今さらながら人生初の名古屋・御園座に行って芝居を観劇してきた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、会社で御園座の観劇チケットをもらったので舞台というか芝居を観てきた。もともと芸能分野の方面の知識や興味は薄いタイプの人間だが、たまにはこういったオフの過ごし方もいいかもしれないと思った。ミュージシャンのツアーに行ったことはあるものの、舞台等におけるいろいろなマナーなんかは全く分からない。正直、大人しく座っていただけだったが、初めて行く人の参考になればと思って少し書かせてもらった。

御園座って名古屋の有名スポットだったりする

愛知県在住でも世代の若い人にはなかなかなじみが薄い場所だったりする。詳細については公式HPWikipediaなんかを参照にしてもらえればと思う。

少し筆者なりに簡素化して書いてみる。

「1896年に名古屋劇場株式会社として設立。空襲や火災で焼失するも、御園座会館として再建。大衆芸能文化として特に東海地方の人たちを楽しませてきた。移り行く時代背景の影響もあり、債務超過に陥ってしまう。事業再生手続きが成立し、2015年に一旦閉館。しかし、34億円に上る支援額を得て復活。その支援金額は、名古屋財界をはじめとする企業や一般個人から愛されている証拠だろう。2018年4月1日に新会館がオープンして現在に至り、連日大盛況である。」

御園座といえば歌舞伎、というイメージを持っているのは筆者の世代のせいかもしれないが、舞台や演劇も行われており、演目次第では若年層でも十分楽しめる内容だろう。

今回見に行ったのは新派というグループが行う公演

会社から夫婦で観劇してきたらどうかとチケットを頂戴したものの、出演する役者はほぼ全員知らない。唯一、水谷八重子さんだけは名前を聞いたことがある程度の知識だったりする。

こちらが、その公演の案内チラシ。

詳細は御園座 公式サイトより

一番名前を知っているのは、実は脚本・演出の山田洋次さんだったりする。

スポンサーリンク

ところで観劇ってどういった格好で行けばいいのだろうか

年に数回、EXILE tribeグループのコンサートには行くのだが、こういった畏まった場にいくのは初めてだったりする。日ごろから、ちょっとしたお出かけ用の服装がない人にとっては、何を着ていったらいいのか非常に大きな悩みの種だったりする。

デニムにTシャツで、と考えていたが職場の上司からは、それなりにしっかりした格好をしていけと言われていたのを思い出した。

ちなみに男性でデニムにTシャツという格好は周囲を見回して、1人しかいなかった。来客者の年代としては50~60代くらいの割合が高かったのもあるだろうが、そういった格好を選ばなくて良かったと思っている。

結局、筆者は襟付きのシャツを着ていった。もともと会社では白いYシャツしか着ないので白色しか持っていないのだ。当然ネクタイはしていかなかったが、色合い的に逆に浮いていたようにも感じた。

ジャケットを持っていったので、周囲からは仕事帰りの会社員といった感じで映っていたかもしれない。

ドレスコードがないので結構迷ったが、どれを着ていってもダメということはなさそうに思えた。ラフ過ぎる格好だと浮いてしまうので、そこそこに大人しめの格好であれば問題ないように思う。

たまにはこういったオフの過ごし方もいいかもしれない

ちなみに今回の席は最前列だった。招待席だったので詳細は分からないが、通常購入すれば恐らくチラシに書いてあるA席なのだろう。価格は11,500円、結構な値段だが、価格以上に楽しい時間を過ごせたと思っている。

観劇の合間には軽く食事がとれる休憩を挟むが、その間に食べる軽食も楽しみだったりする。筆者たちが選んだお弁当はひつまぶし弁当、¥2,000円だった。

もし、次に行く機会があるとすれば、興味があるのが歌舞伎だとか狂言だとか、日本古来からある芸能の世界を見てみたいと思っている。

ちなみに同じA席でも歌舞伎は席価格が倍になるが、せっかく日本人に生まれたのだから、人生を終える前に一度くらいは見ておきたいなと思っている。若い頃は全然興味のなかった世界だが、最近は中村、市川、坂東、片岡…などといった梨園の名門も見てみたいと思うようになってきた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク