PROMAXのブレーキはプアではないが、これが1番評価の高いShimanoのブレーキだったら結果は変わっていたかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブレーキ

通勤途中の道で雨に降られ、なんとか会社に到着するもチャオの様子が若干おかしい。おそらくホイールとブレーキ周りが雨に濡れてしまったせいで、ブレーキをかけた時の「鳴き」が発生してしまったのだ。例えは悪いが、ママチャリに乗るおばちゃんがブレーキをかけた時の音と同じなのだ。キィーーーッ、という不快な音が周囲に響き渡るも制動力はいまいち。ブレーキは乾燥すれば元通りになると思って、しばらくの間がまんしていた。

雨天時にブレーキから異音発生

クロスバイク
たまたまの雨に降られてから様子がおかしい

フレーム自体は定期的にCRC5-56を塗るようにしており、錆に関してはさほど心配していない。走行中に振り出した雨で、ブレーキに思わぬ異音トラブルが発生。

異音は当初、リムとブレーキシューが濡れたことがきっかけだと思っていた。完全にドライコンディションになってからも、音は小さくなったものの異音が続いたので、水分による異音ではないことくらい簡単に理解できた。ただし、雨がきっかけだったのかもしれない。

一度晴れた日にパーツクリーナーで洗浄してみた。カート時代には格安の物を使用していたが、最近は使う量も頻度もかなり少なくなったので少し割高だが、KUREのものを好んで使っている。

思い当たるところは全てひと通り綺麗にしたが、思っていたような改善は見られなかった。非常にもやもやしたものだけが残った結果となってしまった。

ブレーキ
Shimano製に比べると品質的にプアなのだろうか

クロスバイクを購入し、1,000km走破した辺りから調子を崩していたので、パーツそのものに起因するトラブルかもしれないと何度思ったことか。

ブレーキで異音よりももっと気になっていたこと

実は異音よりも気になっていたのがブレーキ自体の効きの甘さ。購入当初よりも、確実にブレーキが効くポイントがグリップレバーの奥になっていったことだ。

スポンサーリンク
ブレーキ
ciaoは左がリアブレーキ
ブレーキ
ciaoは右がフロントブレーキ

写真のように奥まで握っても十分な制動力は得られなかった。ワイヤーが伸びてしまったのだろうか。調整が必要だなとは思っていた。

レバーを力強くぐっと握れば、ある程度効くのだが、以前の制動力より落ちた。お店の人によると、購入後1,000km走っているのであれば、そういったトラブルが起きても不思議ではないとのこと。

自転車はメンテナンスしない人の方が多く、メーカーがあえてそういうトラブルが出てお店に持ってくるようにプアなものを使っているのだとか。自動車の業界ではまずありえないことだなと思ってしまった。

でも、本当にそうだとしたら、正直どうかと思うところもあった。ブレーキは最も重要な保安部品の1つのはずなのに。まずは何よりも異音と制動力を元通りにしたかった。

いろいろ試してもらったが、結局ワイヤー調整だけでは上手くいかず、ブレーキシューを交換することになった。

ブレーキシューの交換は自分で交換すれば工賃無料

ブレーキ

六角レンチさえあれば、交換や微調整は容易にできるので是非試してみてほしい。結局、異音は完全に消えてはいないが制動力だけは復活した。また、今回はShimano製パーツの在庫がなかったことに加え、時間的な余裕もなかったため、店頭在庫から選ばざるを得なかった。オリジナルブランドだった。ブレーキは非常に重要なパーツなので、急な交換はできるだけ避けて、日ごろからより良いものをチョイスしておきたい。

ちなみに今回取り付けをしたブレーキシューは、初期の物より大きいサイズで制動力も上がったのは実感できる。交換したいブランドの製品として2つ掲示しておいた。

1,000円前後で安全が買えるのであれば、いろいろ試してみたいものだ。車のブレーキパッドなんかよりもずっと気軽に交換できて、さらに経済的。

また、長距離のライドを計画しているのであれば、是非ともタイヤ脱着同様に身に付けておきたいスキルの1つだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク