新型コロナウイルス被害の拡大に対する危機管理能力が高い会社だなと感じた出来事

中国武漢から発生したと言われる新型コロナウイルス。最近の報道ではマスク不足だけに留まらず、各国の感染状況から各国政府の対応や見解にまで波及している。現在でも、特効薬だとか最適な予防法が見つかっていないようだが早く終息に向かうことを祈るしかない。営業を受ける側とは言え、人と接することの多い筆者が感じた出来事を紹介したいと思う。

続きを読む

地元民だからこそ知る店なのかもしれない愛知県犬山市にあるうなぎの大安

愛知県であれば三河一色産、静岡県であれば浜名湖産、よくよく考えれば東海地方は鰻の名所がいくつかあるのかもしれない。筆者は愛知県出身なのであまり岐阜県の産地については詳しくはないが、ネットを見ると清流も多くあり、比較的安く、かつ美味しく食べられる店も多いと聞く。いくらお値打ちにとは言えど、普通の家にとってはなかなか豪華な代物ではある。今回、久しぶりに愛知県犬山市にある大安に行ってきたので紹介したい。

続きを読む

少しだけ背伸びをして気楽にリゾート婚も良いなと思ったハワイ挙式

最近は、あまり余分なお金をかけずにスマートな形で簡単に挙式や披露宴を済ませるカップルも多いと聞く。1.5次会だとか、会費制ウエディングだとか、式自体のスタンスだけでなく、レンタルドレス、格安ドレスもシェアを上げているのではないかと感じる。挙式と新婚旅行、国内挙式では経験できないことが経験できる海外挙式の中でも、特にハワイ挙式について書いておきたい。

続きを読む

JCBプラチナ、JCBザ・クラスの会員が利用できるUSJラウンジ&エキスプレスパスの使用について解説

先日、JCBカードのUSJラウンジ利用特典について書かせてもらった。今回はラウンジの利用に関するフローだけに焦点を当てて書いてみることにした。この記事を読めば、流れと注意点は全て網羅できるだろうということで少し細かい部分についても記載しておく。なお、USJのラウンジについてはJCBカードの中でもJCBザ・クラス、JCBプラチナの2つのカードのみの特典となる。

続きを読む

プラチナカードではあるがハードルの低いJCBプラチナは顧客満足度が高いと評判

社会人であれば持ったことが多いだろうと思われるクレジットカード。いろんな発行ブランドがあり、オリジナルカード・提携カードを合わせれば300枚近いカードがあるのではないだろうか。今まで持ったことがなかった人でも、最近はキャッシュレス還元の波に乗るために消費税増税後に持ち始めたという人も少しはいるのではないだろうか。実利、ブランド、ステータス何を基準に選ぶのかは人によって全然違う。

続きを読む

ちょっと試しに買ってみたSELLE ROYALの2,750円のサドルは品質的に問題があるのだろうか

何か良いものはないかと、初売セールをやっていた名古屋市の店に顔を出してみた。1万円の福袋を買うつもりだったのだが、確認ミスで、それはオンライン店でしか取り扱いがないとのこと。冬用のウエアが狙いだったのだが、たまたま初売りセールで予想以上に安く買えたこともあり、その差額で買えるものがないかさらに物色していたところ、欲しかったサドルが2,500円で売られていたので思い切って購入してみた。

続きを読む

長年の歴史を刻んだカートランド三重が閉鎖になるためラストランを楽しんできた

三重県津市にあるカートランド三重というローカルコースがある。筆者が初めてレーシングカートに乗り始めたのがここのコースだった。古くからあるコースで、筆者を含めて親しみを込めて見当山と呼ぶ人も多い。レーシングカート人口の減少なども含めて、いろいろな状況も相まって閉鎖となることから、ラストランを楽しんできた。

続きを読む

しばらく使っていないラゲージチェッカーを使って自転車の重量を計測してみたら意外な結果だった

昨年、海外旅行のために買ったラゲージチェッカーは帰国後一切使う機会がなかった。自分の乗っているクロスバイクはカタログに重量が載っていないこと、そして譲り受けたロードバイクもいまいち重量が分からないということで、いきなり何を思いついたのか分からないが、棚の奥から引っ張り出してきて使ってみたら結構意外な結果が出た。

続きを読む

あさひから来たメルマガで紹介されていた自転車丸洗いクリーナーを使って年末大掃除してみた

自転車丸洗いクリーナー

12月中旬にサイクルベースあさひから届いたメルマガの中でクリーナーが紹介されていた。年の瀬を迎え、せっかくなので一回使ってみようかと思い、お店を訪れた際に試しに買ってみた。クロスバイクのチャオは購入して約1年が経過、ロードバイクのRNC7は譲り受けてまだ1ヶ月、定期的に掃除しており、それほど汚れていないとは思うが、さて年末大掃除の始まりだ。

続きを読む

クロちゃんプロデュースアイドルユニット「豆柴の大群」におけるメディア戦略は結果的に大成功だったはず

豆柴の大群

水曜日のダウンタウンから端を発したアイドルグループ「豆柴の大群」のCDがリリースされて約1週間。プロデューサーのクロちゃんの処遇も決まり、一通りのリリースイベントは終了した。当サイトでも商法については取り上げたが、結果的に大成功に終わったのではないだろうかと思っている。それと同時に、彼女たちにとってはこれで終わりではないので、まだまだ厳しい、険しい道が続くのだろうが何とか頑張って欲しいと思っている。

続きを読む
スポンサーリンク