っている。

タイヤは耐パンク性能、転がり抵抗の少なさどちらを重視するか

どちらかを重視するかは分かれるのではないだろうか。耐パンク性能で評価が高いと聞く、「SCHWALBE MARATHON(シュワルベ マラソン)」

さすがの耐パンク性能で、ケブラーガードを採用しているとのこと。カタログによれば、耐パンク材が3㎜の厚さで施されているとのこと。重量はさすがの数値で730g。リンク先の楽天市場の価格は、税込3,368円(2019.9.15現在)。なお、サイズは26×1.5インチ。

一方、同じメーカーのスリックタイヤを見てみよう。

「SCHWALBE KOJAK(シュワルベ コジャック)」こちらのサイズは26×1.35インチ。ちなみに重量は、さすがの395gという値で、マラソンの約半分。価格は税込3,715円(2019.9.15現在)。走り出しはスムーズな加速をしてくれそうな見た目だ。

意外だったのは値段。もちろん最安値ショップを探していけば、結果は変わるのかもしれないが、マラソンの方が高いと思っていた。実はわずかながら逆、スリックの方が高いのである。需要供給バランスなのか分からないが、意外な結果だった。大きな価格差もないし、こういう結果であれば、自身の好きな方を選択すれば良いだけだ。どちらも、自身にとってはコストパフォーマンスは高いはずなのだから。

付いているパーツ1つ1つにダメ出しをしたり、メリットを追い求めていくのではなく、まずは自身の好きな方向性に自転車を合わせていくような楽しみ方をしてみてはいかがだろうか。

車のタイヤでもそうだが、走ることが好きな人は結構お気に入りのブランドがあったりするものだ。そのブランドの中で、自分が好きな銘柄を見つけて乗り続けるのもいいし、同じ系統のタイヤでいろいろなブランドの乗り比べをするのもいいし、いろいろな楽しみ方をしてみたいものだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク