久しぶりにロードバイクに跨ったらシート角度が変だったので見直しをした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いろいろな諸事情で、1ヶ月ほどロードバイクに乗ることが出来なかった。昨日、久しぶりに跨ってみたら違和感を強く感じた。自分の体形が変わってしまったのかと思っていたが、立ち寄った店に駐輪した時に違和感の原因がすぐに分かった。シート角度がおかしかったのだ。少しライドするつもりだったが、早々に切り上げてシート角度を直すとともに、適正な角度を見つけようと試みた。

シート角度は変だったが、気付かないほどブランク

激しくボルトが緩んでいたわけではない。腕力だけでシート角度を変えれるほどでもなかったが、こんな形状になっていた。

最初、特に思い当たる節もないため、イタズラか⁉と思ってしまったが違うようだ。シートポストが歪んでしまったのかとも思ったが、これまた違っていた。こんな形になっていても、なんか久しぶりだし、こんなものかなと思って乗ってしまっていたのだから恥ずかしい。

形状が形状だけに、座ると尻が後方にズレていってしまう。今回は、3kmくらいのほんのちょっとしたライドだったから良かったものの、もっと長い距離をということであったらしんどかったと思う。

シート角度って何が正解なのだろうか

実は筆者のような素人が一番分からないのはここだ。ライディングポジションを含めた全体的なものがまだまだ勉強不足なんだろうと思う。

サイトをいくつか見ていくと、基本的にはフラットが正解とのことだ。もちろん、シート角度だけ調整していけば良いというものではなく、シートの高さ、ステムの高さなど総合的にセッティングをしなければならない。

でも、やっぱり素人には分かりづらいということで、出来るところからやっていこうと思う。

今回参考にさせてもらったサイトはこちらになる。

引用:Pedalistaぺダリスタ

変だったシート角度を直してみた(1回目)

水平器は持っていないので、アパートの外壁に入っている線をベースにして写真を撮ってみた。自分では水平に取り付けたと思い込んではいたが、実際にこうしてみると、まだ少し前傾になっていることが分かる。

スポンサーリンク

もちろんアパート自体に若干の傾きはあるだろうが、今回はそういったことは考慮の対象外としておく。

アパートの周りを少し走ってみた。最初の角度よりは全然乗りやすいが、まだ前に滑るような気がする。ということで、もう少し変えてみることにした。

変えてみて、良い方向か、悪い方向か、どちらに向かうかは分からないが、何事もやってみなければ分からない。

さらにシート角度を変更してみた(2回目)

微々たる変化だが、先ほどの角度よりも水平に近づいたような気がする。写真だけ見てもある程度はお分かりいただけるはずだ。

恐らく数度の違いだろうが、ライドの快適性は向上した。しばらく、この角度で走ろうと思っている。次回の自転車通勤が楽しみだ。

角度の変化を画像で見てみる

実際に左右に並べて見てみた。

左は変更前、右は変更後の写真だ。同じ位置で黄色の線は引いてある。赤いラインは変更後の角度と同じ傾斜だ。

素人でもできる角度の変更

シートのボルトを緩めて、任意の角度で締めるだけのセッティング変更なので、気楽に臨みたいものだ。自分に合わなければ、また変更すればいいだけの話。

何についても言えることだが、1回で自分にしっくりするような神業は無理だろう。フレームが変わればベストポジションも変わることくらい、すぐ分かる。

筆者と同じ初心者の人ほど、是非試して頂きたい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク