自転車のスリックタイヤはパターンのあるタイヤよりひび割れしやすいのかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自動車にしても、自転車にしても、タイヤのゴムというものは少なからず劣化するものだろう。日頃、ガレージや室内保管ではないので余計に劣化のスピードが早いのは当然だろう。筆者の自転車も例外ではなく劣化が見られるが、一体どこまで耐えれるのだろうか。今のところは問題なさそうだが、果たして。

クロスバイクのスリックタイヤが劣化しすぎ

タイヤ交換をしたのは大体1年前くらい。劣化スピードは非常に早く感じている。

こんなものかと思いつつも現在の写真をアップしておく。タイヤはシュワルベというブランドのコジャックという銘柄になる。

有名ブランドということもあるので、ゴム質が悪いからという原因は考えないようにする。また、エア圧も適正値にしているので空気圧過多によるひび割れではないということも付け加えておく。

現在のタイヤの状況(SCHWALBE KOJAK)

タイヤの構造の問題なのかもしれないが、サイドウォールの部分とトレッド面の間が全体的にひび割れしているのが分かる。左右で少し差はあるものの、ひび割れしている箇所は同じだ。

一部の所だけではあるが、それなりに深くひび割れをしている。自転車のタイヤだということを考えると、深部まで達していないのか不安にも思う。とは言っても、チューブがあるので空気が抜けてしまうトラブルは生じていない。

正面から見れば、ずっとタイヤに沿って円周を描くように、きれいなひびのラインになっている。サイドウォールと地面に接するトレッド面が分離してしまいそうな勢いだ。

その他にも所々亀裂が入っているが、先ほど同様にエア抜けはない。

なぜひび割れするのか素人なりに考えた

色々ネットで調べたことも加味して、いろいろ書いてみる。

1つ目は、ゴムそのものの性質劣化。柔らかかったゴム質が経年劣化で硬質化して、しなやかさがなくなることでひび割れすること。輪ゴムなどを考えれば想像が付くかもしれないが、切れやすくなるのもこれに該当する。公園の遊具など、中古タイヤに塗装したものを使っているのを目にすることがあるが、経年劣化でカチカチになっている。

2つ目は、紫外線による劣化。ゴムは紫外線にはとりわけ弱いため、紫外線によるダメージが大きいことや熱によるものもあるのかもしれない。

スポンサーリンク

3つ目は、掃除した時に塗っていたタイヤワックス。これは自動車用の製品を使っていた。本来、タイヤワックスは塗ると滑るため、トレッド面には塗らないのが基本だが、筆者は2ヶ月に1回くらいの頻度でお構いなしに塗っていた。そのワックスが原因かもしれない。

ちなみに筆者のクロスバイクは屋外の屋根付き駐輪場に、カバー等をかけることなく保管してある。

そして、4つ目はタイヤブロックがないからこその構造上の問題。街乗りの自転車で使われるブロックのあるタイヤではあまり見かけないトラブルだと思う。学生時代にも自転車には乗っていたころがあるが、タイヤは今のものとは比べ物にならないくらい廉価なものだった。ブロックがないことで、トレッド面に与えるダメージも大きいからこそ、こういったひび割れが発生してしまうのかもしれない。

タイヤの作り方って、こんな感じらしい

自転車タイヤの製造について書かれたサイトを見つけられなかったので、少しでも参考になればと思い、自動車タイヤメーカーのGOODYEARのサイトを参考にさせてもらった。

引用:GOODYEAR

チューブの有無だけでなく、異なる面もたくさんあるだろうが見ていくと参考になる。

サイトによると、タイヤは3つの部位に分けて作られるとのことだ。トレッド、カーカス、ビードワイヤーの3つだ。そのまま適用すれば、今回のひび割れの場所はゴムの繋ぎ目など存在しない。

しかし、図の通り、構造上、ゴムがぐっと曲げられている場所になるので、「たわみ」が頻繁に発生することによる負荷が生じているのは明らかだと思われる。ちょうど、図の中で赤い矢印でマーキングしてある箇所だ。

知らず知らずのうちにちょっとしたひびが少しずつ大きく、広がっていって、と考えるのが一番自然ではないだろうか。

やはり交換した方がいいのだろうか

今のところエア漏れだとかは発生していないが、あくまでもチューブがあるタイヤだからこその恩恵なのかもしれない。多分、これがチューブラータイヤだったら、やはり乗っていて怖いと思う。

もちろん、どのステージで使われるかにもよる。筆者は通勤ユースなので、タイヤにそれほど負荷はかからない。例えば、よく言われるようにダウンヒルなどタイヤを潰して走る機会があるような場所を走るのであれば、個人的にはタイヤ交換した方が良いと思う。

転倒して乗り手がケガをしたり、車体に傷をつけるくらいであれば、小額投資で済んだ方が良いに決まっているから交換した方がいいと思う。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク